映画 百日紅に関するニュース

椎名林檎「最果てが見たい」(映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』主題歌)配信開始!うたコード(R)付きジャケ・タオル、タワーレコード数量限定同時発売!

PR TIMES / 2015年05月13日12時20分

椎名林檎「最果てが見たい」は5月9日より全国公開中のアニメ映画『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』(配給:東京テアトル)主題歌。同映画は、アニメーション作家として今大注目の原恵一監督が、杉浦日向子の代表作「百日紅」を初の長篇映画化した話題作、浮世絵師・お栄が父・葛飾北斎や仲間たちとともに自由闊達に生きる姿が江戸の四季をとおして描かれる“爽快 [全文を読む]

NHKで「金田一耕助」のドラマ、映画ラッシュのなぜ

NEWSポストセブン / 2016年11月23日07時00分

名探偵・金田一耕助を主人公にしたドラマや映画の放送増えている。NHK が、総合テレビ、BSプレミアムで、金田一作品を相次いで投入しているのだ。その見どころについてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 高倉健、三船敏郎、役所広司。海外でも高く評価される日本の名優が共通して演じた役といえば? 「金田一耕助」 ピンポーン! その金田一が今秋、突然 [全文を読む]

世界配給決定!映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』監督・アニメーション作家 原 恵一 氏 インタビュー

PR TIMES / 2015年05月11日15時25分

クリエイティブなどのプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナー「VILLAGE CAFE」にて、映画『クレヨンしんちゃん』シリーズや『カラフル』など、大人も楽しめるアニメーションの作り手として、各方面から [全文を読む]

【バンタンゲームアカデミー】『CONTENTS DESIGN PROGRAM』、5月6日(水・祝)、Production I.G プロデューサー 松下慶子氏をゲストに迎え、公開講座を開催!

DreamNews / 2015年04月24日15時00分

今回は、Production I.G プロデューサー松下慶子氏をゲストに迎え、「想いを映像にする仕事」をテーマに、2015年5月9日(土)に全国公開される映画『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』を題材としてアニメーションにおける演出と3DCGについての講演を行う公開講座を開催致します。ぜひお越しください。 《開催概要》 日時: 2015年 [全文を読む]

「『クレヨンしんちゃん』の時の感覚を思い出そうとした」原 恵一が語る『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』

おたぽる / 2015年05月11日11時00分

杉浦日向子作品を敬愛してやまないという、『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督が、『百日紅』を見事にアニメーション映画化。5月9日に全国公開された『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』に、原監督はどのような思いで臨んだのか、お伺いした。※本文中には、『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』のネタバ [全文を読む]

日本では“ずるすべり”を見せた『百日紅(さるすべり)』など 2015年、海外で評価されたアニメ作品!!

おたぽる / 2015年12月29日11時00分

今年も数多くのアニメ作品が映画業界を賑わせた。日本のアニメの興行収入上位5作は、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』約78億円、『バケモノの子』約58億円、『名探偵コナン 業火の向日葵』約44億円、『映画 ドラえもん のび太の宇宙英雄記』約39億円、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』約37億円。ディズニーの『ベイマックス』約91億円には及ばなかった [全文を読む]

営業収益は330億円!? 予想外の『君の名は。』のヒットで、東宝が今期業績予想を大幅上方修正

おたぽる / 2016年10月21日22時00分

公開前から話題を集め、ともに大ヒットを記録し今夏の映画作品の話題を独占した『シン・ゴジラ』と『君の名は。』。特に『君の名は。』は、8月の映画公開から52日間で興行収入154億円を突破、宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』(2008年)の興収155億円に次いで、邦画アニメーション歴代5位にランクインするなど、今もなお大ヒット中だ。洋画も含めても、現在11位にランク [全文を読む]

「目を疑うほどの大コケ」映画『百日紅』を世界が絶賛!

