世界 平和に関するニュース

さよなら米国。トランプの「米国ファースト」がもたらす世界の終わり

まぐまぐニュース! / 2016年11月15日05時00分

米国内のみならず、全世界に衝撃を与えたトランプ氏の大統領選勝利。彼は世界に何をもたらすのでしょうか。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では冒頭に「米国民は自爆テロ犯を自分たちの政府に送り込んだのと同じだ」という英紙の解説を引きながら、トランプ新大統領の登場で「全世界が直面する混乱」を詳細に分析、さらに日本が注意を要すべき彼の「思想の核」についても言 [全文を読む]

2013世界平和度指数:殺人件数の大幅増で昨年の世界平和度が低下

JCN Newswire / 2013年06月11日14時00分

- 過去6年間で最悪の世界平和度指数5%低下。- シリアの平和度はGPI史上最大の低下。リビアの平和度は内戦後に回復したものの、依然として低調。- アイスランドはもっとも平和な国の座を保持。アフガニスタンは戦争で荒廃し、最低の指数に。- ヨーロッパは依然としてもっとも平和な地域で、トップ20か国中の13か国がヨーロッパ諸国。もっとも平和でない地域は南アジア [全文を読む]

資本主義の崩壊も警告。日本発の予言書「日月神示」とは何ぞや?

まぐまぐニュース! / 2016年06月06日10時00分

しかし、この日本にもノストラダムスの『予言書』を超える預言の書物があることを皆さんはご存じだろうか? その書は『日月神示(ひつきしんじ)』と呼ばれ、日本のそして世界の行く末が書かれているという。今回、ご登場いただいたのはその日月神示の研究者である中矢伸一氏だ。これからの日本はどうなるのか? 日月神示には何が書かれているのか? そして中矢伸一氏とは何者なのか [全文を読む]

「積極的平和」の生みの親で「平和学の父」ヨハン・ガルトゥング博士が5月に緊急再来日!発表会ご出席依頼 (4月16日(土)横浜)

DreamNews / 2016年04月13日14時00分

これから日本がどこへ向かうことが日本や世界の平和につながるのでしょうか?世界で200以上もの紛争調停の経験を持ち「平和学の父」として名高いヨハン・ガルトゥング博士が5月に再来日して日本のため、世界のために、「積極的平和」を基とした具体的な提言行い、トークゲストや来場者とディスカッションを行います。4月16日(土)11時から横浜市のさくらワークス<関内>にて [全文を読む]

広島ブランドショップTAUで平和メッセージを募集します

PR TIMES / 2015年07月03日20時10分

~平和の願い TAUでつづる ~広島から世界へ発信する平和メッセージを募集します 広島県では中国新聞社の被爆70年プロジェクト「THE 70th PEACE ACT HIROSHIMA」の一環として、8月6日の1ヵ月前である7月6日(月)から東京・銀座の広島ブランドショップTAU(たう)で、広島から世界へ発信する平和メッセージを募集します。 集まったメッセ [全文を読む]

戦後70年談話、米政府が「日本はすべての国の規範」と歓迎したわけ

まぐまぐニュース! / 2015年08月17日19時50分

その一方で、世界にむかって、「日本は一度も謝罪したことがない!」と宣言している。 「あれ? 村山さんが謝罪したこと認めてるのに…」ですよね? でも、プロパガンダなので、「村山さんが謝罪した」とか、どっちでもいい。世界にむけては、「日本は一度も謝罪してない」というのです。だから、談話を出すにあたって、中韓、反安倍勢力のリアクションなんて気にしていられない。 [全文を読む]

中国の不気味な沈黙。「人民元切り下げ」の見返りに求めるものは何か

まぐまぐニュース! / 2016年02月16日19時30分

人民元の協調切下げが必要な理由として、中国からの「資金逃避を鎮静化」を挙げながらも、その前段で「(世界の)金融市場の信頼感の喪失が危機を招くかもしれない」と案じている。ここはまさに本音と建前である。考えるべきは、マーケットの安定を至上命題としているのは米国を始めとするG7各国であって、中国経済の牽引役はマーケットではないという点である。 また、この提案では [全文を読む]

