野茂英雄 鈴木啓示に関するニュース

プロ野球記録を作っても…容易ではない“平成の奪三振王”への道

ベースボールキング / 2017年06月09日11時45分

野茂英雄超えのプロ野球新記録を樹立したかと思えば、8日のDeNA戦でも当然のように9回完投で12個の三振を奪い、記録を8試合連続に更新。単純に比較することはできないが、ペドロ・マルティネスとクリス・セールが記録したメジャー記録にも数字上では肩を並べた。 プロ野球新記録となれば、当然シーズン奪三振記録への挑戦というところにも目が向いてくるところではあるのだが [全文を読む]

【プロ野球】ダルビッシュ以来の250奪三振も!? 三大キーワードで紐解く則本昂大(楽天)の奪三振ショー

デイリーニュースオンライン / 2017年05月17日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■NPB史上4人目の快記録を目指す則本の今シーズン NPB史上、「4年連続の最多奪三振」を達成したのは鈴木啓示(1967~1972年=6年連続、元近鉄)、江夏豊(1967~1972年=6年連続、元阪神ほか)、野茂英雄(1990~1993年、元近鉄ほか)の3人しかいない。則本はこの大記録に向 [全文を読む]

日本プロ野球名球会35周年記念誌 「球極~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」発売

PR TIMES / 2014年07月29日17時22分

https://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=6146【本誌概要】●タイトル日本プロ野球名球会35周年記念誌「球極 ~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」●本誌内容・名プレイヤー列伝-63PLAYERS STORY-長嶋茂雄 野村克也 広瀬叔功 王 貞治張本 勳 高木守道 柴田 [全文を読む]

昭和と平成の境目を過ごした工藤公康監督は「名選手ほど名監督になる」の申し子

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月16日14時01分

象徴的なのは、近鉄の鈴木啓示監督と野茂英雄投手の対立だろう。投げ込み重視の監督と肩を消耗品と考える選手の意見は平行線を辿った。工藤公康・現ソフトバンク監督も、西武時代に登板間隔の問題で首脳陣と対立したことがあった。名選手が首脳陣になり、自分の時代のやり方を押し付けたため選手は疑問に思ってしまったのだろう。それよりも、押し付けがましくなく、選手を尊重する仰木 [全文を読む]

金田正一氏が苦言 「記録より記憶に残る選手を目指しなさい」

NEWSポストセブン / 2015年08月13日07時01分

例えば野茂英雄だ。近鉄とメジャー、日米通算でやっと201勝だが、自己管理の行き届いた選手生活、野球に対する真摯な姿勢は素晴らしかった。 記録だけにしがみついた選手は記憶には残らない。2000本以上を打った選手、全員の名前がすぐにいえるか? 200勝以上した投手でも、村山実(阪神)、杉下茂(中日)、稲尾和久(西鉄)、鈴木啓示(近鉄)などが挙がる程度だろう。 [全文を読む]

日本プロ野球名球会・総監修! 初の豪華本「球極~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」を 4月22日より予約開始【学研教育出版】

PR TIMES / 2014年04月22日10時19分

【本誌概要】●タイトル日本プロ野球名球会35周年記念誌「球極 ~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」●内容・名プレイヤー列伝 -63 PLAYERS STORY-長嶋茂雄 野村克也 広瀬叔功 王 貞治張本 勳 高木守道 柴田 勳 土井正博松原 誠 山本浩二 小山正明 米田哲也鈴木啓示 平松政次 江夏 豊 山田久志村田兆治 東尾 修 有藤通世 山崎裕之 [全文を読む]

フォーカス