筋肉 痙攣に関するニュース

意識障害を伴う急性脳症の原因

イクシル / 2017年02月07日12時51分

顔やその他の筋肉が痙攣します。 急性脳症の原因 急性脳症の原因は様々です。主な原因は以下の通りです。 (1)エネルギー不足 低酸素症、低血糖症、血流障害等 (2)代謝物質の増加 先天代謝異常症、肝不全、腎不全、膵炎、糖尿病等 (3)神経伝達物質の抑制 電解質異常等 (4)ウイルス感染 インフルエンザウイルス、突発性発疹等、ロタウイルス 急性脳症の原因は様々 [全文を読む]

「痛ッ足がつった!」時の対処法と繰り返さないための予防策

LAR - Life & Aging Report / 2017年05月28日20時30分

同じ場所を何度もつると筋肉の痛みが残り、辛いですよね。そこで今回は、足がつる原因と対処法を紹介します。 ■足がつる原因は何? 足(ふくらはぎ)がつって痛い原因にはいくつか考えられます。一般的には筋肉の疲労やミネラルバランスの乱れ、冷えや血流不足などがありますが、主な理由として以下3つをご紹介します。 1.ミネラル・水分不足 汗をかいたり、スポーツ後の脱水症 [全文を読む]

40代以上で発症率高い片側顔面痙攣に有効な根本治療法

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

これは、脳幹から出ている顔面神経が動脈に圧迫され、異常な信号を出して筋肉を勝手に動かすために起こる。まれに脳動脈瘤や腫瘍などが神経を圧迫することで起こることもある。NTT東日本関東病院脳神経外科の木村俊運主任医長に話を聞いた。 「片側顔面痙攣は、命にかかわるものではありませんが、人と会いにくいなど精神的な負担が大きい病気です。40代以上での発症率が高く、 [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「目の疲れは温めるべきか冷やすべきか。『痛みをごまかす』アイシングは無意味」

アサ芸プラス / 2017年01月10日12時55分

中でも「目の疲れ」には、目の周囲の筋肉疲労と、眼球ではない顔の筋肉の疲れがあります。読書は活字を追いかけるように目を動かしますが、パソコンの場合、スクロールするため視線がさほど動きません。長時間1点集中ということもあり、眼球をほとんど動かさないことが「目の筋肉の疲労」を呼び起こします。 時には仕事を止めて目を休ませることが肝心です。目の上にタオルを乗せる [全文を読む]

誰もが経験!居眠り中に起きる「寝ピク」のカラクリ

JIJICO / 2015年05月15日10時00分

無意識の筋肉収縮が起こるという本能的な防御反応 誰でも経験のある「寝ピク」。電車でうたた寝をしているときや、昼寝のとき、授業中に居眠りしているときなど、急に階段を踏み外したり、穴に落ちるたりするような感覚で無意識に体が動いてしまった経験があると思います。 このように無意識に筋肉が一瞬、痙攣する現象を「ジャーキング」と呼びます。ミオクローヌス(不随意の筋肉[全文を読む]

不眠不休で無限に走り続けれられる53歳の男! 「563キロ走って疲労ゼロ」の謎の体質とは?

tocana / 2016年06月15日13時00分

【本人写真とインタビュー動画はコチラから→http://tocana.jp/2016/06/post_10021.html】 ■筋肉中に乳酸が蓄積されない特異体質 情報サイト「OddityCentral」のレポートによると、カーナーシス氏は、遺伝子レベルでレアな体質を有しており、筋肉中に発生する乳酸を発生と同時に排出する能力がそなわっているということであ [全文を読む]

「足がつった!!」突然やってくる足つりを引き起こしてしまうNG習慣3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2015年02月23日21時00分

このこむら返りは、筋肉が急に突っ張って痙攣を起こし激しい痛みを感じる症状。主にふくらはぎで多発しますが、まれに足の裏や手のひら、手足の指などにも起こる場合があります。今回はこむら返りを起こしやすくする習慣についてご紹介します。 ■運動中と睡眠中に起こりやすいのはどうして? こむら返りは運動中や睡眠中に発症しやすい傾向にあります。運動時は筋肉や神経が刺激を受 [全文を読む]

