松下幸之助 本田宗一郎に関するニュース

松下幸之助は知っている。中小企業を変貌させる、たった1つのスイッチ

まぐまぐニュース! / 2016年08月03日04時45分

松下幸之助さんや本田宗一郎さんなど、誰もが知る成功者には不思議と共通する経営理念があるようです。言い換えれば、その共通する理念こそが「経営を成功させるコツ」と言えるのではないでしょうか。その「コツ」について、無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』の著者・浅井良一さんがまとめて解説してくださっています。 社員が経営の強みの源泉 星野リゾートの星野佳路さんは [全文を読む]

松下幸之助と本田宗一郎は、なぜ「従業員のトイレ」にこだわったのか

まぐまぐニュース! / 2016年06月28日08時12分

松下幸之助さんが、創業して10年ほど経った頃から「松下電器は物をつくる前に人をつくる会社である」と言い続けたのがこれにあたります。 同社の大正12年の暮れ。工場では従業員一同が大掃除を行っていました。ところが、従業員の便所だけがなぜか汚れたままだったのです。幸之助さんは、ほうきを手に取りバケツで水を流しながら踏み板をゴシゴシこすり「これではいかん。常識的な [全文を読む]

ソニー、本田、松下 カリスマ天才創業者たちの至言

NEWSポストセブン / 2017年01月24日16時00分

桑原晃弥著】 ●松下幸之助(松下電器産業創業者) 「百の悩みがあっても千の悩みがあっても、結局その悩みは一つである」 経営の神様と称された松下幸之助(1894~1989)は経営者として多くの問題に直面してきた経験を振り返り、「人間そういくつもの悩みを同時に悩めるものではない」ということに気づいたという。 結局最も大きな問題に最優先で取り組まなくてはならず、 [全文を読む]

ホンダを世界企業に育てたヒューマニズムとロマンチシズム

まぐまぐニュース! / 2015年08月24日03時30分

パナソニックは松下幸之助さんがあまりに偉大で、もう1人は表に出なかったのですが高橋荒太郎という名経営者がおられました。 経営には守られなければならない原則があります。経営を行うためには多様な才能が必要で、地位の如何にかかわらずその才能がより集い各々に協働して発揮されなければなりません。 アメリカの鋼鉄王アンドリュー・カーネギーの墓碑銘に「自分より賢い人間を [全文を読む]

パナソニック、ホンダ、トヨタ 伝説の名経営者たちの格言

NEWSポストセブン / 2016年05月27日16時00分

松下幸之助(パナソニック創業者/1894~1989年) 〈世間は誰ひとりとしてきみの成功を邪魔したりせんよ。やれないというのは、外部の事情というよりも、自分自身に原因があるものなんや。外部のせいではない、理由は自分にあるんだということを、常に心しておく必要があるな〉 この言葉は参議院議員の江口克彦氏が若い頃、松下幸之助から送られた言葉だ。江口氏は松下が [全文を読む]

【fabcross調査】日本の将来を担う2014年新卒から5年目までの若手エンジニア500人の意識調査を実施

PR TIMES / 2014年05月14日10時49分

第2位には、発明の父トーマス・エジソン、3位にスティーブ・ジョブズ、4位に僅差で松下幸之助と続いた。・この質問に対しては、著明な人ではなく「職場の上司・先輩エンジニア」「父」「大学の教授・指導教官」を挙げる人も見受けられた。◎『目指すキャリアパスは「生涯エンジニア」がトップ、キャリアタイプはゼネラリスト型が60%』・エンジニアとして理想のキャリアパスについ [全文を読む]

渋沢栄一、松下幸之助、土光敏夫……PHP経営叢書『日本の企業家』シリーズ 創設70周年記念として全13巻を刊行

@Press / 2016年10月28日14時15分

PHP研究所は1946年11月3日、故・松下幸之助(松下電器産業・現パナソニックグループ創業者)が創設、本年11月3日に70周年を迎えます。この節目の年にあたり、企業経営の根幹に経営理念の確立を置いた松下幸之助の遺志を継承するものとして、日本の近現代に活躍した企業家の中で、とくに理念重視型の日本人経営者を1人1巻でとり上げる図書シリーズの刊行を企図しました [全文を読む]