パクチーで世界を変える。パクチーを愛しすぎた男の起業論

まぐまぐニュース! / 2015年08月18日07時27分

そして、いろいろ旅をして、国家を代表する人や大きな利害調整をする人よりも、自由に動いて独自に人間関係を築く旅人こそが、世界を楽しい場所にする大切な要素なのではないかと思い、確信するに至りました。ちなみに「旅と平和」というフレーズができたのは3度目のユーラシア大陸横断をしていた2002年夏でした。 次ページ>> なぜ佐谷さんはパクチーのスペルを「paxi」と [全文を読む]

戦後70年、安倍談話の全文

政治山 / 2015年08月14日20時07分

戦後70年という大きな節目にあたって、先の大戦への道のり、戦後の歩み、20世紀という時代を振り返り、その教訓の中から未来に向けて、世界の中で日本がどういう道を進むべきか、深く思索し構想すべきであると、私はそう考えました。 同時に、政治は歴史に謙虚でなければなりません。政治的、外交的な意図によって歴史が歪められるようなことが決してあってはならない。このこと [全文を読む]

安倍総理が「トランプ会談」で絶対に言ってはいけない3つのこと

まぐまぐニュース! / 2016年11月16日04時45分

安倍総理がトランプに会う際の注意点 世界の報道を見ると、「トランプ・ショック」は続いているようです。日本だけでなく、世界中の人がびっくりしたのですね。 しかし、RPEの読者さんだけは、驚かなかったようです。トランプ当選後たくさんメールをいただきましたが、たとえばYさんは、 北野様 いつもRPEで有益な情報をありがとうございます! 遂にアメリカ大統領選挙は [全文を読む]

RPG(ロールプレイングゲーム)世界の保険などについて考えてみた

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年08月24日09時00分

勇者になって世界中を飛び回り、モンスターを駆逐しまくり、プリンセスを救出しまくり、ダンジョンやモンスター、時には村の中でもアイテムをザクザク集めて… ところで、この勇者、なんだかアウトな部分があるのでは?みたいなことがありましてね。 例えば、村人の家のタンスから勝手に金品を持っていった手前、不要なものだと速攻売り払ってる勇者は多い訳です。 今回はそんなフ [全文を読む]

もう勇者はいない! 業が深すぎるRPGマンガ『ファイナルリクエスト』がドット絵な理由。

ガジェット通信 / 2015年07月12日23時00分

"もう勇者しない"のキャッチコピーと斬新な世界観やシステムで人々を驚かしたRPGといえば知る人ぞ知る『moon』だが、今度は"もう勇者はいない"作品が登場した。 ニコニコ静画“水曜日のシリウス"で連載中の、ドッと泣いて、ドッと笑えるRPGマンガ『ファイナルリクエスト』の魅力と深淵に迫る。 ●業界初!“8bit”なドット絵マンガ。ニコニコなら動いて音も鳴る! [全文を読む]

2016年“第3次世界大戦”は始まっていた(1)「2008年米国の一国支配が崩壊」

アサ芸プラス / 2016年02月02日01時55分

そう、世界構造は激変したのだ。人知れず開戦した「第3次世界大戦」、日本列島はすでに戦時体制に突入している‥‥。「世界はすでに戦時体制下に置かれている」 日本のメディア報道を見ていると、これに気づいていない人が多いと言えよう。 ここ2年、頻発した世界の安全保障体制を揺るがす事件を列挙しよう。 14年2月欧州で「ウクライナ危機」が勃発。NATO体制が復活して、 [全文を読む]

『夜桜四重奏』初心者に送る鑑賞ガイド!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月06日18時00分

