産業用ロボット 安川電機に関するニュース

人とロボットは「共存」して仕事を助け合う

プレジデントオンライン / 2017年02月15日09時15分

■人手不足の中国で需要が急増している 産業用ロボットの国内最大手・安川電機。同社は世界初の「7軸ロボット」を手がけるなど技術でもトップを走る。いま、この産業用ロボットの市場には大きな変化が現れつつある。キーワードは中国だ。同社のロボット事業のキーパーソンである南善勝常務は話す。 「沿岸部のインフラ関連の工事が内陸部に移り、出稼ぎ労働者の減少が進んでいる。さ [全文を読む]

日本刀で完璧な居合斬りするロボット、動画に世界が騒然!相手を思いやる気持ちも持つ

Business Journal / 2016年02月10日06時00分

産業用ロボットメーカーの安川電機が公開した『YASKAWA BUSHIDO PROJECT / industrial robot vs sword master』だ。 2015年6月の公開後、再生回数は560万回を超えている(16年2月現在)。海外メディアにも取り上げられており、その数はまだまだ増えるだろう。 この動画は、産業用ロボット「MOTOMAN-M [全文を読む]

女子中学生にも「ロボット作り」を!―安川電機が「ガールズデー」開催

インターネットコム / 2016年03月15日07時00分

当日は安川電機「みらい館」と工場見学の後、PCを使って産業用ロボットを動かす体験をする。また安川電機の女性エンジニアが、業務内容を楽しく紹介するという。 若い女性にも理科系の仕事や産業用ロボットを身近に感じられるようにするとしている。理科や数学が苦手でも、自分は文科系だと感じていても、是非参加して欲しいとのこと。 [全文を読む]

~ 安川電機に受継がれる” ものづくりスピリット”を世界に向けて発信 ~安川電機・創立100周年記念『YASKAWA BUSHIDO PROJECT』

PR TIMES / 2015年06月05日14時01分

平成の侍・町井勲氏の協力の下、産業用ロボット「MOTOMAN」が居合術の神業を再現 挑戦の様子を収めたプロジェクト・ムービーを、6月5日(金)より世界同時公開 株式会社安川電機(代表取締役会長兼社長:津田純嗣)は、 1915年の設立から100周年を迎える今年、本社敷地内にロボット村をオープンするなど様々な100周年記念事業を進めていますが、そのプロジェクト [全文を読む]

サービス業から「人間」がいなくなる日?

Business Journal / 2015年07月07日06時00分

ロボットホテルには、アルデバラン・ロボティクスをはじめ人型ロボット開発ベンチャーのココロ、産業用ロボットに強い安川電機もロボットを提供している。 変なホテルは、さながら国内外のロボット開発企業の先端技術を結集した実験場となった。●政府が成長戦略と位置付けるロボット新戦略 日本のお家芸のひとつが産業用ロボットだ。多関節ロボットはファナック、安川電機、スイス [全文を読む]

日本刀ですさまじい「居合斬り」をはなつロボット--安川電機が開発

インターネットコム / 2015年06月08日17時00分

にわかには信じがたいような動画を、産業用ロボットメーカーの安川電機が公開した。 同社が立ち上げた創立100周年記念企画「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」の一環。産業用ロボット「MOTOMAN-MH24」が、居合術家、町井勲さんの剣技を忠実に再現しようという取り組みだ。 剣士の動きをコピーするため、ロボットの俊敏性、正確性、しなやかさを高度に [全文を読む]

ゼネテック、「Robotmaster」最新版で川崎重工・ヒュンダイ重工製のロボットをサポート開始!

PR TIMES / 2014年06月04日11時51分

産業用ロボットオフラインティーチングシステム「Robotmaster」の機能・対応メーカーを拡充~株式会社 ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役 上野憲二)は、3次元CAD/CAMシステム「Mastercam」上で動作する産業用ロボットオフラインティーチングシステム「Robotmaster」(開発元:カナダ・JABEZ Technologies社) [全文を読む]

日本株は「5月大型連休明け」が正念場になる 「選挙」「地政学」のリスクは5月に持ち越しも

東洋経済オンライン / 2017年04月23日18時00分

先頭集団で通期決算を発表する会社の中では常に注目度の高い安川電機(産業用ロボットなどで世界有数)が、すでに4月20日に決算を終了。今2017年度の会社計画も同時に発表になった。発表を受けて翌21日の安川電機の株価はどうなったか。筆者にしてみれば、その株価は予想外に悪いものだった。「前期実績」「今期予想」の数字は、「市場の期待」(日経クイックコンセンサス)に [全文を読む]

日本のロボット大手、「電気スポーツカー」を開発へ

インターネットコム / 2016年09月16日06時00分

安川電機は言わずとしれた産業用ロボット世界4大メーカーの一角だが、すでにEVやハイブリッド車(HEV)用の駆動システム開発を手掛けており、特にスポーツEVには適した性能があると考えている。 今後はGLMの製品改良に協力したり、新製品を共同開発したりして、EV用駆動システムに関する技術の向上と製品の販売増をめざすそう。 [全文を読む]

義足の女性がロボットとダンス―パラリンピック開会式が話題

インターネットコム / 2016年09月09日15時30分

高性能な産業用ロボットが、義足の女性アスリートと華麗に踊った。 パラリンピックはオリンピック終了後に同じ開催都市で行う「もう一つの(Parallel)オリンピック(Olympic)」として、障がいを持つアスリートが競う祭典。 義手、義足などの進歩により、工学技術によってスポーツがどこまで高みを目指せるか、といった側面も帯びるようになった。開会式の催しはふさ [全文を読む]

キャリタス就活2017 地元学生が選ぶ!地元企業就職希望ランキング「九州・山口・沖縄エリア」発表!

