西加奈子 インタビューに関するニュース

【祝!直木賞】作家・西加奈子が「人生で唯一後悔していること」とは?

Woman Insight / 2015年03月12日22時00分

第152直木賞作家・西加奈子さんへのインタビュー。最終回は、個人的な趣味やハマりごとについてお聞きしました。お話をうかがった際も、モードなピアスに靴下レイヤードのオジ靴がすごく印象的だった西さん。やはりファッションもお好きだそうです! ★1回目→ 【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話 ★2回目→ 【祝!直木賞】「作家になる気 [全文を読む]

【祝!直木賞】「普通でずるい人間だった」西加奈子が作家生活で得たもの、変わったこと

Woman Insight / 2015年03月10日21時30分

『サラバ!』で第152回直木賞を受賞した西加奈子さんへのインタビュー。第3回目は、10年間作家として活動されるなかでの葛藤や、ご自身の変化についてお聞きしました。特に後半のお話、必見です。 ★1回目→ 【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話 ★2回目→ 【祝!直木賞】「作家になる気はなかった」西加奈子、ずっとなりたかった職業と [全文を読む]

“西加奈子”書き下ろし、「恋わずらい」を描いた切なすぎる動画公開

NeoL / 2016年07月01日06時40分

2004年に「あおい」でデビューし、2015年には「サラバ!」で、第152回直木三十五賞を受賞した作家“西加奈子”さんが、軽井沢高原教会に寄せて、ショートストーリー『あなたのからだ』を書き下ろした。そのストーリーを元に制作したオリジナルムービーを、6月28日(火)からWeb限定で公開開始しする。 本動画は、「いい恋って、なんだろう。」をコンセプトに書き下ろ [全文を読む]

直木賞作品『サラバ!』担当のもうひとつの顔は文芸誌『きらら』の編集長。お勧め本を聞いてみた!

Woman Insight / 2015年03月15日22時00分

WI 西加奈子さんも直木賞受賞の際、「書店に行ってください」とおっしゃってましたよね。 石 西さん、受賞会見で唯一言うって決めてたのは「書店に行ってください」ってことだったって言ってましたね。自分でも、ちょっと前までは安易に「ふだん本を読まない人が読むからベストセラーになる」なんて思ってたんです。実際そういうことも起きるかもしれないけど、それは特殊な状況 [全文を読む]

第一印象は最悪!? 直木賞作家・西 加奈子と『サラバ!』担当編集、出会い秘話

Woman Insight / 2015年03月13日23時00分

次回は石川さんが見た、その誕生エピソードに迫ります!(五十嵐ミワ) 『サラバ!』西 加奈子/著(小学館/1,600円+税) http://www.shogakukan.co.jp/pr/saraba/ 【西加奈子さんインタビュー】 ★【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話 ★【祝!直木賞】「作家になる気はなかった」西加奈子、ず [全文を読む]

【祝!直木賞】「作家になる気はなかった」西加奈子、ずっとなりたかった職業とは?

Woman Insight / 2015年03月05日21時00分

第152回直木賞を受賞した『サラバ!』の素晴らしさを伝えるべくスタートした、著者・西加奈子さんインタビュー。前回は『サラバ!』が生まれる、鳥肌ものの舞台裏をお聞きしましたが、そもそも西さんが作家を志したきっかけは? ★前回はコチラ→ 【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話 Woman Insight編集部(以下、WI) 西さん [全文を読む]

作家・西 加奈子と編集者の10年愛・・・直木賞受賞作『サラバ!』誕生の感動エピソード

Woman Insight / 2015年03月14日22時00分

第152回直木賞を受賞した西加奈子さんの『サラバ!』を担当した、西さんのデビュー作からの担当者・小学館の石川和男さん。いちばん近くで見守っていた編集者による『サラバ!』誕生の舞台裏と、受賞にまつわるエピソードをお聞きしました。 ★前回はコチラ→ 第一印象は最悪!? 直木賞作家・西 加奈子と『サラバ!』担当編集、出会い秘話 Woman Insight編集部( [全文を読む]

