山中慎介 防衛戦に関するニュース

予防医学のアンファーがWBC世界バンタム級王者山中慎介選手とスポンサー契約を締結

PR TIMES / 2017年02月23日14時18分

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕、以下「アンファー」)は、WBC世界バンタム級王者の山中慎介(やまなかしんすけ)選手とスポンサー契約を締結しました。 山中選手は、2011年に世界王座獲得以来、2017年2月現在で11度の王座防衛に成功し、具志堅用高さんの持つ日本男子最多記録の13度の防衛まで、あと2回と迫る活躍をしています。山 [全文を読む]

生中継!エキサイトマッチスペシャル 山中慎介、五十嵐俊幸ダブル世界タイトルマッチ 東北復興支援チャリティーイベントとして日本人王者2人が登場!・・・WOWOWで生中継 ※無料放送

PR TIMES / 2012年11月05日09時12分

=================================================★生中継!エキサイトマッチスペシャル 山中慎介、五十嵐俊幸ダブル世界タイトルマッチ仙台で29年ぶりに開催されるボクシング世界タイトルマッチは、東北復興支援チャリティーイベントとして日本人王者2人が登場。山中、五十嵐がダブル防衛を目指す。■WBC世界バンタム級タ [全文を読む]

「熱い気持ちをもって一生懸命戦います」。2度目の防衛戦に臨む山中慎介にWOWOWが独占インタビュー!・・・11月3日(土)午後4:45~[WOWOWライブ]にて生中継(無料放送)!

PR TIMES / 2012年11月01日15時41分

WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)とWBC世界フライ級王者・五十嵐俊幸(帝拳)が、11月3日(土)「TOUCH!WOWOW 2012」の日に宮城・ゼビオアリーナ仙台でダブル世界タイトルマッチに臨む。この試合は東北復興支援チャリティーイベントとして、WOWOWでは無料放送で生中継する。山中選手は、切れ味抜群の左ストレートを武器とするWBC世界バンタム [全文を読む]

4・23、6度目の防衛戦!“神の左”山中慎介 「亀田戦よりもラスベガスでのビッグマッチを!」

週プレNEWS / 2014年04月23日06時00分

23日、大阪城ホールで開催される「ワールドプレミアムボクシング19 The REAL ダブル世界タイトルマッチ」でWBC世界バンタム級王者の山中慎介が6度目の防衛に挑む。 “神の左”と呼ばれる左ストレートで現在4連続KO防衛中(通算5度の王座防衛)。その圧倒的な実績に、知名度が比例しない現状は、本人も理解している。だが、山中慎介(帝拳ジム)はブレない。間近 [全文を読む]

「余裕はあるが油断はない。倒します」。山中が公開練習でKO宣言!「TOUCH!WOWOW2013 エキサイトマッチスペシャル 山中慎介 世界タイトルマッチ」を11月10日(日)午後3時50分~生中継!

PR TIMES / 2013年11月01日20時11分

11月10日に東京・両国国技館で行われる5度目の防衛戦に向け、WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(31=帝拳)が好調をアピール。1日、帝拳ジムで報道陣に2ラウンドのスパーリングを公開した山中は、サウスポーから鋭い左ストレートを連発した。挑戦者のアルベルト・ゲバラ(23=メキシコ)はフットワークを多用するタイプだけに、なおさら警戒されそうだが、「相手 [全文を読む]

山中慎介と五十嵐俊幸の防衛戦を11月3日(土)に仙台で開催!注目のダブルタイトルマッチをWOWOWにて完全生中継!

PR TIMES / 2012年08月24日09時09分

帝拳ジム所属のふたりのWBCチャンピオン、バンタム級の山中慎介(29)、フライ級の五十嵐俊幸(28)が11月3日、宮城県仙台市で揃って防衛戦に臨むことになった。2度目の防衛戦となる山中は、来日経験もある元WBC世界S・フライ級王者トマス・ロハス(メキシコ)を迎撃。五十嵐は現WBO世界S・フライ級王者オマール・ナルバエスの弟ネストール・ナルバエス(アルゼンチ [全文を読む]

「神の左」V11王者、山中慎介が語るパッキャオの強さと魅力。WOWOW独占インタビュー

PR TIMES / 2016年11月03日10時34分

(11月6日WOWOWで生中継)世界的に注目度の高い一戦だが、WBC世界バンタム級王座を11度防衛中の山中慎介(34=帝拳)も大きな期待を寄せている。「7ヵ月の空白は問題ない」パッキャオは今年4月、過去1勝1敗のライバル、ティモシー・ブラッドリー(アメリカ)との決着戦に臨み、2度のダウンを奪って圧勝した。戦前から「これがラスト・ファイト」と宣言していたとお [全文を読む]

「完璧に仕上がった」。山中、5度目の防衛戦を前に万全な仕上がりをアピール!WBC世界バンタム級タイトルマッチ「山中慎介vsアルベルト・ゲバラ」を11月10日(日)午後3時50分~WOWOWにて生中継!

