症状 痙攣に関するニュース

子どもの熱性痙攣の特徴と病院を受診するタイミング

イクシル / 2017年04月28日22時31分

熱性痙攣は、風邪やインフルエンザなどで高温が続いた際によく見られる症状です。突然症状が現れて驚きますが、症状の特徴を理解していれば慌てず対処出来ます。ここでは、子どもの熱性痙攣の症状や対処法を解説します。 熱性痙攣かどうかを見極めるポイントは? 熱性痙攣かどうかを見極めるには、まず痙攣の症状を知ることが大切です。以下の症状が現れていないかどうかチェックして [全文を読む]

赤ちゃんが呼吸困難になったときの原因と対処法

イクシル / 2016年11月29日14時45分

呼吸困難が長期化すると生活への不安も出てくるため、症状を理解しすぐに対処出来るようにしておきましょう。ここでは、赤ちゃんの呼吸困難に見られる症状や原因、対処法を解説します。赤ちゃんの呼吸困難に見られる症状呼吸困難の症状には様々あり、はっきりした症状が現れずお母さんが気付かない場合もあるので注意が必要です。赤ちゃんは苦しさや症状を自己申告出来ないため早めに気 [全文を読む]

ひきつけと熱性痙攣は、違う症状なの?

イクシル / 2015年02月01日12時00分

一般的には熱性痙攣と言われていますが「ひきつけ」とは別の症状なの?との質問に、看護師さんたちが回答してくれました。 子供の痙攣についての相談:「発熱時の熱性痙攣とひきつけ。症状の違いを教えて」 『3才児の予防接種の問診票で、ひきつけを起こしたことがあるかという質問の回答困っています。高熱を出した時や解熱剤が切れた時に身体がガタガタと震え、その時にちょっと突 [全文を読む]

1歳の子どもが高熱で痙攣…病院へ行くべきかわからない

イクシル / 2016年02月26日18時00分

(看護師)』 5分以上痙攣が続くなどしたら病院へ 病院へ連れて行くべき症状の目安をアドバイスしてくれました。 『痙攣が5分以内で治まるようなら、そのまま様子をみていいでしょう。ただし、瞳孔が4㎜以上開いている状態では痙攣が治まったとはいえません。しばらく安静の状態で様子をみてください。すぐに次の痙攣が始まる、5分以上治まらない、呼吸停止があれば、病院に連れ [全文を読む]

意識障害を伴う急性脳症の原因

イクシル / 2017年02月07日12時51分

発作の度に異なる症状が現れる、一人でいる際には発生しない等の特徴があります。 (6)チック 緊張状態にある場合に陥ることが多いものの、詳しい原因はわかっていません。顔やその他の筋肉が痙攣します。 急性脳症の原因 急性脳症の原因は様々です。主な原因は以下の通りです。 (1)エネルギー不足 低酸素症、低血糖症、血流障害等 (2)代謝物質の増加 先天代謝異常症、 [全文を読む]

子どもの急性脳症の治療方法

イクシル / 2017年02月07日16時58分

急性脳症は、インフルエンザに感染した場合や低血糖症等により脳がむくんで痙攣や意識障害、発熱等の症状が起こる病気です。急性脳症は重症化すると死に至ることもある為、できるだけ早い段階で治療を開始する必要があります。今回は、急性脳症の治療方法について解説します。 急性脳症とは? 脳がむくみ、痙攣や意識障害等の症状が現れる病気です。急性脳症は痙攣や意識障害の他、発 [全文を読む]

子どもの腸閉塞。他の病気との見分け方

イクシル / 2017年04月15日22時00分

腸閉塞に陥るとお腹の張りや痛み、嘔吐、嘔気などの症状が現れます。 2つの腸閉塞 腸閉塞は、機械的腸閉塞と機能的腸閉塞の2種類に大きく分けられます。 (1)機械的腸閉塞 腸の一部が狭かったり、捻じれていることが原因で腸の内容物が詰まった状態が機械的腸閉塞です。機械的腸閉塞は更に単純性腸閉塞と複雑性(絞扼性)腸閉塞の2種類に分けられます。特に血行障害を伴う絞扼 [全文を読む]

