巌流島 佐々木小次郎に関するニュース

藤波辰爾が“ベテランアスリートの闘う信念”を語る! ボートレースGI名人戦に際して特別対談実現

PR TIMES / 2012年03月27日10時28分

巌流島の決闘から400年の時を経て、再び下関で決戦! 満48歳以上のボートレーサーのみで闘われる「GI名人戦」が4月に開催。58歳にして現役プロレスラーとして活躍する藤波辰爾さんが巌流島に上陸。ベテランアスリートが闘いに臨む心構え、マインドについて熱く語ります。 レジャーチャンネルでは、GI名人戦特別番組「マスター・オブ・ボートレース! 巌流島決戦!下関 [全文を読む]

<逃亡した武蔵や小次郎がいない史実?>吉川英治の「宮本武蔵」は創作だからこそ面白い

メディアゴン / 2015年07月24日11時02分

下関市在住のある郷土史家が宮本武蔵と佐々木小次郎の真実を知りたくて舟島(船島、巌流島)の明治時代を土地登記簿謄本から調査し直した事がある。写真も明治以降現代に至るまで数十点を集め、江戸時代の舟島の絵図面や錦絵まで検証した。地元の古老にも伝承を取材した。その結果、舟島は武蔵と小次郎の決闘以降、自然の変化(潮流による土砂の堆積、または侵食)と戦前の三菱造船の軍 [全文を読む]

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘アニメで北九州市をPR!YouTubeで『KITAKYUSHU PRIDE 十番勝負』(全10話)を公開

@Press / 2017年03月31日10時30分

【主人公について】 小次郎は、小倉藩(現北九州市)を治めていた細川家に仕え、小倉城下に道場を開いていたといわれている人物で、その小次郎と巌流島で決闘を行ったのが、諸国修業中の武芸者・宮本武蔵。二人が決闘をしたとされる巌流島は、現在下関市とされており、決闘があった慶長17年(1612年)当時は、小倉藩に属していました。武蔵はこの決闘の結果、小次郎に勝ち、そ [全文を読む]

宮本武蔵 生涯無敗伝説の裏で一揆衆の「投石作戦」に完敗

NEWSポストセブン / 2017年03月29日16時00分

* * * 二刀流を使う生涯無敗の剣豪で、「巌流島の闘い」では宿敵・佐々木小次郎を一刀で打ち倒した──多くの人が持っている宮本武蔵のイメージは、歴史作家吉川英治の小説『宮本武蔵』によるところが大きい。実は武蔵の事跡を書き記した一次史料はほとんどなく、その実像は明らかとなっていないのだ。 二次史料ながらも武蔵を直接知る養子・宮本伊織の手によるものが、九州小 [全文を読む]

宇梶剛が熱演『くまもと移住前夜・宮本武蔵』がコミカルで感動的

しらべぇ / 2017年02月26日21時00分

巌流島の決闘のようにいつまでたっても会場に来ない武蔵に、「遅い、遅いぞ武蔵!」と業を煮やす本位田又八を見て「あ、それボクのセリフ」とニヤっとする佐々木小次郎。和気あいあいとしている中、鬼気迫った表情で宇梶剛演じる武蔵が登場。熊本へ行く理由を話そうとする武蔵を、ロックのノリで大騒ぎして迎えたり、武蔵が感謝の気持ちを込めて手作りした木彫りの「くまモン」に一同が [全文を読む]

約400年前、2度の大地震のあと宮本武蔵は熊本へ移住していた!復興の度に強く生まれ変わってきた熊本への移住を宇梶剛士さん扮する宮本武蔵がアツく勧める『くまもと移住前夜・宮本武蔵』 本日公開。

PR TIMES / 2017年02月15日14時12分

送別会に出席しているのは武蔵の他に、武蔵の弟子の宮本伊織や佐々木小次郎たち(巌流島の決闘で佐々木小次郎は死んでなく、仲良くなったという設定なのです)がいます。物語は、武蔵の送別会をコミカルに描いていきますが、ラストに別れのシーンで、武蔵が熊本に行く本当の理由を語ります。約400年前にも熊本では2度の大地震があり、武蔵が移住したのは、そのあと。[画像1: h [全文を読む]

巌流島に行かず武蔵を作り吉良邸から泉岳寺を歩かず忠臣蔵を語る三流

まぐまぐニュース! / 2016年02月23日03時10分

巌流島や忠臣蔵を巡るエピソードを交えながらわかりやすく解説してくださっています。 まず行く行動力 私の生まれ育った場所は、福岡県北九州市の門司港という場所で、山口県下関市と関門海峡を挟んだ場所にある、九州の玄関口とも言える場所です。 この関門海峡には、多くの日本人がよく知る、とても有名な歴史的な場所があります。それは、「巌流島」です。宮本武蔵と佐々木小次郎 [全文を読む]

<板垣恵介の漫画「刃牙道」が描く宮本武蔵の真実>佐々木小次郎は剣豪武蔵のライバルだったのか?

