女優 秋吉久美子に関するニュース

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

女優の悩ましい姿を見たいのは男の本能。女優もそれに応えようとはするが、限界はある。あの耽美な作品に、封印された「幻のヒロイン」がいた!「ドラマの内容が、途中までは『あぁ、なるほど』という感じだったんだけど、後半から近親同士での絡みみたいなものが出てきたりとか、ハードな内容になってきて」 観月ありさが7月22日の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で経緯を初 [全文を読む]

人気女優が10代で魅せた「妖精濡れ場」(1)吉高由里子はあの映画で役者として進化

アサ芸プラス / 2016年10月08日09時57分

脱いで、濡らして、魅了して‥‥、世の男を奮い立たせるのは女優の使命と言っていい。そしていくら年を重ねても、彼女たちが10代で披露した「妖精濡れ場」はいつまでもファンの記憶に残り続ける。「あの時僕も若かった」と──。青春の証しとして今も語り継がれる珠玉の名作をここに蔵出し再演する。「デビュー作は私の女優生命にとっていちばん貴重な作品です。まさに運命の1本にな [全文を読む]

日本映画の濡れ場60年史 今の大女優が脱いだ70~80年代

NEWSポストセブン / 2016年08月07日16時00分

1956年、新東宝制作の『女真珠王の復讐』で、女優・前田通子が海岸の岩の上で一糸纏わぬ姿になって以来、今年で60年。数多くの女優たちが“濡れ場”を経ることで大女優への階段を駆け上っていった。1970~1980年代の名濡れ場を振り返る。 1970年、大映は“レモンセックス路線”を打ち出し、専属女優の脱ぎを売りにする。15歳の関根恵子(現・高橋惠子)は『高校生 [全文を読む]

二階堂ふみのラブシーンはなぜ心を揺さぶるのか 10代で脱いだ大物女優の系譜から考察

リアルサウンド / 2016年02月10日07時05分

ではなぜ二階堂ふみが、若干21歳ながら本格派女優として高い評価を得ているのか。それは、間違いなく演技の幅にある。時には、関西人でも驚くレベルの大阪弁を使いこなすオネーチャン。ある時は、極道の組長の娘としてのド派手な配役をこなし、殺人者の恋人を支える健気な中学生まで、あらゆる”顔”を演じてきた。そんな中でも、個人的に最も印象強いのは熊切和嘉監督の「私の男」で [全文を読む]

写真家が振り返る秋吉久美子、西川峰子、浅野温子のプロ意識

NEWSポストセブン / 2016年05月12日16時00分

名立たる女優やアイドルを独自の構図や色味で撮影してきた写真家の野村誠一氏。卓越した技術は「野村マジック」と称されるが、その秘密はライティングにある。 1980年、インテリアなどの広告畑から女性誌を経てグラビア界へ参入。陰影を強調する技術で顔半分を影で潰すなど、斬新な手法で美しさとエロスを共存させ、多くの大物女優たちからも「ヌードになるなら野村さんに」といわ [全文を読む]

永遠の70年代アイドルに会いたい!「高橋洋子(旅の重さ)」秋吉久美子と争った主演オーディション

アサ芸プラス / 2015年09月22日09時57分

女優として清純な朝ドラヒロインから過激な役まで演じ分け、さらに小説家としても名を成す。そんな高橋洋子(62)の出発点は、自身とシンクロする、あの映画だった。── つい先日、27歳の時の一糸まとわぬ姿が週刊誌に掲載されていましたね。高橋 載ってたねえ。私でいいのかしらと思ったよ。── 視聴率が50%を超えた朝ドラ「北の家族」(73年、NHK)だけでなく、第4 [全文を読む]

70年代シネマ女優たち 原田美枝子

アサ芸プラス / 2012年03月23日10時54分

74年にスクリーンに登場した原田美枝子は、やがて、数々の栄誉に輝く大女優となった。同時期に台頭した新進の女優たちと同じく、奔放な個性を押しとどめることなく現在までキャリアを重ねている。その出発点において、原田の恵まれた肢体は女優としての大きな武器となった。 大きく揺れ動く「巨大な乳房」 「70年代は〝エリカ様〟が5人や6人は存在したと思います」 つい最近、 [全文を読む]

【会見レポ】超新星 「これからも復興に向けて応援します! 」3・11「福魂祭」記者会見に登壇!

