塚本高史 現在に関するニュース

塚本高史はケンカ最強?ダウンタウンも恐れる衝撃エピソード!

Smartザテレビジョン / 2017年04月07日11時35分

4月7日(金)に放送される「ダウンタウンなう」(毎週金曜夜9:55-10:52フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」に、久本雅美、要潤、塚本高史がゲストに登場。飲み仲間に横澤夏子が加わり、ダウンタウン、坂上忍と酒を飲みながら本音でトークする。 1軒目には久本が登場。ダウンタウンとお酒を飲むのは初めてだという久本とは、恋愛や結婚の話題に。久本は、昔は女芸人が恋愛 [全文を読む]

松本人志が久本雅美の結婚相手として提案した“超大物”

Smartザテレビジョン / 2017年04月08日09時30分

4月7日放送のゲストは久本雅美、要潤、塚本高史。 あと2年で還暦を迎える58歳の久本。現在独身ではあるが結婚はしたいという。松本人志が「なんで結婚しないの?」と聞くと「私が結婚したいのは、良い仕事をした時、一緒に喜んでもらいたいから」と主張した。 さらに松本が「女芸人は好きな人ができるとボケがちょっと甘くなったりする?」とツッコむと「ボケは甘くなる!」と断 [全文を読む]

「ポスト有働由美子」の呼び声高いNHK雨宮萌果アナにV6・井ノ原もタジタジ

アサ芸プラス / 2017年03月15日09時59分

雨宮アナは06年に、映画ではYUIと塚本高史、テレビドラマでは沢尻エリカと山田孝之が主演した「タイヨウのうた」の原作小説家である天川彩氏を母に持ち、劇団「ワハハ本舗」所属タレントの雨宮あさひを妹に持つ芸能一家。法政大学人間環境学部卒業後、11年にNHKに入局。沖縄、福岡を経て16年3月から東京アナウンス室勤務となり「有働アナの妹みたいな容姿」で注目されて [全文を読む]

イケメン化した“こども店長”加藤清史郎、中学3年で「小6」役は大丈夫か

日刊サイゾー / 2016年10月17日18時00分

ほかには18歳の藤原竜也、塚本高史、高岡蒼佑(現・奏輔)も出演していますが、山本の年齢が際立っていますね。さらに、この作品は内容の過激さから、“R15+指定”となり、中学生が出てくる映画を中学生が鑑賞できないハプニングも引き起こしました」(前出・同) その後、山本は2011年に起こった東日本大震災と、それに伴う原発事故を受けて、反原発運動を展開するため事務 [全文を読む]

高嶋政宏「機動捜査隊は最も天樹らしい部署」

Smartザテレビジョン / 2016年08月03日06時00分

俳優でも、ロックバンドでも、現場で一緒にやるとプラスアルファが生まれます!――そんな中に今回、塚本高史さんが加入しましたがどうですか?青山という若い刑事の役なんですが、やんちゃさを残しながらも、瞳の奥に「絶対に事件を解決するんだ!」という強さがあり、素晴らしいですね! ――第1話で沙村が「俺が拾ってやる」と青山を12係に誘っていましたね。本当に格好いいこと [全文を読む]

夫の稼ぎに不安?鈴木亜美、交際半年の「見切り発車」デキ婚は裏目に出る!?

アサジョ / 2016年07月06日09時59分

ロンブー淳、塚本高史、エイベックス・松浦勝人社長、山下智久、志村けん、小池徹平らと噂を振りまいた。12歳年上の資産家社長とは結婚寸前だったが、バツイチ子持ちであることを内緒にされたことにブチ切れて破局。その後、同棲した高岡奏輔も結婚前提だったものの、舌禍トラブルのヒモ状態に耐えきれず、関係を断ち切っている。「一晩ウン十万円の稼ぎになるクラブイベントのゲスト [全文を読む]

YOSHIKIが涙で語る!hideのドキュメンタリー映画『JUNK STORY』予告編

AOLニュース / 2015年05月10日12時00分

俳優の塚本高史がナレーションを務める「hide 50th Anniversary FILM『JUNK STORY』」は、5月23日より全国公開 [全文を読む]

SUMMER SONIC 2014、今週末いよいよ開催!WOWOWが現地より放送するアーティストの第一弾を発表!

PR TIMES / 2014年08月15日17時07分

スタジオゲストには、16日が谷原章介、塚本高史、IMALU、17日は中川翔子、クリス松村、IVANが登場することが決定しており、フェスの熱気を伝えるレポーターを、流れ星(16日)、レイザーラモン(17日)、宮沢セイラ、井澤エイミーが務める。さらに、フェス出演アーティストらもゲストとしてスタジオに登場する予定だ。放送を前に、WOWOWが放送するアーティストを [全文を読む]

「やってみよう」内村光良が『LIFE!人生に捧げるコント』に捧げた芸人の矜持

日刊サイゾー / 2014年03月20日16時00分

出演は、座長のウッチャンナンチャン・内村光良のほか、ココリコ・田中直樹、ドランクドラゴン・塚地武雅、我が家・坪倉由幸、しずる・池田一真の中堅から若手のお笑い芸人勢に加え、西田尚美、塚本高史、星野源、ムロツヨシ、石橋杏奈といった俳優勢が名を連ねている。 作家陣も、内村の盟友である内村宏幸や平松政俊、劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」の倉持裕、そして今年に入 [全文を読む]

フォーカス