台東区 松が谷に関するニュース

未来を担う子供たちに、地域のはたらく豊かさを! 「はたらく体験ラボ」開催

DreamNews / 2016年11月17日16時00分

ES組織づくりの有限会社人事・労務(東京都台東区)は、「未来を担う子供たちに地域ではたらく豊かさを!」をコンセプトに、「はたらく体験ラボ」を開催いたします。有限会社人事・労務(=東京都台東区 代表取締役社長 矢萩大輔)は、一般社団法人日本ES開発協会(=東京都台東区 代表理事 金野美香)協力のもと、勤労感謝のある月にちなんで、11月19日(土)に、同一般社 [全文を読む]

大竹農園×熊澤酒造 すべて茅ヶ崎産! 次世代へのおもいでつながる!日本酒をお米から作る会 開催

DreamNews / 2017年05月12日18時00分

6月4日(日)、有限会社人事・労務「田心マルシェ」(東京都台東区、代表:矢萩大輔)と903 City Farm推進協議会は、「すべて茅ヶ崎産!日本酒をお米から作る会」を開催する。田植え体験とトークセッションで身体と頭を動かす、という内容だ。活動後は、地元茅ヶ崎の豊かな食材と美味しいお酒を手にバーベキューを開催し、地域の豊かさを目一杯満喫する。有限会社人事・ [全文を読む]

LIFEとWORKを豊かにしたい!“新しいはたらくカタチ”を創造する手帳 「持つだけで社会とつながるGATE手帳」発売

DreamNews / 2017年02月21日09時00分

有限会社人事・労務(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、LIFEとWORKを豊かにし“新しいはたらくカタチ”を創造する手帳「持つだけで社会とつながるGATE手帳」を発売しました。GATE手帳は、アドラーのポジティブアクション、認知行動モデル理論をもとに開発され、豊かなつながりの中で、自分らしさを最大限に発揮し、ソーシャルイノベーションを起こす、次世代のリーダ [全文を読む]

ソーシャルデザインのキュレーションサイト開設 「ソーシャルデザインラボ -Social Design Labo-」掲載者募集

DreamNews / 2017年01月25日10時30分

有限会社人事・労務(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、個でも組織でもなく「つながり」の中で、自分らしい、新しいはたらくカタチの実現を後押しする情報サイト「ソーシャルデザインラボ」を開設しました。有限会社人事・労務(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、個でも組織でもなく「つながり」の中で、自分らしい、新しいはたらくカタチの実現を後押しする情報サイト「ソーシャル [全文を読む]

営利から非営利の時代へ! 非営利組織の事務局運営サポートサービスを開始

DreamNews / 2016年07月25日18時00分

有限会社人事・労務(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、自律した個人がより社会性のあるつながりを求めるこれからの時代を見据えて、「創発の起こる」イノベーティブな組織の「場づくり」をサポートするサービスを始めました。有限会社人事・労務(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、自律した個人がより社会性のあるつながりを求めるこれからの時代を見据えて、「創発の起こる」イノ [全文を読む]

小冊子『進む!!ダイバーシティ経営!!農福連携で未来から選ばれるローカル企業に』発刊

DreamNews / 2016年05月17日13時30分

農業関係者向け農業経営HP「われらまちの農縁団」を運営する有限会社人事・労務(東京都台東区)は、最近農業関係者から多く相談を受ける人手不足や採用難の課題解決のために、「農福連携」を提案するため、小冊子『進む!!ダイバーシティ経営!!農福連携で未来から選ばれるローカル企業に』を発刊いたしました。有限会社人事・労務(東京都台東区)は、平成28年5月17日に、農 [全文を読む]

業界初!民間の無料農業経営支援サイト~脱!家族経営~「われらまちの農縁団」オープン

DreamNews / 2015年09月08日12時00分

有限会社人事・労務(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、民間企業として農業業界初となる、ICTの技術を活用した無料農業経営支援ポータルサイト「われらまちの農縁団」をオープンしました。地方で暮らし農業を営む農業経営者の方に、士業をはじめとした経営の専門家が「まち」から知識と情報を発信し、「脱 家族経営」を実現して、持続的に経営するサポートをすることが当サイトの [全文を読む]

