川端康成 谷崎潤一郎に関するニュース

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

谷崎潤一郎や川端康成の文学作品にも登場する紅しだれ桜は死ぬまでに一度は見ておきたい光景です。 毎年4月第2週の週末には神苑の紅しだれ桜のライットアップの中で「紅しだれコンサート」が開催されます。幻想的な夜桜と神苑での野外コンサートの共演は今までに感じたことのない感動を味わうことが出来ます。 広大な神苑は回遊式になっていて約300本の桜を楽しめる桜ノ苑は見事 [全文を読む]

朱に映える紅。文豪も絶賛した平安神宮のしだれ桜を愛でに京都へ

まぐまぐニュース! / 2017年03月31日02時55分

谷崎潤一郎、川端康成といえば日本を代表する文豪ですが、その二人が絶賛した京都の桜をご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、文学作品の中にも登場し、今なおその美しい姿を保ち続ける平安神宮の紅しだれ桜が紹介されています。 平安神宮の紅しだれ桜 明治の文豪が絶賛したその魅力 桜を観に平安神宮を訪れたことがあるでしょうか? 平安神宮の桜は紅 [全文を読む]

【京都】平安時代へ時間旅行。都の秋を彩る「時代祭」の歩き方

まぐまぐニュース! / 2016年09月16日19時00分

文豪たちがこよなく愛した平安神宮の「しだれ桜」の魅力 平安神宮の桜の美しさは谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中でも描写されています。谷崎潤一郎の「細雪」の主な舞台は芦屋と大阪で、京都が登場するのは春。主人公たちは花見だけは毎年京都と決めていて、春になると連れ立って行くのが恒例の行事になっている。あちこちの花の名所を回り、いつも最後をしめくくるの [全文を読む]

「風前の灯火」な海外文学を救うかもしれない、たった1誌のメルマガ

まぐまぐニュース! / 2015年12月29日23時00分

また、日本人初のノーベル文学賞作家である川端康成は、もともと英文学専攻で大学時代にはドストエフスキーを愛読していた。etc…… 海外文学、スゲー! ということは、多くの日本人作家が最も影響を受けた作品はみな海外文学なんじゃないだろうか? 作家を志している人、あるいは本好きの人は今もみな海外文学ばかり読んでいるんじゃなかろうか? そう思っていろいろ調べてみる [全文を読む]

「誤配」という概念を鍵に近代文学の名作を解く。『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか』(集英社新書)、3月17日(火)発売!

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

夏目漱石『三四郎』『それから』、田山花袋『蒲団』、森鴎外『雁』、川端康成『雪国』、三島由紀夫『春の雪』…近代文学の名作の多くが「悲恋小説」なのはなぜなのか。哲学者ジャック・デリダが用いた「誤配」という概念を鍵にして、近代文学とは何かを浮かび上がらせる、画期的な文学論。はじめに、近代の恋愛小説を読むのになぜ「誤配」という概念が求められるのかを説明しておこう。 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』×神奈川近代文学館とのコラボ再び!今回は「谷崎潤一郎展」と競演!!

PR TIMES / 2015年01月23日15時18分

さらに小説版も展開され、2巻までが発売中!文豪ワールドは更なる広がりを見せている!この度、1984年に開館された歴史ある神奈川近代文学館とのコラボレーションが、昨年の「太宰治展」に続き、再び実現することとなった! 神奈川近代文学館ではこれまでの間展覧会として大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟( [全文を読む]

3階に上がると、そこは雪国だった…アディアム、伊勢丹で川端康成コレクション展開。フロアの底が白くなった

FASHION HEADLINE / 2014年11月27日11時45分

川端康成の小説『雪国』からインスパイアされたアイテムを紹介する。芸者の抜き衣紋をイメージしたネックラインのワンピース、袴のシルエットを意識したマキシスカートなどは、同小説のヒロイン・駒子のワードローブが現代にタイムスリップしたという想定でデザインされたという。 会場には伊勢丹限定のコート(58万円)も登場。カラーはホワイト系とブラック系があり、コートの上半 [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国ではいまだに、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫などの明治維新後に登場した偉大な日本人作家たちのファンがたくさんいる。今年初めに、「日本の張愛玲(アイリーン・チャン)」と呼ばれた日本人作家の森茉莉の作品が初めて中国で中国語版が出版され、中国に紹介される日本文学が新たな節目を迎えた。また、同年、東野圭吾の作家デビュー30周年 [全文を読む]

「この指が覚えていた」―背徳感や恍惚感がエロい女に燃え上がらせる!セックスだけで終わらない、60の官能作品

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月02日15時00分

石田衣良、小池真理子、山田詠美など著名な作家の作品もあれば、与謝野晶子、谷崎潤一郎、川端康成など文豪の名前も挙がっている。一見すると官能作品とは思えないものも、著者いしいのりえ氏の解釈にかかると色艶を帯びたエロスの表現に見えてくるから不思議だ。 [全文を読む]

