女人禁制 沖ノ島に関するニュース

世界遺産に登録勧告の沖ノ島、「女人禁制」の風習は外国人には謎だらけ

ニューズウィーク日本版 / 2017年05月12日18時15分

<女は行けないの!?――新たな世界遺産誕生で、日本の風習に興味津々の海外>福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に伝わる「女人禁制」のしきたりが、海外でにわかに話題になっている。ユネスコ傘下のICOMOS(国際記念物遺跡会議)から世界文化遺産登録するよう勧告されたことで、海外メディアは「男性専用の島」、「タブーが残る島」など、この地に伝わ [全文を読む]

【世界文化遺産候補】女人禁制の神秘の島「沖ノ島」は古代日本の原点的な存在

デイリーニュースオンライン / 2015年08月12日12時30分

とりわけ、沖ノ島は「女人禁制の地」としても知られ、男性でもめったに上陸することが許されていない。このため、その存在は非常に神秘的なのだが、実は、私は平成23年(2011年)に一度上陸することに成功している。理由は、あの東北地方太平洋沖地震の地鎮祭のために特別参拝団が結成されたからだ。私の場合、当時のメンバーにお声がけいただき、結果、上陸を果たすことができ [全文を読む]

女人禁制「沖ノ島」が世界遺産候補に 「島に入りたい」女性の主張は認められるか?

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月09日11時05分

沖ノ島は、女性の立ち入りを禁止する「女人禁制」の風習が残る島として知られる。来年2月1日までに、政府が正式な推薦書をユネスコに提出する予定で、2017年夏ごろに登録の可否が決定する。玄界灘に浮かぶ沖ノ島は、島全体が宗像大社の境内地で、古くから「神が住む島」として信仰の対象だ。住人はおらず、宗像大社の神職が島に入ることを許されている。一般人は年1回かぎり、抽 [全文を読む]

今なお日本に残る「女人禁制の地」を4か所紹介

NEWSポストセブン / 2016年03月27日07時00分

たとえば、ある時代までは、山そのものが「女人結界」とされ、仏教の聖地である高野山や比叡山も「女人禁制」だった。今なお日本に残る女人禁制の地を4か所紹介しよう。 【舟木石神座】(兵庫県) 淡路島にある石上神社の磐座。古代太陽信仰の遺跡群が点在する北緯34度32分の線「太陽の道」上にある。参道から女性は近寄れず、少し離れた稲荷社から神石を参拝するのが慣わし。 [全文を読む]

玄界灘の孤島・沖ノ島 毎年10月の海上神幸「みあれ祭」風景

NEWSポストセブン / 2015年09月25日16時00分

現在も女人禁制が固く守られ、男性の上陸も平素は厳しく制限されている。 島の別名は「おいわず様(不言様)」。この島で見聞したことをみだりに口外してはならないとされ、一木一草たりとも持ち出しは禁じられてきたという。 この沖ノ島で、4世紀頃から9世紀末まで盛大な祭祀が繰り返されてきた。青銅製の鏡や純金製の指輪など夥しい奉納品が発見されており、約8万点が国宝に指 [全文を読む]

【ランキング】今チェックするべきグルメ&お出かけ情報はコレ!

TABIZINE / 2015年08月25日13時00分

2015年7月はこのような結果になりました! 10位.まるでカフェの味!一晩寝かせるだけの絶品レシピ「水出しアイスコーヒー」 9位.【都内】日本人ならやっぱり食べたい!贅沢感たっぷり和朝食5選 8位.「世界の湖畔で最も美しい」町、オーストリア「ハルシュタット」で癒される 7位.【USJ攻略法】これだけは知っておきたいUSJを効率的に楽しむコツ! 6位.夏 [全文を読む]

行きたくても行けない!? “本邦初”日本の秘島ガイドブック『秘島図鑑』

日刊サイゾー / 2015年11月29日19時00分

女人禁制の伝統を持つ神聖な島として崇められる沖ノ島(福岡県)、太平洋戦争で激闘が繰り広げられた硫黄島(東京都)、北方四島・竹島・尖閣諸島といった領土問題に揺れる島から、アホウドリの生息地としても有名な鳥島(東京都)、トカラ列島のさらに先にある横島(鹿児島県)、フランスの軍艦バイヨネースが発見したベヨネース列岩(東京都)など、ほとんど耳にしたことがない島まで [全文を読む]

フォーカス