発作 痙攣に関するニュース

ひきつけと熱性痙攣は、違う症状なの?

イクシル / 2015年02月01日12時00分

ただ、熱性痙攣を繰り返す場合はてんかんも考えられ、その場合怖いのは、痙攣重責発作(てんかんによる痙攣が長時間続いたり繰り返す)が10分以上続き、呼吸状態が著しく低下することです。(小児科看護師)』 『熱が上がる際に身体がゾクゾクとする「悪寒戦慄(おかんせんりつ)」の症状を、痙攣と間違うことがあります。この場合は身体を暖かくし、熱が上がりきって暑いと言うよう [全文を読む]

意識障害を伴う急性脳症の原因

イクシル / 2017年02月07日12時51分

(1)てんかん 発作を繰り返す脳の慢性的な病気で、年齢や性別、人種に関わらず発病します。遺伝性ではありません。てんかんにおける痙攣は、意識を失い、全身硬直に陥る強直発作や手足に痙攣が現れる間代発作(かんたいほっさ)があります。この他にもてんかんの発作は多様にあります。 (2)熱性痙攣 生後6カ月~6歳までに多く見られる痙攣で、感染症により発熱したことが原 [全文を読む]

1歳の子どもが熱性けいれんを起こしたらすぐ救急車を呼ぶべき?

イクシル / 2016年08月03日18時00分

子供が急にけいれん発作を起こした場合、どのように対応すればいいのでしょうか。専門家の意見を聞いてみました。 ママからの相談:「子どもがはじめて熱性けいれんを起こしたら…適切な対処法とは?」 『2熱性けいれんをはじめて起こした時は救急車を呼んだ方がいいのでしょうか?育児書を見ていると熱の上がりかけにけいれんを起こしやすいと書いてありますが、熱性けいれんだと自 [全文を読む]

赤ちゃんが呼吸困難になったときの原因と対処法

イクシル / 2016年11月29日14時45分

<症状>・38度以上の発熱・嘔吐・発作・痙攣<応急処置>・赤ちゃんの周囲にある危険物を取り除く・衣類のボタンを外し緩める・赤ちゃんを横向きにし、吐いた物を取り除く・痙攣がおさまっても熱がある場合は解熱剤を飲ませる熱性痙攣の疑いがある場合は熱を測り、痙攣がどのくらいの時間続いているかを確認し病院で医師に伝えましょう。熱誠痙攣の症状の多くは2~3分で治まります [全文を読む]

脳の慢性疾患「てんかん」ってどんな病気?その原因や対策について

イクシル / 2015年10月20日16時13分

てんかんとは?てんかんは、脳の神経細胞(ニューロン)に突然電気的興奮がもたらされることによって発作が繰り返し起こる慢性的な脳疾患のことです。漢字では「癲癇」と綴り、10世紀の中国医学書にはすでに登場していたほど古くからの病気です。てんかんは年齢、性別などによらず誰でも発症する可能性がありますが、発症した人のうち特に18歳以下で発症した人が80%と多く、とり [全文を読む]

健康診断でも気づきにくい病気「狭心症」とは?

オトコクラス / 2017年05月08日15時00分

狭心症は、発作が起きていない時の心電図は正常であることが多いため、健康診断の安静時心電図で狭心症と診断されることがほとんどありません。なので、自分で気づいた事があれば早めに受診することが大事です。狭心症とは?心臓の血管が何らかの原因で狭くなり、血流が阻害されることでおこる一時的な心臓の酸欠状態です。狭心症は以下の4つのタイプに分けることができます。労作狭心 [全文を読む]

熱性痙攣の予防薬。副作用が強いが毎回飲ませるべき?

イクシル / 2016年04月16日11時00分

発作が頻繁だと痙攣を予防する薬が処方されますが、薬の副作用が毎回強く出るので心配だという相談に対し、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。 ママからの相談:「子どもの熱性痙攣。副作用が強いが、やはり痙攣予防薬は必要?」 『子どもが1歳2カ月の時に熱性痙攣を起こし、それから2度発作を起こしています。痙攣止めの薬を飲むと翌朝も立てない程フラフラで、ろれつ [全文を読む]

子供の「百日咳」に・・・原因や症状、ママにできるケアは?

