細雪 谷崎潤一郎に関するニュース

【京都】平安時代へ時間旅行。都の秋を彩る「時代祭」の歩き方

まぐまぐニュース! / 2016年09月16日19時00分

文豪たちがこよなく愛した平安神宮の「しだれ桜」の魅力 平安神宮の桜の美しさは谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中でも描写されています。谷崎潤一郎の「細雪」の主な舞台は芦屋と大阪で、京都が登場するのは春。主人公たちは花見だけは毎年京都と決めていて、春になると連れ立って行くのが恒例の行事になっている。あちこちの花の名所を回り、いつも最後をしめくくるの [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

平安神宮の桜の美しさは谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中でも描写されています。細雪の主な舞台は芦屋と大阪で、京都が登場するのは春です。主人公たちは花見だけは毎年京都と決めていて春になると連れ立って行くのが恒例の行事になっています。あちこちの花の名所を回りいつも最後をしめくくるのが平安神宮の神苑のしだれ桜です。 谷崎潤一郎「細雪」 この神苑の花が [全文を読む]

人気作家11名が谷崎文学にオマージュを込めたマンガ化企画「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月11日18時00分

『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、完璧に構築された物語は、日本だけでなく世界中の人々を魅了してきた。79歳で世を去るまで、独自の文学を展開し続けた日本を代表する作家である。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 2015年は、谷崎潤一郎没後50年という節目の年。谷崎の豊かな文学世界を網羅した決定版『谷崎潤一郎全集』(中央公論新社)の刊行、神奈川近代文 [全文を読む]

朱に映える紅。文豪も絶賛した平安神宮のしだれ桜を愛でに京都へ

まぐまぐニュース! / 2017年03月31日02時55分

谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中にその描写があります。「細雪」の主人公たちは、花見だけは毎年京都と決めていて、春になると連れ立って行くのが恒例の行事になっています。あちこちの花の名所を回り、いつも最後をしめくくるのが、平安神宮の神苑のしだれ桜でした。 その中で谷崎潤一郎は以下のような描写をしています。 この神苑の花が洛中における最も美しい、最も [全文を読む]

旅行の前にチェックしたい!京都の映画3選

TABIZINE / 2016年01月23日13時00分

3:吉永小百合も出演!谷崎作品を映画化した巨匠・市川崑の『細雪』 最後は巨匠・市川崑監督の『細雪』(1983年)。原作はあの有名な谷崎潤一郎ですね。『細雪』は市川崑以前にも2度ほど映画化されていますが、市川崑版の『細雪』が群を抜いて美しいです。 厳密に言うと京都が舞台ではなく、京阪神全体といった感じですが、それでもロケ地として平安神宮、桜の嵐山、渡月橋な [全文を読む]

中村静香がほろ酔いで生配信 胸が見えるハプニングに「どこ見てるの!」

Smartザテレビジョン / 2016年08月11日10時00分

アイドルやタレントが添い寝感覚で小説を朗読してくれる同番組の第15回に登場した中村は、谷崎潤一郎の『細雪』を読むはずが、途中から朗読そっちのけで読者と飲みながらコメント交流を開始した。 ビールを飲みながら、88センチのFカップを画面いっぱいに映し、冒頭から視聴者を誘惑した中村は、「なんか、照れますね」「乾杯したいね」と、あっという間に視聴者との距離を縮める [全文を読む]

"文豪女子”必見!『文豪ストレイドッグス』漫画家・春河35氏描き下ろし「谷崎潤一郎&妹・ナオミ」のキャラ絵を特別展示!~谷崎潤一郎の新資料発見で~

PR TIMES / 2015年05月01日09時25分

今月、自身の一人娘に宛てた大量の手紙や、作家で詩人の佐藤春夫に宛て人妻との恋を打ち明けた手紙、「細雪」などの創作ノートを撮影した印画紙が新たに発見されたことが発表され、急速に注目が集まっている文豪、谷崎潤一郎。このニュースを知った『文豪ストレイドッグス』漫画家の春河35(はるかわさんご)氏より、県立神奈川近代文学館とのコラボを激励する、本作のキャラクター「 [全文を読む]

三浦しをん新作は谷崎の『細雪』をふまえた4人の女性の物語

NEWSポストセブン / 2015年08月26日07時00分

そう、この本は谷崎潤一郎の『細雪』をふまえているのだ。 「オマージュを書いてくださいと言われていたら、萎縮したかもしれません。女の人の話を書いてほしいという依頼だったので、『細雪』みたいな感じですかね、と打ち合わせで盛り上がったんです。ちょうど『細雪』を再読していたので」(三浦しをんさん、以下「」内同) あちらは4人姉妹の話だが、こちらの4人は鶴代と佐知が [全文を読む]

愛ゆえに自ら針で目を突き、盲目となったことが人生最大の喜び! 谷崎潤一郎『春琴抄』| 連載最終回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月08日06時30分

美少女を薬で眠らせて背中にコッソリ大きな蜘蛛の入れ墨を彫ったことが悪女誕生のきっかけとなる『刺青』、遊びがエスカレートし、まだ10歳の少年がドMへの扉に手をかける『少年』、堅物のサラリーマンが「リアル美少女育成ゲーム」で大失敗(ある意味では大成功?)してしまう『痴人の愛』、普通の刺激に飽きた男が女装にハマる『秘密』、複雑に入り組む男女関係の上に猫様が君臨す [全文を読む]

【映画『海街diary』で二作目】女優・夏帆が達成しそうな「ある記録」とは?