Wow!Korea / 2014年03月12日21時28分

第1部は式典、第2部は福島を想うアーティストによるコンサートと2部構成の同イベントの開演前に行われた記者会見に超新星は、福魂祭実行委員長の藤原賢一をはじめ、福島県いわき市出身の女優、秋吉久美子、歌手の華原朋美、青山テルマ、福島県出身のAqua Timez、会津若松市出身のLGMonkeesなど出演者らと共に登壇した。拍手で迎えられた出演者たちが姿を見せると [全文を読む]

写真家・沢渡朔氏が回想 秋吉久美子、手塚理美らの撮影秘話

NEWSポストセブン / 2017年05月21日16時00分

「彼女には女優として生きていくという覚悟を感じましたね。突っ張っているところがすごく良かった。いわゆるモデルの女の子たちと違い、根性のある人だなと思いました」 秋吉はその復刻版写真集を出版した昨年、本誌のインタビューに「最初ヌードになるとは聞いていなかった」と答えている。「そうなんですか(笑い)。事務所の社長は脱がせると決めていたんじゃない? あの頃はだい [全文を読む]

元宝塚・光原エミカ、秋吉久美子、淳の嫁・香那……大胆すぎる嘘で世間を騙す有名人の“技巧”

サイゾーウーマン / 2015年01月13日12時56分

そしたらさ、スタッフが声をかけた派手めなオバサン……? いや、おばあちゃんが突然「私、女優よ」って言い出したの。「Wikipedia見てごらんなさい。本物だから。あなた目が高いわよ。私を見つけるんだから、大したもんよ」って、すごい高飛車。A子 公式サイトじゃなくてWikipediaっつーのがいいね!! え、ちょっとなにこの人!? こんな全身ショッキングピン [全文を読む]

小倉優子、眞鍋かをり、藤崎奈々子も離脱! 稼げるグラドルがいなくなった「アヴィラ」の今

メンズサイゾー / 2012年12月20日15時00分

藤崎が新たに所属するのは女優・秋吉久美子が稼ぎ頭の「OFFICE Megu」。 「今後は女優業に本腰を入れていくことになると思います。昼ドラや2時間サスペンスなどで顔を見る機会も増えるんじゃないでしょうか。眞鍋は福澤朗や住吉美紀、薬丸裕英らが所属するノースプロダクションに移籍、小倉は木下優樹菜や若槻千夏を育てたプラチナムプロダクションに移っており、いずれも [全文を読む]

70年代シネマ女優たち 秋吉久美子

アサ芸プラス / 2012年03月16日10時54分

当時の若手女優としては、小悪魔的な魅力はピカイチだったね」 三木は、そんな秋吉を生かすにはどうしたらいいかと、これまでの出演作をつぶさに観た。秋吉が注目された三部作を演出した藤田敏八は、三木と「俳優座」時代の同期であり、一時は同じ下宿に住んでいた。 三木は、さすがに藤田は女優の生かし方をわかっていると感心した。秋吉は「歩き方」と「泣き方」の2つに魅力があっ [全文を読む]

2017年を騒がせる「離婚&結婚」激ヤバ真相を先取り公開!(1)米倉涼子の離婚成立が長引いたワケ

アサ芸プラス / 2017年01月14日05時57分

クライアントを『あの大女優がいるなら』と、安心させることで、契約を勝ち取ってきたんです。結果、彼のオフィスは16年初頭には、都心のビルのワンフロアを占めるほどに拡大しています」(前出・元同僚) 新婚早々に2人が別居し、夫婦生活が破綻してからも、「米倉の旦那という肩書を名刺代わりに、人脈作りに励んでいたと聞いています」(前出・元同僚) 取引先との会合の場で酒 [全文を読む]

秋吉久美子が自身の体験を振り返る 女優が脱ぐ理由とは?