イクシル / 2015年10月21日12時55分

百日咳とはどのような病気なのでしょうか? 百日咳は細菌性の呼吸器の感染症で、痙攣性の咳の発作が1~3カ月続きます。ワクチンの接種により予防できます。5歳未満の子供に多く見られ、ワクチン接種前の赤ちゃんや接種歴のない子供は感染に注意が必要です。また、小さい頃にワクチンを接種していても徐々に免疫力が落ちてくる学童期以上の子供や大人も感染することがあります。 赤 [全文を読む]

てんかんの神経刺激療法 治療の副次効果でやる気が出てくる

NEWSポストセブン / 2012年11月09日16時01分

てんかんは大脳の神経細胞が過剰に活動することで異常な興奮が起こり、意識を失い全身けいれんなどの発作を起こす病気の総称だ。脳卒中や脳腫瘍など脳の病気の増加とともに増えており、厚労省の調査では患者数は約22万人だが、てんかん学会の実態調査によると、約100万人の患者がいると推計されている。 中でも多いのが側頭葉の先端部や基底部、海馬付近に異常を起こす焦点がある [全文を読む]

急に子どもを襲う急性小児片麻痺の治療と予防する方法

イクシル / 2016年11月29日17時29分

まずいち早く行われるのが、痙攣の発作を鎮める対症療法です。痙攣の治療はてんかんに用いる薬剤が使用され、症状が重篤なケースでは全身麻酔を施し、人工呼吸によって呼吸を確保しながら昇圧剤を投与して血圧を上げる処置がとられます。痙攣を鎮める治療と同様に、脳炎や脳症の治療、脳の血圧を降下させる薬剤の投与なども早急に行われます。 また、検査によって何らかの疾患や異常 [全文を読む]

風邪でも誘引される子どもの難病、急性小児片麻痺の原因

イクシル / 2016年11月29日17時28分

1つ目は、ウイルス感染などによって急な発熱を呈し、その後体の左右で強度が異なる痙攣発作を起こします。痙攣を経た後に、急性小児麻痺の症状である半身の麻痺が確認されます。 2つ目の症状の経過は、発熱や痙攣を伴わず、急に体の左右どちらかの麻痺症状を呈します。 前者と後者に共通するのは、麻痺が出た後、後遺症として、てんかん発作や知的障害、失語症などを伴うリスクがあ [全文を読む]

子どもにみられることが多い熱性けいれんの症状と対処法

イクシル / 2017年02月23日15時33分

(1)身体の一部にけいれんや硬直などがみられたり、突然一点を見つめたりする (2)発作が15分以上持続する (3)発熱後24時間以内に症状が反復する 上記3つに当てはまらない場合は、単純型熱性けいれんと診断されます。 発作時には呼吸が乱れ、嘔吐したり皮膚が紫色になることがあります。発作が治まった後に意識が朦朧としており、身体の一部が一時的に麻痺する場合も [全文を読む]

みんなお家がいいんです

けあZine / 2017年02月21日07時00分

<パーキンソン病> パーキンソン病の持病があって発作が酷く入院加療を行い、ほぼ改善されて退院の目処はついたものの、「果たして一般家庭で生活できるのか不安」という状態になる。 こうした方々は退院するにあたり、今後どこでどのように生活すれば良いのかが問題になります。入院中に診ていてくださった医師や看護師は、その多くが施設入所を勧めてくるでしょう。しかし本人は [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AKB48と“恋チュン”を踊った闘病中のきらりちゃん。「ライバルは指原さん!」とキッパリ。

TechinsightJapan / 2014年09月01日14時15分

やがて“難治頻回部分発作重積型急性脳炎”という病名が分かるが、担当医師は「脳内部で痙攣が反復する状態で、後遺症なく完全に回復した症例は聞いたことがない」と説明した。治療には、麻酔薬により脳の活動を一旦、脳死に近い状態にして、痙攣が過ぎ去った後に脳を活性化させる方法がとられた。麻酔による脳死状態から2週間、麻酔を弱めてから1週間。奇跡的にきらりちゃんの意識は [全文を読む]