ここは世界で唯一、人間と妖怪が暮らす町。 妖怪とは、本来ここ人間界とは次元の違う世界に住んでいるはずが、何らかの原因でこの世に現れてしまった者たち。そんな妖怪を、向こうの次元に送る能力が、桜新町・比泉家の頭首に代々伝わる能力「調律(チューニング)」。その精度を上げるために立てられたのが、町をぐるっと囲む7本の桜の巨木「七郷」である。 かつて比泉宗家(ひいず [全文を読む]

平和の破壊。「暴政」北朝鮮をどうやって追い詰めればいいのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月08日20時00分

海上封鎖をおこなうときは、封鎖を突破しようとする船舶があれば阻止する準備を整えるなど、いつでも軍事攻撃に移ることができる態勢をとるものです」 「たとえば、米政府・米軍はアメリカ人が滞在する世界各地で非戦闘員退避計画(NEO=Non-combatant Evacuation Operations)を立てており、朝鮮半島でも何通りかの計画をもっています。メイン [全文を読む]

ドイツも中国に見切り…不要論まで飛び出す強烈な手のひら返し

まぐまぐニュース! / 2016年01月26日20時00分

世界57か国が、中国主導「AIIB」への参加を決めた。その中には、オーストラリア、イスラエル、韓国のような、伝統的親米国家、同盟国もいた。 しかし、一番アメリカに打撃だったのは、「欧州の裏切り」でしょう。先頭をきって裏切ったのは、アメリカと「特別な関係」にあるはずのイギリス。そして、ドイツ。ドイツの裏切りは、「深刻」です。 アメリカが世界GDPに占める割合 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(2)

Woman Insight / 2014年10月05日22時00分

これは起こってしまったと想定されている第三次世界大戦を表しています。 WI 「腐海」は何を表しているのでしょう? 秋元 「腐海」とは、「核の冬」を意味しています。核戦争が起こると塵などで日光が遮られ、地球全体の温度が低くなってしまう。それで植物が光合成ができなくなって枯れ果ててしまう。いわゆる「死の森」です。「腐海」とかなりイメージが一致しますね。これに関 [全文を読む]

~AXEがエイプリルフール企画を展開~ AXEがつくウソは“世界平和”!? 架空のニュース配信サイトを立ち上げ 『AWP(AXE World Peace) NEWS』 4月1日オープン

PR TIMES / 2014年04月01日09時47分

サイトURL:http://awpnews.jp ユニリーバ・ジャパンが展開する男性用化粧品ブランド“AXE (アックス)”では、エイプリルフールの日に合わせ、「世界で一番平和なウソニュースの発信」をコンセプトにしたWEBニュースサイト『AWP(AXE World Peace)News』(アックス ワールドピース ニュース)(URL:http://awpn [全文を読む]

元陸上幕僚長が語る、安保法案で本当に議論すべきだった日本の安全保障のリアル

週プレNEWS / 2015年10月27日06時00分

ただし、衆参両院での議論が不十分であったのは事実で、ここからさらに議論や改善を重ねながら、日本が世界の平和に貢献できるようになってほしい。それがすなわち、日本の平和を意味すると考えるからです。 ―国会での議論が不十分なものになってしまったのはなぜでしょうか? 冨澤 今回、国会での議論が実のあるものにならず、賛成派、反対派双方の「安全保障」に関する理解が深 [全文を読む]

<江川達也現代語訳で読む「あの放送」>70年前の「玉音放送」は日本メディア史上、最高の放送だ

メディアゴン / 2015年08月15日06時50分

<原文(1)> 朕深ク 世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ 非常ノ措置ヲ以テ 時局ヲ收拾セムト欲シ 茲ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク<江川達也現代語訳(1)> 私は深く 世界の大きな流れと大日本帝国が今おかれている状態を考え 普通ではありえない方法で このありさまを収めようと思い立って こうして忠義の心を持った良民であるみなさんにお話しします<原文(2)> [全文を読む]

フォーカス