しらべぇ / 2015年06月18日07時00分

これは、世界的には1868年のオルコット作「若草物語」、日本的には1948年の谷崎潤一郎作「細雪」の影響が大きい。 大抵の四姉妹ものは、この両四姉妹代表作を手本に、おおむね、保守的な長女、奔放な次女、個性的な三女、甘えん坊な四女、という性格分けの四姉妹が登場する。 キャラクターの書きわけがしやすく、女優が四人共演する華やかさもあって、ここまで四姉妹映像作 [全文を読む]

文豪が<永遠女性>へあてた膨大な書簡などの新資料も公開!神奈川近代文学館 谷崎潤一郎展×文豪ストレイドッグス コラボポスターが解禁!

PR TIMES / 2015年02月26日14時11分

本家の谷崎潤一郎とのコラボレーションポスターが解禁となった![画像1: http://prtimes.jp/i/7006/1320/resize/d7006-1320-666700-3.jpg ]今回のコラボレーションにあたり、谷崎潤一郎の肖像写真にインスパイヤされた漫画家の春河35が、『文豪ストレイドッグス』で、異能力「細雪」を操る「谷崎潤一郎」とその妹 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』×神奈川近代文学館とのコラボ再び!今回は「谷崎潤一郎展」と競演!!

PR TIMES / 2015年01月23日15時18分

実施にあたり、『文豪ストレイドッグス』の舞台が横浜であるということや、『文豪ストレイドッグス』に武装探偵社のメンバーの一員として異能力<細雪>を操る谷崎が登場することから、キャラクターと文芸の融合を目指して、再び異色のコラボレーションが決定した! [全文を読む]

太宰治の必殺技は“人間失格”!? 文豪たちのバトルがすごい

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月11日14時50分

それに、谷崎潤一郎の“細雪”は「雪の降る空間そのものをスクリーンに変える」ことができ、自分の姿を隠したり、虚像を作り出すこともできる。しかも、彼の作品である『痴人の愛』のヒロインと同じナオミという名の妹まで登場するのだ。一瞬、谷崎に“ナオミ”という名の妹なんていただろうか? と思うが、そこから興味をもってみるのも楽しいだろう。 [全文を読む]

人気の美人作家が描くセレブ階級の“不自由な結婚”とは?「お嬢様の婚活小説がすごいところに辿り着いて…」

週プレNEWS / 2016年12月29日06時00分

最初は、東京に住む代々お金持ちの家の話を『細雪』(谷崎潤一郎作)みたいに、ひたすら雅(みやび)に描写したいと思っていたんです。でも、取材を重ねるうちにもっと深く突っ込んでいって、社会の話や階層の話、それが繋がって政治の話にまでいくみたいな、世の中の写し鏡になっている構造が見えてきたので、その部分こそ描かなきゃと思いました。意外と誰も書いてなかった世界だな [全文を読む]

中村静香、酔っぱらいながらビキニで大はしゃぎ! 飲みカワアイドル本領発揮

メンズサイゾー / 2016年08月30日17時30分

アイドルやタレントが添い寝感覚で小説を朗読するこの番組で、彼女は谷崎潤一郎の名作『細雪』を読むはずが、途中から酒を飲み始めてファンとの交流を開始したのだ。その結果、画面いっぱいにバストを映すなどのサービスショットも多く、ファンからは再登場を願う声が続々と寄せられることとなった。 酒で失敗するどころか、某カンフー映画ではないが「酔えば酔うほど可愛くなる」中村 [全文を読む]

お手本…それとも反面教師?「美人の生態」を描いた小説2選

BizLady / 2016年08月15日18時00分

■魔性の女というよりは悪女? 華やか美女ナオミの物語『痴人の愛』 『細雪』『春琴抄』などの名作でも知られる“昭和の文豪”谷崎潤一郎の代表的な作品『痴人の愛』には、西洋的な容姿の華やかな美女ナオミが登場します。 主人公の河合譲治という男性が、カフェで女給(今でいうクラブホステスのような仕事)をしていた15歳の貧しい美少女ナオミを見初め、自分好みの女性に育て [全文を読む]

フォーカス