赤ちゃん 痙攣に関するニュース

赤ちゃんが呼吸困難になったときの原因と対処法

イクシル / 2016年11月29日14時45分

赤ちゃんは肺や呼吸器が未発達のため、呼吸困難を起こしやすいです。呼吸困難が長期化すると生活への不安も出てくるため、症状を理解しすぐに対処出来るようにしておきましょう。ここでは、赤ちゃんの呼吸困難に見られる症状や原因、対処法を解説します。赤ちゃんの呼吸困難に見られる症状呼吸困難の症状には様々あり、はっきりした症状が現れずお母さんが気付かない場合もあるので注意 [全文を読む]

2人目出産後、2歳半の長女が赤ちゃん返りに!

イクシル / 2016年06月02日11時00分

2人目以降の出産では、どうしても赤ちゃんのお世話が優先になり、上の子へのフォローが足りなくなりがちです。長女を優先させてあげられないことに悩むママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。 ママからの相談:「長女優先、わかっているのにできません」 『2人目の出産後、2歳半の長女の赤ちゃん返りが始まりました。周囲からは、基本的には長女優先 [全文を読む]

胎動はいつ頃から、どんなときに感じるの?

イクシル / 2015年09月11日15時33分

健診のたびに、超音波検査で赤ちゃんの様子をしっかり観察しているため、胎動がなかなか感じられないからといって、不安になる必要はありません。最初の頃は赤ちゃんの体も小さく蹴る力も弱いため、ママが体を動かしているときには、胎動を感じにくいです。40~60分ほど何もせず寝転がってお腹に集中してみると、胎動が感じられるかもしれません。 胎動があるとき赤ちゃんはどん [全文を読む]

赤ちゃんの命の危険も!知っておきたい妊娠高血圧症候群のリスクや治療法について

イクシル / 2015年11月13日16時34分

従来は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、様々な研究が進む中で妊婦さんや赤ちゃんに悪影響を与えるのが高血圧であることが判明し、妊娠高血圧症候群という病名が日本産科婦人科学会で使われるようになりました。そして、妊娠20週目以降から分娩後12 週目までという期間に高血圧である場合、又は蛋白尿も伴う高血圧である場合を妊娠高血圧症候群とすることが定義されています。たま [全文を読む]

授乳後の子供のしゃっくりを止める4つの方法

イクシル / 2015年06月22日18時00分

赤ちゃんは大人に比べると、頻繁にしゃっくりを起こします。授乳後、毎回しゃっくりを繰り返す子供に心を痛めているママから、止め方について相談がありました。看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。 ママからの相談:「授乳後のしゃっくりを止める方法を教えてください」 『生後3週間の子供が、授乳後ほぼ毎回しゃっくりをします。しゃっくり自体は悪いものではないと [全文を読む]

予防接種後の発熱、受診すべき目安はどれくらい?

イクシル / 2015年07月07日18時00分

赤ちゃんの時期は予防接種がいくつもあるので、スケジュールどおりに進むよう、体調管理にはひときわ気を遣うものです。予防接種後の発熱を心配するママに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。 ママからの相談:「予防接種後の発熱で受診する目安は?」 『赤ちゃんが予防接種を受けた後、熱が出たら受診しに来てくださいとよく言われます。しかしまだ [全文を読む]

1歳以下の赤ちゃんに多い突発性発疹の治療について

イクシル / 2017年02月02日10時54分

1歳未満の赤ちゃんに多く、遅くとも2~3歳までには発症するといわれている突発性発疹は、高熱や発疹などの症状が見られます。「跡が残ってしまうのでは?」「こんなに高い熱で大丈夫かな?」などと心配になりますが、どのような治療を行うのでしょうか。 突発性発疹とは?どんな症状が見られる? 突発性発疹は、大人の唾液に含まれているヒトヘルペスウイルス6型、ヒトヘルペスウ [全文を読む]

子供の「百日咳」に・・・原因や症状、ママにできるケアは?

イクシル / 2015年10月21日12時55分

5歳未満の子供に多く見られ、ワクチン接種前の赤ちゃんや接種歴のない子供は感染に注意が必要です。また、小さい頃にワクチンを接種していても徐々に免疫力が落ちてくる学童期以上の子供や大人も感染することがあります。 赤ちゃんでは肺炎や脳症などの合併症を起こすことがあり、怖い病気です。 百日咳の原因と症状 百日咳の原因は百日咳菌という細菌です。この菌が気道に感染する [全文を読む]

1歳までに起こることが多い突発性発疹、その原因とは?

イクシル / 2017年02月02日10時51分

突発性発疹とは? 今まで熱を出したことのなかった赤ちゃんが急に40度近い熱を出し、熱が下がるのと同時に全身に発疹が現れる感染症です。季節関係なく発症します。99%近くが1歳未満で発症しますが、稀に1歳を過ぎて発症することもあります。遅くても2~3歳までには発症するといわれています。おたふく風邪や風疹などの病気とは異なり、遅くに感染したからといって重症化す [全文を読む]

不眠だけじゃない!? ママのカフェイン中毒は要注意

nemgym(ネムジム) / 2015年06月04日00時00分

ママがカフェインを摂り過ぎたことにより、赤ちゃんがカフェイン中毒になることがあるからです。 日本小児科医会総会フォーラムで取り上げられた例をみると、コーヒーと緑茶(またはほうじ茶)を1日にそれぞれ2杯ずつ飲んでいたママの母乳が原因で、生後2か月の赤ちゃんがカフェイン中毒になってしまったというケースが。 カフェイン中毒になってしまった赤ちゃんは、ほかの赤ちゃ [全文を読む]

