島倉千代子 都はるみに関するニュース

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

芸能生活50周年の今年、豪快なはるみ節を聴かせてほしいですね」(石川氏) 私生活のピンチをみごとチャンスに変えた強運の持ち主といえば島倉千代子(74)だろう。数々のヒット曲の中から今回23位にランクインした「人生いろいろ」には、歌のタイトルを地でいく逆転ドラマがあった。 「当時おつきあいをしていた相手にだまされ、莫大な借金を背負いましたが、この曲の大ヒット [全文を読む]

「経営権たらい回しにされる」名門・日本コロムビア、新興ITベンチャーの完全子会社に

Business Journal / 2017年08月01日06時00分

昭和期には美空ひばり、石川さゆり、島倉千代子、都はるみ、藤山一郎、舟木一夫らの演歌・歌謡曲の大スターが多数所属していた。アニメ音楽についても70年代、80年代に数多くのタイトルを手掛け、日本のアニメ音楽の開拓者でもあった。だが平成期に入ると、若者に人気のJ-POPで出遅れた。ドル箱だった演歌・歌謡曲部門も、氷川きよし以外にヒット曲に恵まれず、経営不振に陥っ [全文を読む]

小林亜星「このあたりで人類は終わるんじゃないか」

NEWSポストセブン / 2017年05月10日16時00分

ここは目の前が日本コロムビアだったし、TBSも近くだったので、音楽やテレビ関係者が多く住んでいました」 日本コロムビアは、美空ひばり、島倉千代子など昭和を代表する歌手を輩出したレコード会社である。 小林の著書の『亜星流!ちんどん商売ハンセイ記』の中に、CMディレクターの杉山登志が自殺した日のことが書かれている。杉山は資生堂のコマーシャルなどで数々の賞を受け [全文を読む]

AAA 2013 桑田佳祐「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」、4日間で約2万人を動員!

okmusic UP's / 2013年12月05日14時00分

アンコールでは「アンパンマンのマーチ」と「愛のさざなみ」を歌って今年亡くなったやなせたかし、島倉千代子を悼み、美空ひばりの「川の流れのように」では小林幸子張りの巨大衣装をまとった。極上の音楽に極上のエンタメ要素がたっぷりと詰め込まれた、あまりにも濃密な約4時間だった。 ソロとしての作品発表から始まり、サザンの大復活でのニューシングル発売に大規模ツアー開催と [全文を読む]

あの伝説の歌番組がDVDで甦る テレビ東京開局50周年記念「演歌の花道」DVD-BOX 発売決定!

PR TIMES / 2013年10月23日15時37分

テレビ東京開局50周年記念「演歌の花道」DVD-BOX 2013年12月18日発売 価格:¥25,200(税込) ★収録内容 【第一巻 春…夏…】「襟裳岬」森進一、「無法松の一生~度胸千両~」村田英雄、ほか全20曲 【第二巻 秋…冬…】「津軽海峡・冬景色」石川さゆり、「雪椿」小林幸子、ほか全20曲 【第三巻 港まち…】「北の漁場」北島三郎、「舟唄」八代亜 [全文を読む]

島倉千代子 コロムビア大行進29年ぶりの復活に「本当に楽しい」

WEB女性自身 / 2013年04月05日00時00分

3月30日、東京・五反田ゆうぽうとにて『コロムビア大行進2013』が開催され、島倉千代子(75)、細川たかし(62)、都はるみ(65)ら昭和を代表する歌謡スターたちが勢揃いした。レコード会社、日本コロムビア所属の歌手たちによる『コロムビア大行進』は昭和38年から昭和60年まで定期的に実施されていたコンサートで、この日は29年ぶりの復活となった。この日75回 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(1)石川さゆりの絶唱「感動で身震いがした」

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

【関連記事】 演歌の名盤BEST100(3)山本譲二が明かす「みちのくひとり旅」秘話 演歌の名盤BEST100(5)角盈男「巣鴨で会いましょう」をデュエットで 演歌の名盤BEST100(4)坂本冬美が「また恋」&「夜桜お七」歌唱指導 演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済 “淳子超え”で、路線変更した百恵の「青い果実」 [全文を読む]

フォーカス