子どもを襲う急性小児片麻痺という病

イクシル / 2017年03月10日18時00分

『急性小児片麻痺は、だいたい4カ月~4歳(6歳前後と言われることも)の子どもに発症し、風邪の症状や発熱とともに身体の片側に痙攣を起こします。その後、身体の片側が麻痺したり、片側優位の両麻痺が起こります。(看護師)』 『急性小児片麻痺は原因不明なことも多いですが、髄膜炎・脳炎・頭部外傷などに合併した脳血管障害が原因の場合もあります。風邪などによる発熱で半身 [全文を読む]

風邪でも誘引される子どもの難病、急性小児片麻痺の原因

イクシル / 2016年11月29日17時28分

急性小児片麻痺は症状の経過で原因が異なる 急性小児片麻痺とは、体の左右どちらか片側の筋力が急速に低下し、麻痺を起こす疾患です。6歳未満の子どもに稀に発症し、特に生後半年から4歳の脳が未熟な乳幼児は発症頻度が高まります。 急性小児麻痺の病状の経過には、2種類のケースが存在します。1つ目は、ウイルス感染などによって急な発熱を呈し、その後体の左右で強度が異なる [全文を読む]

ストレスもないのにまぶたがピクつく…何が原因なのか?

オトコクラス / 2017年03月18日17時00分

何かの病気なのでしょうか? 30代男性からの相談:「自律神経の乱れ以外で目の端がピクピクすることはある?」 『 30代になってから出てきた症状なのですが、自分から見て右側の目の端がピクピクします。ずっとではないのですが、10分に1回、早かったら5分1回くらいのペースでピクピクします。気になったのでネットで調べたら、自律神経の乱れと書いてあったのですが、自分 [全文を読む]

40代以上で発症率高い片側顔面痙攣に有効な根本治療法

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

ところが、意思とは関係なく、顔の片側だけピクピク痙攣したり、瞼や頬が引きつったりといった症状が出るのが片側顔面痙攣だ。最初は片方の瞼がピクピク動く程度だが、進行すると痙攣の頻度が増え、口元まで痙攣や引きつりが起こり、片目が開けられない、顔が引きつる、ゆがむといった症状になる。 これは、脳幹から出ている顔面神経が動脈に圧迫され、異常な信号を出して筋肉を勝手に [全文を読む]

見逃しやすい体からの危険信号とは!?

GIGAMEN / 2015年07月04日21時30分

しかし、会話もできないほど激しいしゃっくりや、 数日間止まらずに続くといった症状が出る場合は、たかがしゃっくりと見くびらず、一度病院で診てもらった方が良いです。 突然の鼻血 鼻血は乾燥やアレルギー、鼻をほじることで出る人が多く、珍しい症状ではありません。その為、軽んじられる事もしばしばです。しかし鼻血は、恐ろしい病気のサインである可能性もあります。 高血 [全文を読む]

人工透析が必要になることもある溶血性尿毒症症候群

イクシル / 2017年04月22日16時53分

脳に症状が出た場合は、痙攣や意識障害が現れます。今回は、子どもが溶血性尿毒症症候群になった場合の症状や治療方法について解説します。 溶血性尿毒症症候群と原因 溶血性尿毒症症候群には、「溶血性貧血」「血小板減少」「「急性腎不全」の3つの特徴があります。 「血小板減少」 血管に障害が起こると、血を止める成分の血小板が血管に集まります。血小板が集まると血の塊(血 [全文を読む]