【医師取材】すべての疲れは脳の疲労だった!疲労と睡眠の関係

nemgym(ネムジム) / 2017年03月12日04時08分

一方、お母さんのおっぱいを飲んでいる赤ちゃんや、その赤ちゃんを抱いているお母さんが見ている対象はおおむね70cm以内のごく近い距離にあります。このように脳がリラックスしている場合には、副交感神経が高まります。目に副交感神経の刺激が伝わると水晶体のレンズが分厚くなって近くがよく見えるようになります。つまり、基本的にすべての動物は、仕事モードのときには交感神 [全文を読む]

生後1週間の子が泣き止まない。夜間に救急外来を利用する際の注意点とは?

イクシル / 2016年08月13日18時00分

夜間、生後間もない赤ちゃんの呼吸が苦しそうな時に利用したことがあるというママからの相談に、専門家たちがアドバイスしています。 ママからの相談:「どのような症状の時に救急外来へ行くべきか」 『子どもが生後約1週間の時、鼻が詰って息が出来なくて母乳が飲めず、お腹が空いているのか泣き止まない事がありました。口での呼吸が上手にできず苦しそうだったので、呼吸困難にな [全文を読む]

【海外発!Breaking News】グルテンフリー食を強いられた生後7か月男児、栄養失調で死亡(ベルギー)

TechinsightJapan / 2017年05月22日21時00分

今後も両親への公判は続くが、このニュースを知った人々からは「赤ちゃんに大人と同じ食生活させてどうするの。赤ちゃんには脂肪と栄養が一番必要でしょ。この親、何を考えてるの」「これはもう虐待でしかないのでは」「子供が苦しそうにしている時に医師に診せないっていうのがおかしい」「グルテンフリーを強要させただけでなく、きっと満足な量を与えていなかったんだろう」「胃の [全文を読む]

赤ちゃんのインフルエンザ。予防方法について教えて!

イクシル / 2017年03月21日11時00分

インフルエンザが流行る季節、赤ちゃんがいるご家庭では様々な対策を取られているでしょう。生後6カ月未満の赤ちゃんはインフルエンザの予防接種が出来ませんが、効果的な予防策やインフルエンザワクチンについて専門家達に尋ねてみました。 生後4カ月の子どものママからの相談:「生後4カ月の赤ちゃん。インフルエンザから守るにはどうすれば?」 『現在4カ月の娘がいますが、6 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】世界で最も多産な50歳の代理出産母 16人目と17人目の妊娠に挑戦中(英)

TechinsightJapan / 2016年10月15日13時30分

そして今回が最後となるであろうキャロルさんは、16番目と17番目の赤ちゃんの妊娠に挑戦中だ。 代理出産を続けていくことには、高血圧により痙攣や意識障害を起こす子癇や大量出血のリスクが伴う。またキャロルさんは複数の帝王切開もしているために、母体だけでなく胎児にも影響があることは否めない。それでも彼女は「特に三つ子がお腹の中にいる時には信じられないような気持ち [全文を読む]

産後に便秘と下痢を繰り返す…よい対策は?

イクシル / 2016年09月18日16時00分

赤ちゃんと一緒に、1日10分でもできる範囲でお散歩をするとよいです。それでも便秘や下痢の症状が改善されない場合は、病院で医師に相談してください。授乳中でも内服可能な薬があります。(看護師)』 産後は様々な種類の便秘になりやすくなります。原因はいくつかありますが、特にストレスで自律神経が乱れると消化・排泄に影響し、便秘や下痢を繰り返しやすくなるそうです。スト [全文を読む]

胎動が激しいのは元気な証拠?胎動でわかる赤ちゃんの様子

イクシル / 2015年09月08日15時19分

胎動が激しくなってきたころの赤ちゃんの様子 お腹の底から突き上げるような、激しい胎動を感じるようになるのは、妊娠24~27週(妊娠7ヶ月)の頃からです。これは胎児の骨格が成長し、お腹の中で手足を伸ばしたり体を回転させたりするようになるためです。このような胎児の動きを胎動として感じますが、羊水の量や母体の腹壁の厚さに個人差があるため、その感じ方は人それぞれで [全文を読む]

子どもの感染性胃腸炎の主な原因と対策方法

イクシル / 2017年04月20日14時34分

1歳以下の赤ちゃんの場合進行スピードが早いため、乳児嘔吐下痢症とも呼ばれています。秋から冬にかけて流行します。 原因となるウイルスや細菌 感染性胃腸炎の原因となる代表的なウイルスや細菌は、以下の通りです。 (1)ノロウイルス ノロウイルスは汚染された貝類や生鮮食品、汚染された水、汚染物に触れた調理した人の手を介して感染することが多く、保育園や学校で集団感染 [全文を読む]

太っているけど問題ある?肥満妊婦のリスクとは

イクシル / 2016年05月18日16時21分

肥満だと妊娠前や妊娠中にどういうリスクがあるの?肥満状態で妊娠するとお母さんだけでなく赤ちゃんにも影響がでてきます。妊娠するとホルモンなどの影響で体が脂肪を蓄えようと太りやすくなるものですが、必要以上の体重増加はリスクが高くなります。妊娠のための体重増加は一般に7~12kgが理想です。肥満の方の場合は5kg以内が理想とされています。肥満妊婦だと妊娠線ができ [全文を読む]

フォーカス