【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話

Woman Insight / 2015年03月03日21時00分

先日の第152回直木賞を『サラバ!』で受賞された、作家の西加奈子さん。西さんといえば、これまでにも、恋で疲れたら『きいろいゾウ』に、人間関係に悩んだら『漁港の肉子ちゃん』に救われろ、といわれる(かなり個人的統計です)、現代人の心のよりどころ的な作品を数多く出されてきました。 そんな彼女が作家10年目にして手がけた長編『サラバ!』は、今自分の生き方に悩んでい [全文を読む]

表紙は直木賞作家・西加奈子のイラスト! 『MONKEY』最新号は「東京国際文芸フェスティバル」大特集

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月03日06時30分

とても目を引く猿のカバーイラストを手掛けたのは、直木賞作家・西加奈子だ。 国内外の作家、翻訳家、編集者、読者たちが東京に集まり、さまざまなイベントを通じて本の魅力に浸る祭典「東京国際文芸フェスティバル」。2013年、日本財団・主催によって始まった同祭典が、2016年も開かれる。書店、出版社、大使館などによる数多くのオリジナルイベント、海外作家や国内作家のト [全文を読む]

新コミック誌『ヒバナ』編集長が発刊の舞台裏を激白「今までの小学館にはない雑誌を!」

Woman Insight / 2015年03月06日21時30分

次回は、『ヒバナ』の魅力的な他の作家陣に迫ります!(五十嵐ミワ) ★2回目はコチラ→ 新発刊コミック誌『ヒバナ』に、あの『妖怪ウォッチ』の人気キャラクター「コマさん」の漫画が! ★3回目はコチラ→ 話題騒然!新コミック誌『ヒバナ』発刊直前の編集部を襲った悲劇とは… ★コチラもcheck→ 【今日のインサイト】新・青年コミック誌、月刊「ヒバナ」本日発売!その [全文を読む]

直木賞作家・西加奈子、切なすぎる“恋わずらい”を書き下ろし! ショートストーリー「あなたのからだ」をWeb限定公開

Entame Plex / 2016年06月28日23時58分

004年に「あおい」でデビューし、2015年には「サラバ!」で、第152回直木三十五賞を受賞した作家の西加奈子書き下ろしによるショートストーリー『あなたのからだ』が、6月28日よりWeb限定で公開された。 本動画は、“いい恋って、なんだろう。”をコンセプトに、軽井沢高原教会に寄せて書き下ろした作品となっており、“病という冠がついているけれど、恋わずらいはき [全文を読む]

読書芸人で大反響の『教団X』 「中村文則語録」を開設!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日14時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら プライベートでも親交のある綾野剛さんや直木賞作家・西加奈子さんとの対談、「アメトーーク!」放送後のインタビューなどを掲載。今こそ押さえておきたい作家、中村文則さんの語録をお楽しみください。 記事一覧 ・綾野剛、中村文則と初対面で「どっちが焼き魚のサンマをSっぽく食べられるか?」を勝負 ・『教団X』以外にどんな作品 [全文を読む]

又吉直樹インタビュー「芥川賞の選評が僕の物差しだった」 #1

文春オンライン / 2017年08月14日11時00分

又吉 昨年、西加奈子さんの『サラバ!』を読んだ時です。一人の人間が生まれた瞬間からの人生を主人公の視点で描くというあの作品に触れて、「これは一番難しい書き方ちゃうんか、それがおもしろいってどういうことやねん」と、ぶわっと自分の中にエネルギーがわいてきました。僕らの世界でいえば、一番かっこいい漫才を見てしまった感覚です。僕はつい「新しい漫才のやり方はないか [全文を読む]

内容明かされず、発売前から話題騒然! ピース又吉の言葉がヒント?『サラバ!』から2年、西加奈子最新作『i』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月29日11時00分