急に子どもを襲う急性小児片麻痺の治療と予防する方法

イクシル / 2016年11月29日17時29分

急性小児片麻痺の治療には詳細な検査が必要 急性小児片麻痺には、発熱や痙攣を起こすタイプと、前触れなく急に左右どちらかの半身が麻痺するタイプの2通りの症状が存在し、症状の違いによって原因が異なります。前者のタイプはウイルスによる感染や脳炎、脳の血管が一時的に収縮し、酸素が行き渡らなくなる事が原因として挙げられます。一方で、後者のタイプでは血栓や血管閉塞によ [全文を読む]

子宮頸がんワクチン 14才少女副反応で記憶失いほぼ寝たきり

NEWSポストセブン / 2015年09月06日16時00分

またワクチン接種をきっかけとした慢性的な痛み、しびれ、痙攣、記憶障害などさまざまな症状が報告されており、治療法はまだよくわかっていない。そんな症状に立ち向かう6人の少女とその家族の姿を克明に記録した本が、話題になっている。 『子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち』(集英社刊)の著者でノンフィクションライターの黒川祥子さんが言う。 「2013年に [全文を読む]

インフルエンザの検査、いつ「正しい」結果が出るの?

イクシル / 2014年12月02日15時00分

子供にインフルエンザのような症状が出たため病院で検査を受けたものの、1回目は陰性で2日後の再検査でようやく陽性になった、という経験を持つママ。インフルエンザにかかっていても検査結果で陰性と出ることがあるのは何故?と疑問に思っています。看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。 ママからの相談:「インフルエンザかどうか1回の検査で判定できるタイミングに [全文を読む]

子どもにみられることが多い熱性けいれんの症状と対処法

イクシル / 2017年02月23日15時33分

その症状の現れから方から驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、落ち着いて行動するためにも症状を予め理解しておくことをおすすめします。また、熱性けいれんには単純型と複雑型があり、痙攣の持続時間などで判断します。今回は、熱性けいれんの症状や種類、対処法などについて解説します。 熱性けいれんとは 主に38℃以上の発熱時に伴って起こり、生後6カ月~5歳頃に多く [全文を読む]

意外と多い!子どもの脳腫瘍、症状と治療方法は?

イクシル / 2015年10月08日19時23分

脳腫瘍の症状と原因 脳腫瘍とは、小児の悪性腫瘍の中では多い病で、白血病に次いで多い病です。脳腫瘍の症状は意識障害や、痙攣、性格の変化等が挙げられ、頭痛や嘔吐を伴います。また、特徴的な症状としては、視覚障害、目を上に向けられないという症状が起きることです。1歳未満の乳児の場合には、幾つかのパーツに分かれた頭蓋骨がまだ一つにくっついていないため、頭部が大きくな [全文を読む]

子どもに起こる脳炎の特徴

イクシル / 2017年04月28日07時59分

脳の中の圧力が高まることで、様々な症状が現れます。脳炎の種類にはインフルエンザ脳炎や麻疹・風疹からの脳炎、日本脳炎もあります。他に、夏風邪のエンテロウイルスによる脳炎、ヘルペスの単純ヘルペス脳炎、突発性発疹のヘルペスウイルス6,7型による脳炎や水疱瘡の水痘帯状疱疹ウイルスによる脳炎、マイコプラズマなどが原因の細菌性脳炎(乳児に多い)があります。 子どもの脳 [全文を読む]

子どもの感染性胃腸炎の主な原因と対策方法

イクシル / 2017年04月20日14時34分

感染性胃腸炎は原因となるウイルスや細菌の違いで症状にも違いがあります。今回は、子どもの感染性胃腸炎について解説します。 感染性胃腸炎とは? 感染性胃腸炎は、ウイルスや細菌により嘔吐や腹痛などの急性胃腸炎の症状が起こる病気です。5、6歳以上の子どもの場合は細菌性腸炎の可能性が高いですが、それに満たない乳幼児はウイルス性腸炎にかかる確率の方が高いです。1歳以下 [全文を読む]

フォーカス