【医師取材】すべての疲れは脳の疲労だった!疲労と睡眠の関係

nemgym(ネムジム) / 2017年03月12日04時08分

もしも運動疲労の原因が筋肉そのもののダメージであるならば、真夏でも11月でも疲れは変わらないはずです。運動疲労というと体の疲れのように思われがちですが、実は体ではなく脳の中にある自律神経の中枢が疲れているのです。 自律神経の疲れは活性酸素による細胞のサビ 自律神経の疲れは活性酸素(かっせいさんそ)によるものです。私たちが何らかの作業をして自律神経の細胞が [全文を読む]

脚のトラブルはこれで解決!月刊『健康』7月号 こむら返りを即効で治すワザ

PR TIMES / 2017年06月02日13時53分

しかし、実はこむら返りを瞬時に、しかも簡単に治す方法があることをご存知でしょうか? 「こむら返り」の原因は「腱紡錘」と呼ばれる筋肉のセンサーが異常をきたし、筋肉が伸びたままになったり、縮み過ぎている状態です。これを治す方法は、筋肉を自ら動かして異常な状態を解消してあげること。痙攣しているふくらはぎが元の状態に戻れば、こむら返りの痛みもなくなるのです。また、 [全文を読む]

急に子どもを襲う急性小児片麻痺の治療と予防する方法

イクシル / 2016年11月29日17時29分

麻痺した部位については、筋肉が硬直してしまうため、リハビリを行います。後遺症として慢性的なてんかん症状が出る場合は、薬による治療やケースによっては外科的な治療が行われます。 急性小児片麻痺を予防するために有効な対策 急性小児片麻痺は、急に発症する疾患ですが、予防する事が全くできないという訳ではありません。特に、痙攣を起こすタイプでは、ウイルスの感染が大き [全文を読む]

見逃しやすい体からの危険信号とは!?

GIGAMEN / 2015年07月04日21時30分

自分では健康だとばかり思っていても、筋肉の痙攣やしゃっくり、鼻血など突然体から発信されるサイン。今回は体の危険信号の見つけ方と、その背後にある原因を紹介したいと思います。それらを早く発見して、病気の予防および早期治療を心掛けてください。 短時間の片頭痛 誰かがピンであなたの頭を刺したような、刺すような痛みが1-2秒ほど続く場合、通常だと問題はありませんが、 [全文を読む]

炭水化物を味方に付けてスタミナをキープ!朝ランでバテない食事法

Fuminners / 2017年01月18日10時00分

食事で摂取した炭水化物は、消化された後ブドウ糖に変わり、ブドウ糖は肝臓や筋肉でグリコーゲンとして蓄えられます。グリコーゲンは、エネルギーのもと。いわば電池のようなものです。もし炭水化物が不足してグリコーゲンが枯渇してしまうと、運動中にスタミナが切れるだけでなく、脳や神経の働きも鈍ってしまいます。 朝ランでは、炭水化物をとってエネルギーを貯蔵しておくことが [全文を読む]

【衝撃】足の中の筋肉が勝手に動き出した男の動画が注目される

tocana / 2015年07月19日08時00分

現在、YouTube上に投稿された1本の"筋肉動画"に注目が集まっている。まるで体内に寄生生物が潜んでいるかのように蠢く、おぞましい筋肉の様子が映っていたのだ。 【動画はコチラ→http://tocana.jp/2015/07/post_6849.html】 このグロすぎる"こむら返り"は、ムエタイのトレーニングで重度の痙攣が引き起こされた結果だという。脱 [全文を読む]

よく眠れていない気がする……その原因は眼瞼下垂かも!?

nemgym(ネムジム) / 2015年04月01日19時30分

常に筋肉が緊張しているような状態なので、肩から首、背中などが張っているような感覚を受けます。緊張性頭痛や偏頭痛と呼ばれている症例のうち、眼瞼下垂が原因と思われるものも少なくないようです。 気分が落ち込んだり、わけもわからずイライラしたりするなどの気分障害も起こり得ます。目や顔の片面がピキピキと痙攣することも多いかもしれません。 さまざまな症状が合併して起こ [全文を読む]

ストレスもないのにまぶたがピクつく…何が原因なのか?