作家・西加奈子がずっと問い続けてきたこと――どうしても描きたかった小説『i』(ポプラ社)。あらすじはおろか、主人公のフレームすら明かされない理由は、『i』を読みすすめるうち、腑に落ちていった。この小説は、何の構えもなしに身を投じるほうがいい。物語世界のなかで、五感と感情の扉を全開にして。 2年前、作家生活10周年のインタビューのなかで、作家になるまでは周囲 [全文を読む]

「自分がいかに力ない存在かということを身をもって知りました」【映画『永い言い訳』西川美和監督インタビュー・後編】

Woman Insight / 2016年10月14日11時50分

★映画『永い言い訳』については公式HPをチェック! 【あわせて読みたい】 ※男性のほうが繊細でロマンチスト?映画「永い言い訳」にまつわる男の魅力【インタビュー】 ※映画「溺れるナイフ」の山戸結希監督がキャスト4人について思うこと ※汐月しゅう×藤岡沙也香×石井美絵子×高橋果鈴、“外部太陽系セーラー4戦士”は「人見知り」? ※本郷奏多「恐ろしいほど作業着が [全文を読む]

【藤野涼子インタビュー前編】映画『ソロモンの偽証』の撮影現場で、突然「お母さん!」と呼ばれて…

Woman Insight / 2015年03月07日10時00分

作品名:『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 原作:宮部みゆき(新潮社刊)/監督:成島出 出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子 (C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会 配給:松竹 公式HP:http://solomon-movie.jp/ 【あわせて読みたい】 ※ [全文を読む]

【独占インタビュー】人気マンガ家・東村アキコ、衝撃の素顔…着物とキッチンが○○だった!

Woman Insight / 2015年03月06日16時00分

ご期待ください!(五十嵐ミワ) ★1回目→ 【独占インタビュー】東村アキコの新境地…待望の新作は3/6創刊の『ヒバナ』にて連載決定! ★2回目→ 【独占インタビュー】『雪花の虎』新連載の東村アキコが明かす「10年間休まず週刊連載を続けた」理由とは? ★コチラもcheck→ 【今日のインサイト】新・青年コミック誌、月刊「ヒバナ」本日発売!その中身と注目作品を [全文を読む]

星野源の初主演ドラマを手がけた異才が語る“こじらせ少年”の末路 「東京に出てきてからずっと途方に暮れている」

週プレNEWS / 2017年02月07日10時00分

また、又吉直樹氏との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』(ともに幻冬舎文庫)、西加奈子氏との共著『ダイオウイカは知らないでしょう』(文春文庫)では、それぞれ自由律俳句と短歌に挑んでいる ■『たとえる技術』 (文響社 1380円+税) 『去年ルノアールで』や又吉直樹との自由律俳句集『カキフライが無いなら来なかった』などで知られるせ [全文を読む]

プロレス小説を最後に引退した作家・樋口毅宏 「オカダ・カズチカがいなかったらこの本は書いてなかった」

週プレNEWS / 2016年11月04日11時00分

各媒体で仰ってますが、執筆のきっかけは、西加奈子さんが直木賞受賞会見で発した「プロレスに感謝」という言葉に「カチンときた」ことだったと。「プロレスは『感謝』だけじゃないだろ。怒り、嘆き、憐憫、しょーもなさ、惨め、失笑、救済…様々な感情を抱合したものがプロレスではないのか」とも書いていますね。 樋口 あれは今となっては西さんに申し訳ないことをしたなあと思って [全文を読む]

月曜がブルーなあなたへ。瀬戸内寂聴、米倉涼子の「働く意味」がしみる

Woman Insight / 2015年08月30日15時50分

作家の瀬戸内寂聴さん、女優の米倉涼子さんをはじめ、モデルのミランダ・カーさん、ビューティエキスパートのイネス・リグロンさん、作家の西加奈子さん、野村信託銀行執行役社長・鳥海智絵さん、モデルのヨンアさん……。 そうそうたる方々が「働くということ」についてのメッセージを寄せているのですが、この内容が、とにかく働く女子的には、刺さる刺さる! ★『Oggi』10 [全文を読む]

フォーカス