おたぽる / 2015年08月07日10時00分

原恵一監督作の長編アニメ『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』が、カナダ・モントリオールで開催されていた「第19回ファンタジア国際映画祭」(現地時間7月4日~8月4日)において、長編アニメーション優秀賞にあたる今敏賞、セカンス賞アジア映画優秀賞、長編アニメーション観客賞の3冠を受賞した。 原はTVアニメ『クレヨンしんちゃん』シリーズを長く手がけ、"大人も [全文を読む]

映画「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」主題歌に椎名林檎

dwango.jp news / 2015年04月10日04時00分

椎名林檎『最果てが見たい』が映画「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」の主題歌に決定した。同映画は、アニメーション作家として今大注目の原恵一監督が、杉浦日向子の代表作「百日紅」を初の長篇映画化した話題作。浮世絵師・お栄が父・葛飾北斎や仲間たちとともに自由闊達に生きる姿が江戸の四季をとおして描かれる<爽快>浮世エンターテインメント。主人公の浮世絵師を演じる [全文を読む]

杏、3度目となる“親子”共演に「出来上がりが本当に楽しみ」

Entame Plex / 2015年03月31日18時41分

偉大な天才浮世絵師:葛飾北斎を父/師匠に持ち、自身も浮世絵師であるお栄を主人公に、自由闊達に生きる江戸の人々を描くアニメーション映画『百日紅(さるすべり)〜Miss HOKUSAI〜』。そんな本作のヒット祈願イベントが日本橋の福徳神社で行われ、ともに声優初挑戦となったお栄役:杏と葛飾北斎役:松重豊、そして監督の原恵一が登場した。 『富嶽三十六景』をはじめ、 [全文を読む]

原恵一監督、東京国際映画祭で特集上映 入門書の全プレも実施

ORICON NEWS / 2017年09月21日22時04分

東京・六本木を中心に開催される『第30回東京国際映画祭』(10月25日~11月3日)で実施される原恵一監督の特集上映のメインビジュアルが解禁された。著作権者の許諾のもと、原監督の監修により特別に描き下ろされたもの。これまでの原作品の数々が1枚に凝縮されている。 【写真】東京国際映画祭OP作品は実写『ハガレン』 原監督は、1959年、群馬県出身。『映画クレヨ [全文を読む]

クレヨンしんちゃん、エスパー魔美…原恵一監督の作品がココに! 豪華共演ビジュアル公開

アニメ!アニメ! / 2017年09月21日20時15分

「第30回東京国際映画祭」(10月25日~11月3日)にて特集上映される「映画監督 原 恵一の世界」のメインビジュアルが公開となった。また、期間中に特集上映作品を鑑賞すると同イラストが表紙を飾る「映画監督 原 恵一の世界 オフィシャルガイド」が劇場にてプレゼントされる。 原監督は『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)、『映 [全文を読む]

クレヨンしんちゃん、エスパー魔美…原恵一監督の作品がココに! 豪華共演ビジュアル公開

アニメ!アニメ! / 2017年09月21日19時40分

「第30回東京国際映画祭」(10月25日~11月3日)にて特集上映される「映画監督 原 恵一の世界」のメインビジュアルが公開となった。また、期間中に特集上映作品を鑑賞すると同イラストが表紙を飾る「映画監督 原 恵一の世界 オフィシャルガイド」が劇場にてプレゼントされる。 原監督は『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)、『映 [全文を読む]

原恵一監督、杉浦日向子は「絶対に超えられない天才」

Movie Walker / 2015年04月17日21時50分

浮世絵師・葛飾北斎の娘・お栄と、江戸に生きる人々との交流を描いたアニメ―ション映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』(5月9日公開)の完成披露上映会が、4月17日にスペースFS汐留で開催。 原恵一監督が登壇し、本作の原作者である漫画家・杉浦日向子について「僕には絶対超えられない天才です」と、才能を称えた。 原監督は、杉浦日向子のコミックについて「20代 [全文を読む]

大英博物館の北斎展が開幕 白熱のシンポジウム、注目増す娘の応為……現地レポ

NewSphere / 2017年05月30日17時00分

大波のデザインは数々のポップカルチャーにも使用され、今月半ばには大波の上部をトランプ米大統領の髪型にアレンジした風刺画がイギリスでV Google + document.getElementById("blog_title").setAttribute("value", encodeURIComponent(document.title)); docume [全文を読む]

華々しいレッドカーペットも閑古鳥!? 「東京アニメアワードフェスティバル2015」が開幕!

おたぽる / 2015年03月21日03時00分

いかがだろうか、原監督は劇場版『クレヨンしんちゃん』の各作品で激賞され、5月公開予定の映画『百日紅』で注目されている監督なので、まだわかる。コンペの審査員やノミネート者もさもありなんだ。 しかし、大使館やJETROの関係者が手を振りながらレッドカーペットを歩くというのは、なんなのだろう。通例、レッドカーペットというのは、ステージに向かうカーペットに沿う形で [全文を読む]

フォーカス