メディアゴン / 2015年10月12日15時00分

本家・吉川英治氏が「小説宮本武蔵」は「自分の創作だ」と説明しているにも関わらず、我が国の中学校の社会科の先生ですら、「宮本武蔵は巌流島で佐々木小次郎と決闘した武士」という認識である。筆者が以前、「<逃亡した武蔵や小次郎がいない史実?>吉川英治の「宮本武蔵」は創作だからこそ面白い」(http://mediagong.jp/?p=10872)と書いたことの答え [全文を読む]

清原和博に「新・総合格闘技“巌流島”」が転向オファー!(1)格闘技界との浅からぬ関係

アサ芸プラス / 2015年04月04日09時55分

打撃によるKO、TKOや、立ち関節&絞め技のギブアップ、判定でも決着がつけられます」(格闘技関係者) この新・総合格闘技「巌流島」実行委員会に名を連ねるのは、馳浩、篠原信一、魔裟斗、旭道山、舞の海‥‥といった、格闘界のそうそうたる面々。 旗揚げ大会は2月28日に東京・ディファ有明で開催、CSフジテレビONEで放送された。参加した選手の出身競技はカポエイラ、 [全文を読む]

宮本武蔵「流派をもつ剣術をまともに学んだ史実ない」と歴史家

NEWSポストセブン / 2013年03月11日16時01分

試合に遅れる、前もって隠れるなどの手段は、従来の剣術の常識からは考えられないものですから、武蔵はあらゆる点で徹底して勝ちに拘った剣豪だったといえます」 確かに、武蔵に関する逸話として、最も広く知られる佐々木小次郎との巌流島決戦でも武蔵は3時間以上もわざと遅れているが、そこは現代のスポーツ競技などとは異なる己の生死を懸けた闘い。それを少しでも自分に利するよう [全文を読む]

龍馬、武蔵…他 「銅像巡礼」の醍醐味を歴史好き写真家語る

NEWSポストセブン / 2012年06月27日07時00分

ここで紹介する写真は、山口県下関市巌流島に2003年に設置された、宮本武蔵と佐々木小次郎の銅像だ。 “二刀流の祖”宮本武蔵(銅像右)は、江戸初期の剣術家。29歳頃まで諸国を歴遊し、60回戦って無敗であったという武勇伝が残る。この銅像の立つ巌流島の戦いは歴史に刻まれる名勝負。剣法“つばめ返し”を編み出した剣術家・佐々木小次郎(銅像左)を破った決戦は伝説化さ [全文を読む]

知ってた? 4月13日は“決闘の日”

Entame Plex / 2017年04月13日12時00分

これは慶長17年4月13日、船島(巌流島)で宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われたことがその由来。そんな記念日にちなみ、ふたりの“現代の侍”を捉えた映画『武曲 MUKOKU』の本ビジュアルと、決闘に臨む男たちを捉えた新場面写真が解禁となった。 『私の男』の熊切和嘉が監督を務める本作は、綾野剛演じる主人公・研吾と、ラップのリリック作りに夢中だが死に魅せられた [全文を読む]

高橋李依&堀江由衣が続投決定で早見沙織も追加!“えこひいき”された中田譲治は退場に【まほプリ(ほぼ)全話レビュー】

おたぽる / 2016年06月08日19時30分

それにしても、ガメッツとの決戦の地は宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の決戦でも意識したのか遠すぎ! ガメッツも「もっと近くにすれば良かったか……」と、さすがに反省する一方で、みらいは「待っててくれるかな?」と、まるでデートの待ち合わせのような言い方。到着したら「来たよー!」と、友達のように声をかけたりとなんとも脱力気味な戦いの火ぶたが切って落とされた。 い [全文を読む]

4月アニメ「文豪ストレイドッグス」も連載!WEBコミック誌「ピクシブエース」4月7日(木)創刊!

PR TIMES / 2016年04月07日13時49分

女子な「佐々木さん」と男子な「宮本くん」、巌流島のライバル同士の熱き戦いが、今、現代によみがえ…る!? 追って追われてのラブコメディスタート! 『私と仔猫と、ときどき、君と。』鶴見悠 高校生・綾倉透花は平穏なスクールライフを送っていた。ある日突然、今までほとんど話したことのなかったクラスメイト・深瀬に、「仔猫を預かってほしい」と頼まれてしまう。透花は深瀬の [全文を読む]

キムタクを過剰に引き立てる、テレ朝『宮本武蔵』の接待手腕?実力脇役俳優をコケに

Business Journal / 2014年03月19日22時00分

ところが……あれ? クライマックスの「巌流島の闘い」のあまりのあっけなさ。そもそも史実自体がハッキリわかっていないというか、誰も真実を知らないから、いろいろと描ける「使い勝手のいいシーン」であるはず。それなのに沢村、木刀でパコーンと殴られて終わり。え? これで終わり? それでいいの? 沢村はテレ朝だと、いつも損な役回りだ。昨年放送された連続テレビドラマ『D [全文を読む]

鬼を殺した刀、長すぎる刀…オタク垂涎あの名刀の仰天伝説!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月30日11時30分

巌流島での宮本武蔵との戦いでも使用したこの刀の長さは、およそ1m。「なんだ。物干し竿なんて言うほど長くないじゃないか」と思った人もいるかもしれないが、実は彼がこの刀を使っていたのは江戸幕府を開いた徳川家康が刀の長さを2尺8寸9分(約87.5cm)以内にするように定めたあとのこと。やはり長い刀は斬るのに適しておらず、そのせいで武蔵に負けたと思っている人もいる [全文を読む]

フォーカス