オトコクラス / 2017年03月18日17時00分

自分の意志とは無関係に目の下や目の端の筋肉がピクピクとします。(看護師) 』 『 眼の端がピクピクと痙攣するのは、自律神経の乱れ以外に疲労、眼精疲労でも起こります。顔面神経は自律神経が乱れると活発になりやすく痙攣を起こしやすくなります。(看護師) 』 『 痙攣がすぐに治まる場合は、この2つが原因の可能性が多いようです。眼や体を休ませることで収まります。自律 [全文を読む]

BODYMAKERが東京マラソンEXPO2017に出展決定 走り続けるウェア「MAGURO GEAR」も当日販売いたします。

DreamNews / 2017年02月15日12時00分

中でも今回注目の、近畿大学 谷本道哉准教授(運動生理学)との共同開発である「M A G U R O G E A R」は、筋肉に適度な圧力をかけることで、筋クランプ(足の攣り)を予防出来ることを実験で証明した商品です。日本経済新聞、読売新聞など各新聞雑誌にも掲載され発売当初より話題を集めています。今回、「MAGURO GEAR」も東京マラソンEXPO2017 [全文を読む]

加藤綾子アナ、さんまにツッコまれ胸が痙攣!?

日刊大衆 / 2017年01月28日23時00分

心理学者の植木理恵氏(41)によると、筋電位を測る装置をつけたプロバスケットボール選手に、フリースローの映像を見せる実験を行った結果、フリースローに必要な筋肉だけを無意識に動かしていたというのだ。また、PKの映像をサッカー選手に見せると、それに必要な筋肉部位だけ動かすのだという。 ここで、司会の明石家さんま(61)が「お笑いの人間は、他の芸人が面白いことを [全文を読む]

冷えの季節到来!秋冬に起こりやすい女性の不調と対策法

LBR - Life & Beauty Report / 2015年11月14日12時00分

特に腰は寒さで筋肉が硬直し、痛みを感じやすいので、腹巻きなどを着用して、腰回りが冷えてしまわないように心がけることが大切です。また、腰の冷えを強く感じる時は、貼るタイプのカイロを腰の位置に当てるのもおすすめ。 (3)肩こり 脳が寒さを感知すると、体内でもっとも熱を発生させやすい肩や首の筋肉を痙攣させ、熱を作る働きがあります。同時に血管は細くなり、熱が出て行 [全文を読む]

小児麻痺とはどんな病気?症状や治療について知りたい

イクシル / 2017年03月11日11時00分

しかし、発症から1年以上も麻痺や筋力低下が見られる場合は、筋肉が硬くなり動かせなくなったり歩けなくなる場合もあります。こうなると完治は困難で、長期に渡りリハビリを続ける必要があります。(産科看護師)』 脳性小児麻痺や小児片麻痺について 脊髄に病変の主座が存在する小児麻痺に加え、同じく麻痺を呈する脳性小児麻痺や小児片麻痺と呼ばれる疾患も存在します。それぞれの [全文を読む]

身体を動かす電解質を全てのアスリートへ。『DNS ION CHARGE』

PR TIMES / 2016年08月15日19時13分

[画像1: http://prtimes.jp/i/3939/135/resize/d3939-135-170788-0.jpg ] 電解質(イオン)とは、プロテインやアミノ酸に比べて軽視されがちですが、細胞の浸透圧を調節したり、筋肉や神経細胞の働きに関わるなど、運動のパフォーマンスそのものを支える重要な要素です。電解質は、筋肉が正常に収縮するために働いて [全文を読む]

フォーカス