朝井リョウ 東宝に関するニュース

朝井、会社やめるってよ! ウソでもギャグでもなく、朝井リョウが東宝を退職!

リテラ / 2015年04月22日13時00分

なんでも、作家の朝井リョウが、二足のわらじで勤務していた映画会社・東宝を辞めたというのだ。 朝井リョウといえば、こじらせ男子たちの、嫉妬と羨望の眼差しを一身に集めている作家。早稲田大学在学中の20歳のときに『桐島、部活やめるってよ』(集英社)で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。映画化された『桐島〜』はヒットし、アカデミー賞も受賞。そして、日本でいちばん有名 [全文を読む]

佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生ら豪華キャスト集結! 朝井リョウ『何者』実写映画化に期待の声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月24日17時30分

平成生まれの直木賞作家として世間にその名を残した朝井リョウの代表作『何者』が、主演・佐藤健をはじめ有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之など超豪華俳優陣で2016年10月15日(土)に実写映画化されることが決定した。これにはファンも「キャスト豪華すぎいいいいい!」「この豪華なキャストなら絶対いい作品になること間違いなしだな」「これは濃ゆい面々! [全文を読む]

朝井リョウが「兼業作家に戻りたい」発言! 古巣の東宝が絶好調で作家として成功の川村元気が羨ましくなった?

リテラ / 2016年10月31日12時00分

佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之といったオールスターキャストで映画化された朝井リョウ原作の『何者』。10月22日放送の『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ)で、宇多丸も「こんな体の内側からヒクヒクくるぐらいきちゃったのは結構『クリード チャンプを継ぐ男』以来かもしれない」と絶賛するなど話題を呼んでいる。 [全文を読む]

朝井リョウ氏 「次世代へバトンを渡す覚悟はできてます」

NEWSポストセブン / 2016年08月21日16時00分

就職活動を通して自分の“今”と向き合い、「何者」かを模索する5人の大学生を描いた『何者』(新潮社刊・ 朝井リョウ著)だ。 この作品で初めて平成生まれの直木賞作家として世間に名を轟かせた小説家・朝井リョウ。就職活動、兼業作家生活を経て、昨年の春に2年働いた会社・東宝を辞め、執筆活動に専念するようになった彼の“今”との向き合い方とは――。 小説家、朝井リョウ[全文を読む]

新卒就活サービス「就活会議」東宝映画『何者』と初のコラボレーションが決定

PR TIMES / 2016年10月04日12時09分

<就活会議のポイント> ・ 新卒就活サービス「就活会議」は、情報量や活動の時期・量といった格差、ミスマッチによる入社後短期間で の転職を解消・削減することを目的に、2015年4月β版としてスタート ・ 転職口コミサイト「転職会議」の掲載情報、学校別活動状況や企業別選考状況等が見える機能を提供 ・ サービス開始より1年半で就活生の会員登録者数が10万人を突 [全文を読む]

原作者なのに取材NG!? 映画『桐島、部活やめるってよ』のPRに作家・朝井リョウが協力できない理由

日刊サイゾー / 2012年08月22日08時00分

それは、一連のプロモーション活動に原作者の朝井リョウの姿をまったく見かけないことだ。朝井といえば、先の第147回直木賞にもノミネートされた若手有望作家で、最近の作家には珍しく、テレビや雑誌の取材などにも積極的に応じることで知られている。ところが、今回の映画がらみでは、小説の版元である集英社の文芸誌「小説すばる」に登場したくらいで、ほとんどメディアに露出し [全文を読む]

菅田将暉が人気急上昇中3バンドとの最強タッグで魅せる大熱唱ライブシーンを公開!!

NeoL / 2016年08月24日17時32分

平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウによるベストセラー『何者』(新潮文庫刊)。『桐島、部活やめるってよ』で等身大の高校生を描き切った著者が、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生を描いた話題作をついに映画化。今回、菅田将暉が劇中で熱唱しているライブシーンが解禁!劇中で菅田は「OVER MUSIC」というバンドのボーカル兼 [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第5話 「浮かれすぎ」山下敦弘と「斜め上すぎ」山田孝之が、そろそろ怒られそう!

日刊サイゾー / 2017年02月06日23時30分

『また、同じ夢を見ていた』住野よる『夢幻花』東野圭吾『世界地図の下書き』朝井リョウ『浜村渚の計算ノート』青柳碧人 優等生まるだしな選択が「従来の芦田」「大人の芦田」っぽい。 買い物後、公園にて談笑する2人。「読んでいいですよ」「読み始めると止まらなくなっちゃうんで」「止められると不機嫌になりますか」「いや不機嫌にはならないけど、返事が全部『うん』になっちゃ [全文を読む]

二階堂ふみ 大胆ロングドレスで爽やかにニッコリ

NEWSポストセブン / 2016年09月06日16時00分

朝井リョウの直木賞受賞作の映画化となる今作。就職活動を通して、自分自身を見つける5人の大学生の友情や恋愛を描いた青春映画だ。 “地道素直系女子”の田名部瑞月を演じた有村は、腕の部分が透けたセクシーな衣装で登場。一方の“意識高い系女子”小早川理香を演じた二階堂は、胸元が大胆に開いたロングドレスで観客を魅了した。 映画『何者』は、10月15日より全国東宝系で [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】菅田将暉、映画『何者』試写会に手応え「SNSの時代に良いパンチだろーなー」

TechinsightJapan / 2016年07月27日20時32分

映画『何者』は朝井リョウ氏の第148回直木賞作品を実写化したもので、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』や『愛の渦』の三浦大輔監督がメガホンをとった。主人公・拓人役の佐藤健をはじめそのルームメイト・光太郎役を菅田将暉、拓人が思いを寄せる瑞月役を有村架純、意識の高い就活女子・理香役を二階堂ふみ、理香の恋人・隆良役を岡田将生、さらに拓人が慕う大学院生・サワ先輩役を山 [全文を読む]

佐藤健主演で『何者』が映画化 学生からは「遅い」の声も

しらべぇ / 2016年05月13日07時00分

(画像は『何者』公式サイトのスクリーンショット)『桐島、部活やめるってよ』などの著作で知られる直木賞作家・朝井リョウの『何者』が映画化される。同作品は、就職活動を迎えた5人の若者たちが主人公。現代の日本において、なにかと問題視される就活を、当事者である大学生の視点から描いた内容だ。主要キャストを佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉など、今もっとも人気の俳 [全文を読む]

佐藤健「ここまできたら突き詰めていきましょう」

anan NEWS / 2016年04月16日12時00分

10月15日には、朝井リョウさんの同名小説を実写化した主演映画『何者』の公開も控えている。 ◇カーディガン¥30,000 シャツ¥18,000(共に LAD MUSICIAN/LAD MUSICIAN HARAJUKU TEL03・3470・6760) その他はスタイリスト私物 ◇写真集の撮影を兼ねてパリで行われた結婚特集の取材。「懐かしい! このときは恋 [全文を読む]

フォーカス