PR TIMES / 2013年11月09日10時51分

5度目の防衛戦を2日後に控えた8日、WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(31=帝拳)が、同級8位の挑戦者アルベルト・ゲバラ(23=メキシコ)とともに都内で記者会見、調印式に臨んだ。普段は穏やかな表情が多い山中だが、さすがに挑戦者を前にした状況とあって険しい表情が多く、試合が近づいてきた緊迫感を漂わせていた。コンディションは「完璧に仕上がった」と断言 [全文を読む]

「チャンスがあればKOを狙う」V2戦を前に山中が公開スパーリング・・・WBC世界バンタム級タイトルマッチ「山中慎介vsトマス・ロハス」を11月3日(土・祝)、WOWOWにて生中継(無料放送)

PR TIMES / 2012年10月30日09時21分

大一番を5日後に控えた29日、バンタム級タイトル2度目の防衛戦に臨む山中慎介(30=帝拳)と、2階級制覇を狙う挑戦者トマス・ロハス(32=メキシコ)が都内の帝拳ジムでそれぞれマスコミに練習を公開した。好調が伝えられる山中は「チャンスがあれば」と前置きしたうえで、「左の破壊力が増したので、中盤ぐらいで倒したい」とKO宣言ともとれるコメントを発した。なお、フラ [全文を読む]

WBC世界バンタム級王者・山中慎介が頭皮を防衛!?スカルプD新CM放映

サイクルスタイル / 2017年08月09日17時02分

アンファーは、WBC世界バンタム級王者の山中慎介を起用した新テレビCM「13回目の挑戦」篇の放映を開始した。 「13回目の挑戦」篇は、スカルプDシャンプー13代目が8月9日(水)に発売されることに伴ってオンエア。“13”回目の防衛戦に挑戦する山中が初めてCMに出演し、“ボクシング選手としての闘う男の顔”と“お父さんとしての優しいパパの顔”という二つの顔を見 [全文を読む]

岩佐亮佑、ベルト&3000万円フェラーリゲットで「長期防衛」誓う

スポーツ報知 / 2017年09月15日07時00分

具志堅用高が持つ世界王座の日本記録V13を目指し、11年に完敗した相手で前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)ですら届かなかった記録へ「ペーペーのチャンピオンですけど狙ってみたい。できる限り長期防衛したい」。 初防衛戦は自由選択となるが、日本人選手の挑戦には「僕のように挑戦者決定戦を勝ち上がってこないと受けない」と敷居を上げ、高校時代のライバルで引 [全文を読む]

ネリ薬物疑惑で現実味も…山中慎介の王者復帰に数々の難問

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月26日09時26分

15日のWBC世界バンタム級タイトルマッチに敗れ、ベルトを失った山中慎介(34)。しかし、23日(日本時間24日)、WBCは新王者のルイス・ネリ(22=メキシコ)がドーピング検査で陽性反応があったことを公式サイトで発表したのだ。 WBCは今後も調査を続けるというが、考えられる展開は3通り。ひとつはネリのドーピングが故意ではないと判定された場合だ。今回、検 [全文を読む]

スカルプD 新TVCM放映開始 13代目のスカルプDシャンプーが13度目の防衛に挑戦する WBC世界バンタム級王者山中慎介選手を起用 親子共演のTVCMに初挑戦

PR TIMES / 2017年08月09日11時00分

それに伴い、WBC世界バンタム級王者山中慎介選手(以下:山中選手)が出演する新TVCM「13回目の挑戦」篇を2017年8月9日(水)から、オンエア致します。今回で13代目となるスカルプDは「頭皮を厚くする」を合言葉にリニューアルしました。アンファーの研究※1から、頭皮の厚さと毛量には正の相関があり、毛量が多い人は頭皮が厚く、毛量が少ない人は頭皮が薄い傾向に [全文を読む]

【プロ野球】今季はどんな「神」が降臨する? 「神の手」「神の子」「神ってる」など野球界の神様アレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月11日16時05分

WBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が王座防衛に成功したのだ。山中は今回で12度目の防衛戦勝利を達成。「カンムリワシ」こと伝説のボクサー・具志堅用高の連続最多防衛記録(13回)に王手を掛けたことで、注目を浴びている。 その山中の武器は「神の左」と称される左ストレートだ。このようにスポーツの世界では度々「神」が登場する。 サッカーの世界では1986年の [全文を読む]

語っていいとも! 第31回ゲスト・内山高志「勝った姿で、また強い内山高志を見てもらいたい」

週プレNEWS / 2016年10月02日12時00分

―つい最近では、長谷川穂積選手と山中慎介選手のW世界戦を見せつけられて。年齢が近い穂積さんはカムバックしての3階級制覇、山中さんは連続記録を更新して自分と同じ11回となったわけで。だいぶまたムラムラと刺激を受けたのでは。 内山 それはありますね。ん~、まぁ単純に羨ましいなってだけですよね。なんか、やっぱり長谷川くんなんか見てても、しばらくチャンピオンじゃ [全文を読む]

フォーカス