受難 岩佐真悠子に関するニュース

【エンタがビタミン♪】岩佐真悠子 “三十路”ショットに感慨「まだ10代の女の子だったのに」

TechinsightJapan / 2017年02月25日19時05分

その後2013年公開の映画『受難』にフランチェス子役で主演して『第23回日本映画プロフェッショナル大賞 新進女優賞』を受賞する。 バラエティ番組では本音で話すキャラクターで注目され、明石家さんまとのトークで泣いてしまうこともあった。また、妄想ドラマで山里亮太の恋人役を演じキスシーンが話題となったこともある。そんな岩佐真悠子の“三十路”ショット公開に、当時の [全文を読む]

岩佐真悠子 フルヌードで疾走も「大したことない」

WEB女性自身 / 2013年12月05日00時00分

12月7日に公開を控えた映画『受難』のPR会見が5日に都内で行われ、主演の岩佐真悠子(26)が登場した。 原作は「映像化は不可能」と言われた姫野カオルコの同名小説。修道院育ちの穢れなき乙女・フランチェス子(岩佐)の女性器に突然人面瘡ができ、奇妙な共同生活を送るというストーリーだ。 今回、フルヌードで疾走するというシーンにも挑戦した岩佐。「脱いでしまえば大し [全文を読む]

自ら「ヤリマン」を公言!? 奔放すぎる女優・岩佐真悠子がエロキャラ開眼

メンズサイゾー / 2013年11月22日16時00分

女優の岩佐真悠子(26)が20日、主演映画「受難」の女性限定試写会に出席し、上映前のトークショーで赤裸々発言を連発した。 直木賞候補になった姫野カオルコ氏の小説を原作にした同作は、岩佐が性器に人面瘡ができてしまった処女の修道女・フランチェス子を演じる。劇中では初のフルヌードや過激な濡れ場に挑んでおり、全裸での全力疾走するシーンまであるという注目作だ。 トー [全文を読む]

【ウラ芸能】岩佐真悠子、エロ路線解禁のワケ

NewsCafe / 2013年11月30日15時00分

デスク「女優、岩佐真悠子(26)が主演映画『受難』(12月7日公開予定)でフルヌードになってるって!?」記者「はい。原作は直木賞候補になった姫野カオルコ(55)の小説。岩佐は性器に人面瘡ができてしまった処女の修道女役で、濡れ場も見せています」デスク「ほぉ~、聞くだけですごい内容だけど、いいの? 岩佐って清純派女優の枠かと思ってたよ」記者「路線変更というより [全文を読む]

元仮面ライダーヒロイン・芳賀優里亜、25歳での“フルヌード挑戦”に絶賛の声!

メンズサイゾー / 2013年10月30日22時20分

12月に公開される映画『受難』で女優の岩佐真悠子がフルヌードを披露することで話題となったが、また1人、映画でヌードに挑戦する女優が現れた。『仮面ライダー555(ファイズ)』(テレビ朝日系)のヒロインなどで知られる女優の芳賀優里亜が、主演映画『赤×ピンク』(来年2月公開)でフルヌードを披露することが明らかになったのだ。 同作は、直木賞作家・桜庭一樹のライトノ [全文を読む]

全裸での疾走シーンも!? 岩佐真悠子、満を持してフルヌード公開!

メンズサイゾー / 2013年09月27日21時00分

女優の岩佐真悠子が12月7日公開の映画『受難』に主演し、フルヌードに初挑戦することが明らかとなった。原作は小説家の姫野カオルコが1997年に発表して直木賞の候補作になった同名小説で、修道院で育った処女の主人公・フランチェス子の陰部に突然、人の顔をしたできもの「人面瘡」ができてしまうというストーリーだ。フランチェス子は人面瘡から「お前はダメな女だ!」と罵倒さ [全文を読む]

フォーカス