ぶっさん 木更津キャッツアイに関するニュース

大野智主演映画「忍びの国」がいよいよ公開!嵐がこれまで出演した映画って?

ザテレビジョン / 2017年06月27日20時26分

余命半年を宣告された青年・ぶっさん(岡田准一)と、バンビ(櫻井)ら仲間たちの青春物語。「ピカ★★ンチ~LIFE IS HARD だから HAPPY~」(2004年)。「ピカ☆ンチ―」の続編。嵐が演じる幼なじみ5人が、暮らし慣れた団地の取り壊しを知り、立ち上がる。■ 岡田准一&櫻井翔の共演ドラマが映画化「東京タワー」(2005年)。年上女性との激しい不倫愛を [全文を読む]

V6・岡田「メンバーとも口をきかなかった」嵐・櫻井「嵐はなくなると思ってた」初サシ飲み全文

ガジェット通信 / 2016年12月09日17時30分

役名の「ぶっさん」「バンビ」と呼び合う仲で、ドラマが終わって7年が経っても“特別な仲”とコメントする場面もあった。しかし、最近は役名で呼び合っていないことが発覚。現在はビジネス仲良しなのでは? という疑惑から、番組では2人きりのサシ飲みが決行された。 2人の会話をほぼそのままお届けする。 初めてのサシ飲み リラックスして岡田を待つ櫻井に「(タッキー&翼の) [全文を読む]

「ぶっさん」「バンビ」も復活…岡田准一の櫻井翔への“愛”が止まらない!

アサジョ / 2016年03月16日09時59分

「二人は『木更津キャッツアイ』の後、しばらく役名の『ぶっさん』と『バンビ』で呼び合っていましたが、月日が経ち自然と『櫻井』、『岡田くん』または『お兄さん』などと呼び合っていました。しかし、今回の登山ロケで『ぶっさん』『バンビ』の呼び名が久々に復活。そんな思いがけない一幕に、ネット上でも興奮冷めやらぬ声が殺到していました」(前出・エンタメ誌ライター) こうし [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】V6岡田准一、鈴木亮平と“仲良し”に 櫻井翔とは「魂でつながってる」

TechinsightJapan / 2016年12月09日13時06分

2002年に放送された連続ドラマ『木更津キャッツアイ』で岡田(当時21)が主人公・ぶっさん(田渕公平)、櫻井(当時20)がバンビ(中込フトシ)役で共演している。ドラマが終わった後もお互いに役名で「バンビ」「ぶっさん」と呼び合っており「戦友のようなもの」というが、意外にもお互いの家に行ったり2人だけで食事をしたこともないことが分かる。岡田准一によると嵐の二宮 [全文を読む]

次世代リーダーはどっち?岡田准一vs.櫻井翔「渦中の2人が対談」

デイリーニュースオンライン / 2016年12月12日11時03分

対談の場となった『櫻井・有吉 THE夜会』(同)では、『木更津』をきっかけに仲を深め、お互いを当時の役柄の「ぶっさん」「バンビ」と呼び合う関係であることを披露。 一方で、『木更津』の共演メンバーでの岡田邸の飲み会に櫻井が参加していなかったエピソードなど、付き合いの長さの割にはドライな付き合いである、といった微妙な人間関係をうかがわせる場面もあった。芸能関係 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡田准一が“芝居に命をかける”きっかけ。あの先輩の言葉だった。

TechinsightJapan / 2015年10月27日15時55分

その年にはドラマ『Vの炎』で俳優デビューを果たし、2002年にはドラマ『木更津キャッツアイ』のぶっさん(田渕公平)役で主演を務める。 アイドルグループ・V6として活動する一方で、彼のなかには俳優を目指す気持ちも育っていた。今や『SP 警視庁警備部警護課第四係』の大ヒット、大河ドラマ『軍師官兵衛』での主演、そして映画『永遠の0』、『図書館戦争』シリーズなどで [全文を読む]

あまちゃん「奥歯ないような」はミズタク父へのオマージュか

NEWSポストセブン / 2013年09月30日07時00分

映画『野獣死すべし』で、松田龍平の父・優作が役作りのため奥歯を4本抜いたというエピソードから? ●それを作れば奴が来る 海女カフェを再建する際のこのセリフの元ネタは映画『フィールド・オブ・ドリームス』だが、クドカン脚本の映画『木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ』でも、死んだはずのぶっさん(岡田准一)が甦るという同じネタが使われた。 ●鈴鹿ひろ美と潮騒のメ [全文を読む]

フォーカス