ギター 野口五郎に関するニュース

野口五郎、新番組発表会見で、ゲストとまさかの“謝罪”

Smartザテレビジョン / 2016年04月01日13時15分

この番組は、都内某所に佇むBARを舞台に、70~80年代を代表する歌手であり、ギターをこよなく愛する野口五郎がマスターを務める音楽番組。歌手生活45周年を迎えた野口が、青春時代を共に過ごした音楽仲間や親交のある友人を招き、当時を振り返ったり、未来を語ったりしながら、大好きな歌とともに刻んだ、青春の1ページを思い出すことの出来る内容となっている。 野口に番 [全文を読む]

野口五郎 「日本語で歌っている歌は全部歌謡曲でいい」

NEWSポストセブン / 2016年03月13日07時00分

「このあいだ、デビュー直後のインタビューで『10年後は青山あたりで喫茶店をやって、そこでギター抱えて歌ってると思う』と答えていたことを知ったんですよ。びっくりしちゃうね」 そう笑顔で語る野口だが、『原宿☆GOROちゅりカフェ』(アメーバフレッシュ)と、4月からスタートする『野口五郎の改札口の伝言板』(CS放送)では“マスター”としてゲストを迎える。 「S [全文を読む]

SKE48高柳明音 野口五郎と野村義男からのサプライズに動揺

dwango.jp news / 2016年02月26日23時49分

野村義男と野口五郎は旧知の中で、野口五郎が野村義男にギターをプレゼントをしたりなど親交が深い。 この日、野村義男は「映画の宣伝をしに来ました」という事で登場。早速、映画「仮面ライダー1号」の予告編の映像を番組内でオンエアをした。予告編の最後には、主題歌「RIDER CHIPS」というテロップに続いて、エンディングテーマ「それぞれの時/野口五郎&高柳明音」の [全文を読む]

輝かしき歌謡界の名曲たちと、人知れず活躍したギタリストたちのドラマ。『ギター・マガジン2017年4月号』は歌謡曲をギターから紐解く。野口五郎×Char、小室哲哉まで歌謡曲を熱く語った!

PR TIMES / 2017年03月07日12時37分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1563/resize/d5875-1563-681119-0.jpg ] インプレスグループで音楽関連の出版事業を手がける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役:古森優)は、音楽専門誌『ギター・マガジン2017年4月号』を2017年3月13日に発売します。『ギター・マ [全文を読む]

サブちゃんは23歳!あの男性大物歌手たちが結婚した年齢となれそめとは?

しらべぇ / 2015年03月03日18時00分

当時のサブちゃんはデビューする前で、音楽学校に通いながらギター1本で”流し”をしながら貧乏な生活を送っていた。それでも雅子さんは「この人には夢を叶えさせてあげたい」と思ったという。 その後、23歳(デビューする3年も前)の時に挙式。雅子さんの周囲からは猛反対されたなかでの結婚だった。雅子さんはとあるインタビューで 「苦労したでしょう……とよく言われるけど [全文を読む]

小林幸子「ポケモンGOがすごく気になる!」

Entame Plex / 2016年07月22日16時25分

野口のギターとともに、それぞれの代表曲「おもいで酒」や「私鉄沿線」を生歌唱した。 なお、『原宿GOROちゅりカフェ#9 夏の特別編「原宿GOROちゅりBAR」 ~ゴロンボvsラスボススペシャル~』は、7月31日20時よりAbemaTVにて配信! [全文を読む]

菅田将暉がダウンタウンへ涙の“ラブレター”?

Smartザテレビジョン / 2016年05月12日17時30分

三軒茶屋でギターを片手に親密そうな2ショットを撮られてしまった2人だったが、その真相は? 2軒目では、ミシュラン掲載店で野口とハシゴ酒。新御三家のマル秘エピソードなど、野口は“昭和の芸能界”の裏側を次々と暴露していく。 [全文を読む]

コロッケ「そっくり見せるものまねに興味はありません」

anan NEWS / 2016年02月21日22時00分

そこから、“長渕さんも人間だから何かを捜すことがあるだろう”“どの曲がいちばん捜してそうかな”“ほかの曲はギターをジャカジャカ弾いたり忙しそうだから「とんぼ」がぴったりだ”と発展させていくわけです。そうやって別の生き物を足していくから、ファンの方から「違います」って言われるんですよ。あと徳永英明さんのまねを早口でやっていたら、それを見ていたご本人に「僕、そ [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

“ドリーム紅白”に出演している2人がそれぞれピアノとギターで参加しての対決、ぜひ見てみたいですね」 八代亜紀が「舟唄 ジャズバージョン」で、舟唄の新しい側面をじっくりと聴かせたあとは、会場の空気が一変。矢沢永吉の「止まらないHa~Ha」で、バスタオルが宙を乱舞する──。 総合 次は“日本一稼いでいる夫婦”の対決です。紅組は竹内まりやさん、白組は山下達郎さん [全文を読む]

フォーカス