PR TIMES / 2016年05月12日13時28分

2位に入った安川電機は昨年、創立100周年を迎えたグローバル企業で、世界29カ国にビジネス拠点を置き、産業用ロボット分野などで世界トップシェアを誇ります。4位のTOTOは衛生陶器で国内シェア6割を誇り、2017年には100周年を控えます。また7位には創業70年を超える福岡トヨタ自動車が入るなど歴史ある企業にも票が集まりました。 このほかでは、3位の西日本シ [全文を読む]

ロボット村に続き歴史館、安川電機のものづくりの原点とは

HANJO HANJO / 2016年03月07日23時45分

今回の歴史館は、同社のものづくりの原点となるモーターの受注第一号機(1917年)や、国内初の全電気式産業用ロボット「MOTOMAN-L10」の受注第一号機(1977年)など、これまで開発してきた製品を展示。また、安川創業家の功績を紹介する。 [全文を読む]

「スマートロボットの世界市場分析・予測 2020年:コラボレーティブ産業用ロボット・パーソナルサービスロボット・プロフェッショナルサービスロボット」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年08月05日11時00分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スマートロボットの世界市場分析・予測 2020年:コラボレーティブ産業用ロボット・パーソナルサービスロボット・プロフェッショナルサービスロボット」 (MarketsandMarkets発行) の販売を8月4日より開始いたしました。2015年08月04日 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調 [全文を読む]

剣術家の神業を再現! 現場で役立つ技能を習得するロボットたち

おたぽる / 2015年06月16日18時00分

北九州市に本社を構える産業用ロボットメーカー、安川電機は、同社の創立100周年記念企画「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」で、日本刀を携えた産業用ロボット「MOTOMAN-MH24」が繰り出す見事な剣術パフォーマンスを動画で披露している。「6mmBB弾居合斬り」のギネス記録保持者でもある日本を代表する剣術家・町井勲氏の技をモーションキャプチ [全文を読む]

「自動車産業向け産業用ロボットの世界市場:2015年~2019年」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年05月19日16時00分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動車産業向け産業用ロボットの世界市場:2015年~2019年」 (TechNavio (Infiniti Research Ltd.)発行) の販売を5月19日より開始いたしました。2015年05月19日 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動車産業向け産業用ロボットの世界 [全文を読む]

ゼネテック、Mastercamベースの産業用ロボットオフラインティーチングシステム「Robotmaster」で、不二越社製(NACHI)ロボットをサポート開始

PR TIMES / 2014年09月29日11時42分

株式会社 ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役 上野憲二)は、3次元CAD/CAMシステム「Mastercam」上で動作する産業用ロボットオフラインティーチングシステム「Robotmaster」(開発元:カナダ・JABEZ Technologies社)において、新たに不二越社製ロボット(*NACHI)のサポートを開始いたしました。「Robotmast [全文を読む]

将来性はここでチェック!「テンバガー(10倍株)」の発掘法

ZUU online / 2017年04月20日18時30分

前出の安川情報システムは、産業用ロボットなどを手掛ける安川電機の子会社、平田機工はエンジニアリング会社で有機ELや半導体製造装置なども手掛けています。これらに代表されるIoT関連株にはテンバガー候補が眠っている可能性があります。また、AIや東京オリンピックに向けた建設および社会インフラ関連銘柄、円安が進んだ場合はインバウンド関連銘柄にも注目です。 [全文を読む]

大前研一と考える日本企業が「技術」を「商売」につなげる戦略『BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ』第27弾として書籍化

PR TIMES / 2017年01月27日10時34分

今号収録のケースでは、自動車用バックミラーで国内トップシェアを誇る「村上開明堂」と、サーボモータ、インバータで世界ナンバーワンのシェアを誇り、産業用ロボットの累積出荷台数でも世界首位である「安川電機」を取り上げます。 「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の実践的視点をケーススタディを通じて学ぶことができます。もしも、あ [全文を読む]

剣術の達人のデータを取り込んだロボットが色々ブッた斬りまくってスゴい【動画】

AOLニュース / 2015年06月11日07時00分

安川電機の創立100周年を記念して産業用ロボットが居合術に挑戦する"YASKAWA BUSHIDO PROJECT"を公開。この居合斬りに挑戦するのは『MOTOMAN-MH24』というロボット。 https://youtu.be/O3XyDLbaUmU <関連動画はこちら> 居合術家の町井勲氏のモーションを取り込みデータ化。それをこの工業ロボットに反映させ [全文を読む]

フォーカス