NEWSポストセブン / 2017年01月07日11時00分

世間では「女優になるために脱ぐ」とか「清純派が初めて脱いだ」とかヌードが何か手段のように取られるけど、私は時代から感動を受けて、自分の中にエネルギーがあって、素晴らしいカメラマンやスタッフに出会えたから、脱いだというだけ。 次の写真集? 可能性はゼロですね(笑い)。 ◆秋吉久美子(あきよし・くみこ):1954年7月29日生まれ。静岡県出身。1972年、映 [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(1)ついに見せた女優編・安達祐実は子役から大人の女性へ

アサ芸プラス / 2016年06月18日17時57分

松坂慶子、秋吉久美子、桃井かおり、原田美枝子、高橋惠子らは、数多くの「濡れ場」をこなすことで大女優に成長した。その一方、後にも先にも1度きりのチャレンジをしたことで光芒を放った女優もいる。無名の新人時代からベテランとなった日まで、ただ1度の貴重なカラミを見せた名作を特別公開! 待たされたぶんだけ、あの女優の一糸まとわぬ姿と対面する瞬間は感激もひとしお。満を [全文を読む]

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(7)「あの美女たちの名言」発掘調査-その2-

アサ芸プラス / 2016年04月22日05時57分

NHK朝ドラ「花子とアン」のヒロインも経験した吉高由里子(27)だが、みずから出演を直訴した「蛇にピアス」(08年、ギャガ)は、21世紀の女優としては奇跡と呼ぶに等しい。吉高の一糸まとわぬ姿や刺青、舌に入れたピアスも話題になったが、ベッドシーンのセリフも超ハード。果てた男に対し、いら立ちを隠せずに言う。「お腹に出せないんだったらゴム使って!」 女優としての [全文を読む]

美人女優たちが共艶!NHKドラマはこんなに大胆!(1)“なっちゃん”こと田中麗奈が…

アサ芸プラス / 2016年03月05日09時57分

今の時代、乳首は難しいですが、人気女優がベッドシーンで背中ヌードや下着を見せたり、性行為を想像させる体位でカラむことがあるので目を離せないのです」 1月スタートのドラマ「愛おしくて」でも、清涼飲料水「なっちゃん」のCMでおなじみの田中麗奈(35)が、衝撃的なセックスシーンに挑戦している。 田中が演じる藤沢小夏は伝統工芸の有松絞りを学ぶため、秋吉久美子(61 [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(2)「菅野美穂のあの会見の裏側」

アサ芸プラス / 2016年01月17日09時57分

女優たるもの『私の体を見てほしい』という、あり余る自己顕示欲があるのは当然です。写真集のちょうど真ん中で、明らかに絶頂に達した表情が収められている。先にK点超えを達成した宮沢りえに対抗したかったからでしょう」 このハメ撮り風のカットも話題を呼んだが、さらに話題となったのが、20歳の誕生日の発売日に行った、記者会見での菅野の涙だ。「『ヌード写真集を友人はど [全文を読む]

「障害者支援施設をめぐる詐欺疑惑も」転落死の秋吉久美子長男に、何があったのか……?

日刊サイゾー / 2015年02月17日20時30分

女優・秋吉久美子の長男である35歳男性が、東京都港区の大学病院の非常階段から謎の転落死。一説には、周辺の土地をめぐる争いに加わったものではないかという疑いが浮上した。 週刊誌で報道された事故は、1月10日の深夜、病院建物裏を2つの黒カバンを持った男性が走っており、照明のない非常階段の柵を乗り越えようとして地上9メートルから転落した様子が監視カメラに映ってい [全文を読む]

秋吉久美子の長男が転落死…自由奔放な女を襲った受難

デイリーニュースオンライン / 2015年02月13日06時50分

女優・秋吉久美子(60)の長男が港区にある大学病院で転落死していたことを、2月12日発売の『週刊文春』(文藝春秋)がスクープした。同誌によると発見されたのは1月13日の未明。敷地内にある防犯カメラには3日前に長男と思われる姿が映っていたため、真冬の凍てつく寒さのなか3日間も発見されなかったことが分かった。 警察関係者らの調べによると、長男は現場となった病院 [全文を読む]

フォーカス