源氏物語 谷崎潤一郎に関するニュース

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

建物をつなぐ回廊も源氏物語の王朝絵巻に描かれるような直角に曲がる建築様式が取り入れられています。 江戸時代から仁和寺を桜の名所として有名にしているのが御室桜です。享保年間に活躍した儒学者・貝原益軒(かいはらえきけん)はその景色を「洛中洛外にて第一とす」と絶賛しています。 御室の地は地盤が固く、境内に200本ある八重桜は地中深くまで根を下ろすことが出来ないた [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国の有名な学者の止庵氏は、「今から1000年前の作品である紫式部の長編小説『源氏物語』と清少納言の随筆『枕草子』は、日本文学が目指す方向を定めた作品として変わらずに存在している」と指摘している。1929年10月、作家で翻訳家の謝六逸は「日本文学」のある巻で初めて「源氏物語」が本になった背景や作者について紹介しており、その概略を一帖ずつ解説した。2015 [全文を読む]

昔は淫乱だった? “処女厨”呆然の「やまとなでしこの性愛史」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月23日11時30分

源氏物語』の現代語訳をした作家・谷崎潤一郎ですら、『源氏物語』の主人公でプレイボーイの光源氏のことを不実で軽薄で口ばかり上手く、どうにも好感が持てないと公言している。しかし、それは現代の感覚であり、昔の常識からすれば、このような態度は至極当然であり、女性もいろんな男性との関係を楽しんでいたのだと和田氏はいう。 [全文を読む]

『源氏物語』を角田光代が、『たけくらべ』を川上未映子が新訳する! 「池澤夏樹 個人編集 日本文学全集」収録作品発表

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月20日11時20分

さらに、『源氏物語』は3巻にわたって収録され、訳を担当するのは角田光代。明治文学を代表する樋口一葉の『たけくらべ』も川上未映子によって現代語訳される。 明治以降の文学は夏目漱石、森鴎外からはじまり谷崎潤一郎、宮沢賢治、大岡昇平、開高健、大江健三郎、須賀敦子など、厳選した作品が収録される。2007年に刊行が開始され30巻で完結した「池澤夏樹=個人編集 世界文 [全文を読む]

締切を守れない人が改心する奇跡の本。「〆切本」が話題

Woman Insight / 2016年09月17日06時30分

源氏物語」が、世界最高の恋愛小説と言われる理由4つ ※話題!木梨憲武が生み出した妖精「コッカ」が、女子の心を癒やしている [全文を読む]

大塚商会の経営支援サービス特別無料セミナー「歴史に見るあかり~たいまつからLEDへ~」を開催【12月18日(木)15時30分~ 場所:大塚商会本社ビル】

PR TIMES / 2014年11月18日14時29分

━ 特別無料セミナー「歴史に見るあかり ~たいまつからLEDへ~」 ━━━━━■開催日時:平成26年12月18日(木) 15時30分~17時30分 (開場15時~)■開催場所:大塚商会本社ビル3階 東京都千代田区飯田橋2-18-4http://www.otsuka-shokai.co.jp/corporate/about/office/kanto/map. [全文を読む]

フォーカス