子どもの腸閉塞。他の病気との見分け方

イクシル / 2017年04月15日22時00分

痛みを繰り返すこの発作は疝痛発作(せんつうほっさ)と呼ばれており、腸閉塞に見られる代表的な症状です。 腸閉塞の対処法 子どもの腸閉塞の治療方法は症状により違いがありますが、軽度の場合は絶食と点滴で症状を改善する保存療法で対処する場合が多いです。しかし、一定期間治療しても症状が改善しなかったり、症状が重い場合は手術療法に進みます。 腸閉塞は様々な原因により起 [全文を読む]

子どもが呼吸困難で病院へ…気になる費用

イクシル / 2016年11月29日14時46分

嘔吐や発作、痙攣などの症状が現れます。・喘息様気管支炎喘息に似た症状が出る気管支炎の一種で、1~2歳の乳幼児に多く発症します。呼吸の度に「ゼー、ゼー」や「ヒュー、ヒュー」という音がし、風邪に似た症状が続いたり何度も繰り返すことがあります。・気管支喘息気管支に起こる慢性的な炎症が原因で発症する喘息で、発作的な呼吸困難が繰り返し起こります。喘息様気管支炎と同じ [全文を読む]

セクシーアピールのつもりが完全に失敗してる美女がネット上で話題に 「全然セクシーじゃない」「コワいwww」【動画】

AOLニュース / 2016年07月17日21時00分

ベッドに寝ながらセクシーなトワークを披露...したつもりなのか、もしくは何らかの発作なのか、よくわからないセクシー動画が話題になっている。 https://www.youtube.com/watch?v=Rl4NPvxXOw4 <関連動画はこちら> ベッドの上にセクシーな下着姿で横たわる女子が、顔の近くに置いたカメラを大きな目で見つめている。男性ならば「お [全文を読む]

暴力、交通事故、自傷、自殺…救急搬送に見る危険ドラッグ使用者を襲う恐怖の実態

Business Journal / 2014年09月04日21時00分

呼吸数、心拍数、血圧、体温の上昇などのバイタルサインの異常以外で現れた身体症状としては、嘔吐(24.9%)、悪心(15.6%)、動悸(14.5%)、精神症状としては、不穏・興奮(23.6%)、不安・恐怖(10.4%)、錯乱(9.3%)、異常行動(6.4%)、痙攣発作(2.7%)、パニック発作(2.7%)、幻覚・妄想(2.7%)。発現頻度の高かった身体合併 [全文を読む]

子宮頸がんワクチン薬害の19歳女性 症状悪化で親の顔忘れる

WEB女性自身 / 2014年06月13日07時00分

今年4月、医師の往診中に激しいけいれんの発作が起き、奇声を上げて意識不明。翌日に目を開けたが、症状はさらに悪化していたという。 子宮頸がんワクチンの危険性を指摘してきた宮城県『さとう内科循環器科医院』の佐藤壮太郎院長は、A子さんのケースをこう解説する。 「ワクチンに含まれるアルミニウム物質が原因で、体の免疫力が暴走し、脳細胞を破壊しているのではないかと思わ [全文を読む]

アレクシオンのソリリス(R)(エクリズマブ)、aHUS患者向けの製造販売承認を日本で取得

@Press / 2013年09月13日17時00分

ソリリス(R)は、重度の超希少疾患である発作性夜間ヘモグロビン尿症(以下 PNH)に関して日本ですでに承認を取得しています。aHUSは、生命を脅かす極めて希な慢性かつ遺伝性の疾患であり、重要臓器に進行的損傷を与え、結果的に脳卒中や心臓発作、腎不全、死亡を引き起こします(1)。aHUSにおける病態および早期死亡は、慢性的に制御不能な補体系の活性化による血栓性 [全文を読む]

フォーカス