毛利元就 大河に関するニュース

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

10代女性はそこまで戦国武将に興味がないのか、ダントツ知名度がある織田信長関連の人が多く上がっている一方で、50代男性はNHK大河が出てきた黒田官兵衛や毛利元就、竹中半兵衛など、大河の主役になった戦国武将に票が集まっている印象がありました。ここまで見てきたところ、やはりNHKの大河で取り上げられた人物は知名度が上がるのか、全体的に人気が高い傾向にアリ! そ [全文を読む]

【今週の対決】「大河ドラマ検定」に挑戦してみた!

WEB女性自身 / 2016年06月13日06時00分

【問題】主演が歌舞伎俳優でないものはどれでしょう? (1)『毛利元就』(2)『元禄撩乱』(3)『北条時宗』(4)『武蔵 MUSASHI』 これは(3)の主演が和泉元彌(狂言師)と知っていたので正解。ちなみに(1)は中村橋之助、(2)は中村勘三郎(当時・勘九郎)、(4)は市川海老蔵(当時・新之助)。こうしてみると大物が主演を務めていたことをあらためて実感。 [全文を読む]

郷土意識の強い県民性…大河で注目の「山口県トリビア5」

WEB女性自身 / 2015年02月07日12時00分

本をただせば、毛利元就の三矢の教えからきていると思われますが、世話好きで、仲間意識が強いのが特徴でもあります」 こう語るのは、県民性研究の第一人者、ナンバーワン戦略研究所の矢野新一さん。吉田松陰をはじめ、明治維新の原動力となった幕末の志士たちが誕生した地、山口県。今年の大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台が長州藩とあって、今年最も注目されている場所の1つだ。 そこで [全文を読む]

V6岡田准一の大河ドラマ主演で見えてくるジャニーズのNHK戦略

東京ブレイキングニュース / 2013年12月19日10時30分

とくに森田剛はNHK大河ドラマとも縁が深く、『八代将軍吉宗』(1995年)、『毛利元就』(1997年)、そして一昨年の『平清盛』(2012年)でも平時忠という重要な役どころを担い、俳優としての存在感を強くアピールしている。井ノ原快彦はいうに及ばず、NHKで朝の情報番組『朝イチ』(月~金:朝8時15分~9時45分)が絶好調だ。同時間帯では視聴率10%を超える [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(1)平均視聴率40%「独眼竜政宗」が変えた大河の歴史

アサ芸プラス / 2013年03月12日09時54分

このあと続く『武田信玄』『毛利元就』などとともに、結果的にご当地大河ブームの先駆けとなりましたね」 しかし、特大ヒットしたとはいえ、「政宗」にも大河ドラマならではの気苦労が絶えなかった。 「大物俳優が勢ぞろいしているだけに、オープニングのキャストのクレジットの順番の調整も大変だった。主役の渡辺謙がトップ。トメは秀吉役の勝新太郎。そうすると、父親役の北大路欣 [全文を読む]

『戦国無双 ヴォーカル・ベストCD』に“加藤清正”の新曲収録!

リッスンジャパン / 2012年03月31日08時00分

描き下ろしのジャケットイラストも必見です!ファミ通.com ゲームミュージックダウンロード----2012.3.28 ON SALE『戦国無双 ヴォーカル・ベストCD』<Disc1>1. 仰ぎて天に愧じず (真田幸村・石田三成・直江兼続)2. 天翔ける竜の如く (伊達政宗)3. 風と雲の掟 (竹中半兵衛・黒田官兵衛)4. 明鏡止水 ~もののふが道~ (真田 [全文を読む]

徳川家康も真田昌幸も!なぜ戦国時代の「人質」から多くの英傑が生まれたか

サライ.jp / 2017年04月30日19時00分

■人質は英才教育の対象毛利元就は、中国地方の小勢力の頭に過ぎなかった。16世紀前半の中国地方は、東の尼子と西の大内という二大勢力が鎬を削っていた。逆に言えば、それ以外の豪族はどちらかへの従属を余儀なくされていたのだ。元就は当初、尼子経久の傘下に入っていた。それが途中で大内義隆へ鞍替えし、その際に嫡男の少輔太郎を大内氏の拠点である山口に人質に出した。つまり毛 [全文を読む]

片岡鶴太郎 『軍師官兵衛』で鼻を赤く塗った理由

NEWSポストセブン / 2017年04月09日16時00分

ただの天上人より、やっぱり悪役がいいですから」 その後も、大河では『毛利元就』では野心家の家老・井上元兼、『軍師官兵衛』では身勝手な主君・小寺政職と、主人公に立ちはだかる役を演じている。 「元兼は監督から『田中角栄』でやってくれと言われました。ですから、『計算に強い野心家』というのは意識しましたね。 小寺の時は『金子信雄でやってください』です。『仁義なき戦 [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

その覇業を成し遂げたのは毛利元就である。そして元就は、当時としては長生きだった。その間に嫡男の隆元を失っている。そこで元就は、隆元の息子輝元に毛利本家の家督を譲り、彼の補佐をふたりの叔父に任せることにした。「ふたりの叔父」とは、吉川元春と小早川隆景。毛利はこの「両川」に支えられていたのだ。その効果が、1582年に発揮された。本能寺の変である。■秀吉の恩人織 [全文を読む]

武井咲、出演ミスったドラマの評判

NewsCafe / 2015年07月27日16時00分

彼女は『想い出にかわるまで』(TBS)やNHK連続テレビ小説『ひらり』、NHK大河『毛利元就』など、過去に大ヒット作を輩出してきましたが、寄る年波には勝てず、感性が鈍ってきたとしか思えません。今のOLには内舘氏が若い時代とは違っていて、違和感がありすぎます」 ネットでは第1話のお茶出し拒否シーンが最も話題になったとか? 「武井が『課長がお茶出ししてください [全文を読む]

フォーカス