ウェイン・ワン監督×忽那汐里、国際派2人が語る“女”の色気【前編】

Movie Walker / 2016年02月26日08時00分

ワン「たけしさんと日本的な官能の話をしたら、彼が川端康成の『伊豆の踊子』や谷崎潤一郎の『痴人の愛』を勧めてくれた。芸妓の世界ではうなじが官能を誘うと知って、本作で襟足を剃るシーンを入れたんだ」 忽那「襟足をあんな風に剃られるのは初めてだったので、いまだに変な感覚が残ってます(笑)。まだ襟足の毛が伸びきってないので、髪を結ぶのも躊躇しちゃいますね」【後編に [全文を読む]

amazarashi、文藝誌『別冊文藝春秋』にオリジナル詩を寄稿

okmusic UP's / 2016年02月12日18時00分

■『別冊文藝春秋』とは 1946年の創刊以来、井伏鱒二、谷崎潤一郎、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫など、時代を代表する作家の数々の名作を掲載してき文藝誌。より広い読者層に向けてリニューアルした2002年以降も、ミステリーからSF、恋愛小説、時代小説、マンガまで、ジャンルを問わず、多くの話題作を掲載している(角田光代『対岸の彼女』、三浦しをん『まほろ駅前多 [全文を読む]

新宿三丁目に『ネコ文壇バー 月に吠える』12月18日オープン ネコと文学の融合! 猫町、ノラや、夏への扉…“猫文学”が棚にズラリ

@Press / 2015年12月15日13時00分

泉鏡花、川端康成、谷崎潤一郎といった日本の近代文学からサド、バタイユ、ジュネなどのフランス文学を愛読する。2号店では猫のコスプレをしている。 ≪用意する作品一例≫ 吾輩は猫である(夏目漱石)、100万回生きたねこ(佐野洋子)、猫町(萩原朔太郎)、ノラや(内田百間)、夏への扉(ロバート・A・ハインライン)、世界から猫が消えたなら(川村元気)、木更津キャッツア [全文を読む]

思わず「うまい!」と唸らせる日本の作家の名表現、集めました

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月21日11時40分

その後、川端康成も『雪国』の書き出しで「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった」という表現で使っているが、芥川の「闇の厚み」から一歩踏み込んだイメージの描写であることに気付かされる。 [全文を読む]

今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説が!?

リテラ / 2014年10月10日08時30分

そんなことで決まるの?と思うかもしれないが、日本人初のノーベル文学賞作家である川端康成は、日本ペンクラブ会長を17年という長期にわたって務めており、2人目のノーベル文学賞作家の大江健三郎も、ペンクラブ理事、副会長だった。 しかも単にペンクラブの役職に就いていればいいというわけではなく、「根回し」が重要だと小谷野は見ている。川端は会長任期中に日本で初めての国 [全文を読む]

昭和という時代を生きた“文士”の「顔」を記録した特別展「林忠彦写真展 ― 日本の作家109人の顔」 日比谷図書文化館にて9月26日~11月25日に開催

@Press / 2014年09月19日16時00分

また、今回の特別展では、坂口安吾以外に谷崎潤一郎、川端康成など8人の大作家を表紙にした8種類のコレクター心をくすぐる宣伝(広報)チラシを作成しました。神田古書店を始め、関係各所に配布し大きな反響を呼んでいます。(4) 作家109人の代表作に初版本を含めて展示神田古書店連盟の全面協力のもと、林忠彦が撮影した文士109人の代表作に初版本を含めて展示します。※作 [全文を読む]

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

【昭和時代の名作】松本清張:『砂の器』(上・下)『点と線』『Dの複合』『ゼロの焦点』『黒革の手帳』(上・下)『或る「小倉日記」伝―傑作短編集(一)』(芥川賞受賞作)ほか井上靖:『蒼き狼(新潮文庫)』『あすなろ物語(新潮文庫)』『後白河院(新潮文庫)』ほか大江健三郎:『死者の奢り・飼育(新潮文庫)』(芥川賞受賞作)『性的人間(新潮文庫)』『「雨の木」を聴く女 [全文を読む]

“ミッキーマウス保護法”が電子書籍を破壊する? TPP交渉に潜む著作権延長の罠

Business Journal / 2013年05月15日17時00分

現状の「著作者の死後50年」が維持されれば、16年には谷崎潤一郎と江戸川乱歩、20年には三島由紀夫、22年には川端康成の作品の著作権が消滅し、利用できるコンテンツはさらに増える。しかし、期間が延長されれば、パブリックドメイン化が先延ばしになるうえ、過去の作品にまでさかのぼって適用される可能性もあり、電子書籍のコンテンツが大幅に減ることが懸念されている。 [全文を読む]

フォーカス