ここ最近、日本企業の不祥事が多発する「ある深刻な理由」

Business Journal / 2016年07月15日06時00分

●“攻めの経営”から“守りの経営”へ 戦前から戦後にかけて、パナソニック創業者の松下幸之助、ソニー創業者の盛田昭夫や井深大、ホンダ創業者の本田宗一郎など、多くのカリスマ経営者が輩出された。 彼らには経営の「大義」があった。戦争で壊滅した日本経済の復興というシンプルで崇高なビジョンは、大胆な経営を推し進める原動力となった。この頃のカリスマ経営者たちは、アイデ [全文を読む]

史上最強の経営者投票 現役社長の評価が軒並み低い理由

NEWSポストセブン / 2016年05月20日07時00分

その結果、現役の経営者は4位の孫正義・ソフトバンク会長と9位の永守重信・日本電産会長兼社長の2人だけで、1位の松下幸之助氏など故人が多くランクインした。現役の経営者の中にも「優秀」と称される人物は数多くいるはずなのに、おしなべて評価が低いのはなぜなのか。双日総研チーフエコノミストの吉崎達彦氏がいう。 「昔の経営者に比べて、いまの経営者は明らかに小粒になっ [全文を読む]

経営評論家21人が選ぶ 日本史上最強の経営者TOP3

NEWSポストセブン / 2016年05月18日11時00分

圧倒的な得票で1位に輝いたのは、「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助(1894~1989)だ。松下電器(現・パナソニック)の創業者で、1代で世界規模の企業に育て上げた戦後の日本経済の立役者である。 製品を「水道の水のごとく安価無尽蔵に供給して、この世に楽土を建設する」ことが松下の使命だとする「水道哲学」や、「事業は人なり」といった彼の理念は、後続の経営者に [全文を読む]

ニトリ社長妻 夫の欠点を松下幸之助、本田宗一郎似だと褒める

NEWSポストセブン / 2015年10月06日07時00分

極度のあがり性だったぼくに代わって販売を一手に引き受けてくれたことが成功のはじまりなんだけど、それ以上に感謝しているのは、短所を長所に変えてくれる名人だということです」 家が貧乏だったことを、松下幸之助さんと同じ境遇だと言い、忘れ物がひどいところを本田宗一郎さんにそっくりだと褒める。 「女の人に、“あなたも天才かもしれない”って言われると、男はついその気に [全文を読む]

「孫正義の英語」海外で戦う起業家は、こう聞いた

プレジデントオンライン / 2017年02月01日09時15分

スティーブ・ジョブズや本田宗一郎、松下幸之助という人たちは、思えばみんなほら吹きなんだ。孫さんも同じ、大ぼら吹きだ」 愉快そうに笑って、こう続けた。「孫さんは言ってるよね。『地方で頑張っている小さい通信会社のみなさん、アメリカの携帯通信は上位2社の寡占で消費者が損をしている。あなた方も不本意な戦いを強いられている。これからは手を組んで戦おう。テクノロジーや [全文を読む]

企業を改革した経営者 孫正義、小倉昌男、盛田昭夫が上位

NEWSポストセブン / 2016年05月19日07時00分

その結果、圧倒的な得票数で1位に輝いたのは、松下幸之助(パナソニック創業者/1894~1989)、2位は土光敏夫(東芝元会長/1896~1988)、3位は本田宗一郎(本田技研工業創業者/1906~1991)だった。 上位3人が日本の経済成長を支えた経営者だったのに対し、4位と5位には「改革者」がランクインした。4位には初めて「現役」が登場。孫正義・ソフト [全文を読む]

E.ヴォーゲル氏 日本の発展のために大学9月入学を提案

NEWSポストセブン / 2016年04月20日07時00分

そのために第一に重要になるのが、本田宗一郎や松下幸之助のように、ハングリー精神が旺盛で、大胆なリスクが取れるオーナー企業が生まれること。日本の大企業はリスクを取らなくなり、すっかり官僚的になってしまいました。サムスンが東芝や日立を追い越してしまったのもそのあたりに大きな原因があります。 第二に、日本はもっと国際化を進めるべきです。優秀な外国人を雇用していた [全文を読む]

コンセプチュアル思考〈第6回〉 「コンセプト|concept」とは何か/村山 昇

INSIGHT NOW! / 2016年04月04日06時50分

◆「a 事業」を定義するか「the 事業」を定義するかちなみに、日本が生んだ名経営者である松下幸之助や本田宗一郎は、事業に対しどんな定義を持っていたのでしょう。松下は『実践経営哲学』(PHP研究所)のなかで、「“事業は人なり”と言われるが、これはまったくそのとおりである。(中略)私はまだ会社が小さいころ、従業員の人に、「お得意先に行って、『君のところは何を [全文を読む]

目標は『テラマフィア』が世界を動かすこと 〜テラモーターズ徳重徹社長に聞く未来〜

Forbes JAPAN / 2016年03月23日10時31分

たとえば松下幸之助は、人使いの名人です。なぜなら彼は、自身が病気がちでできないことが多いから、人に頼むしかないんですね。逆転の発想で、それを経営者の資質につなげているんです。僕にとって浪人は大失敗でしたが、悔しさはリベンジのバネになりました。大学に入ると、信念ができました。一つは「大を成す」。これは坂本龍馬の名言「世に生を得るは事を為すにあり」から。もう一 [全文を読む]

◆期間限定120円◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『33歳までに学ぶべきこと―この方法で必ず幸運がやってくる』が4月末までの期間限定セール実施中!!

DreamNews / 2015年04月20日13時00分

社会的に最も活躍が期待されるのは、この33歳からの20年であることから、「心のあり方」や「心の整理の仕方」を知り、外面的な「ノウハウや方法」ではない本質をこれ1冊で全てマスター!!自分の人生を少しでも満足させたいと思う方はまずこの本を読んでから!【 目 次 】●はじめに●Part1 逆境こそチャンス 準備して来るべき「時」に備えよう!・会社を追われたことが [全文を読む]

石原慎太郎氏 エゴにあふれる橋下徹氏を評価も危うさも指摘

NEWSポストセブン / 2015年01月19日11時00分

私は若くして世に出たので多くの優秀な経営者に出会う機会があったが、松下幸之助や本田宗一郎、盛田昭夫といった人物はいずれも個性が強く、創意があった。 高校の時に親父を亡くした後、「君ら兄弟の親代わりになってやる」と言ってくれた水野成夫さん(フジテレビ初代社長)の事務所には、桜田武(元日清紡績社長・日経連会長)とか今里広記(元経団連常任理事)といった錚々たる人 [全文を読む]

◆2015年1月14日(水)付けで、12,000DL突破!!◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『33歳までに学ぶべきこと―この方法で必ず幸運がやってくる』大好評配信中!!

DreamNews / 2015年01月14日18時00分

社会的に最も活躍が期待されるのは、この33歳からの20年であることから、「心のあり方」や「心の整理の仕方」を知り、外面的な「ノウハウや方法」ではない本質をこれ1冊で全てマスター!!自分の人生を少しでも満足させたいと思う方はまずこの本を読んでから!☆『33歳までに学ぶべきこと―この方法で必ず幸運がやってくる』https://itunes.apple.com/ [全文を読む]

「理想的なリーダー像はない」!? 離職率5%の良品計画会長が明かす人材育成術

Business Journal / 2014年08月14日16時00分

■「理想的なリーダー像はない」とはどういうこと? 日本を代表する経営者である本田宗一郎や松下幸之助といった人物名は、情熱で力強く社員を引っ張っていく理想的なリーダーとして名前が上がります。 確かに彼らは素晴らしい経営者でありリーダーです。しかし、圧倒的なカリスマ性で社員を引っ張っていくというリーダー像は、高度経済成長期の勢いある時期にピッタリ合致していたと [全文を読む]

フォーカス