平成28年熊本震災『農業関連対策支援』に関する掲示板を開設

DreamNews / 2016年04月26日14時00分

有限会社人事・労務「われらまちの農縁団」(東京都台東区、代表:矢萩大輔)では、農業関係者および被災された皆様の震災からの一刻も早い復旧・復興を願い、農業関連対策支援に関する掲示板を開設いたしました。 農業経営は、天候に大きく左右され、労働時間に上限がないなど法的にも特殊なことから、弊社の経験と多様性を活かして農業経営者をサポートさせていただいております。 [全文を読む]

平成28年4月からの農地法改正に対応!改訂版最新小冊子『脱 家族経営!若者に魅力のある農業経営のレシピ教えます。』発売

DreamNews / 2016年01月15日13時00分

有限会社人事・労務の「われらまちの農縁団」(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、平成28年4月から改正になる農地法に対応した最新の小冊子『脱 家族経営!若者に魅力のある農業経営のレシピ教えます。』を平成28年1月31日より発売開始します。日本の農業法の中核である農地法が平成28年より改正となり、具体的には(1)農業生産法人を農地所有適格法人とすることで、文字 [全文を読む]

農業業界初の無料農業経営支援ポータルサイト「われらまちの農縁団」登録会員対象小冊子「農業経営者のための今から備えるマイナンバー制度対策」プレゼント開始

DreamNews / 2015年10月06日09時00分

有限会社人事・労務の「われらまちの農縁団」(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、民間企業として農業業界初となる、農業経営者向けのマイナンバー制度対策に関する小冊子「農業経営者のためのマイナンバー制度対策」を発行し、無料会員登録をされた方を対象に小冊子を提供するサービスを2015年10月中旬より開始します。「マイナンバー制度」は、マイナンバー通知書が今年11月 [全文を読む]

われらまちの農縁団~秋の収穫祭開催!!inアルパカファーム~都市脱却903農縁プロジェクト~

DreamNews / 2015年10月05日18時00分

有限会社人事・労務の「われらまちの農縁団」(東京都台東区、代表:矢萩大輔)は、これからの時代にマッチした新しい時代の新しい働き方を重点的な取り組みの1つとして、日本人の“働くこと”の原点である農業分野に注力しています。“われらまちの農縁団”という農業経営支援サイトを立ち上げ、都市とローカルを結びながら、ローカルの主役である農家さんの問題を一緒になって取り組 [全文を読む]

平成28年1月1日にマイナンバー制度スタートに伴い有限会社人事・労務はマイナンバー制度に関する様々なコンサルティングメニューを平成27年6月1日よりスタート

DreamNews / 2015年06月03日17時00分

有限会社人事・労務(東京都台東区 社長 矢萩大輔)は会社経営者、人事担当者を対象に、マイナンバーに関する様々なコンサルティングメニューを平成27年6月1日よりスタートさせた。マイナンバーは、住民票を持っている全ての人に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で利用することを目的としています。マイナンバー制 度が導入されると、複数の機関に存在する [全文を読む]

書籍「定年破産はこう防げ」~60歳からの働き方と保険・年金のもらいかた~の出版に伴い、3月3日よりamazonキャンペーンを実施!!

DreamNews / 2015年03月02日17時00分

(有)人事・労務(東京都台東区 代表 矢萩大輔)は、2015年2月16日に「定年破産はこう防げ」~60歳からの働き方と保険・年金のもらいかた~(かんき出版1500円+税)を発売しました。本書では年金支給年齢が引き下げられ、また、支給額も減額される見通しの中で、どのように年金や保険を活用しながら働いていくべきかということをわかりやすく解説している。また社会保 [全文を読む]

<平成27年4月1日改正法施行にあたり> 外国人雇用の実務についての小冊子配布スタート

DreamNews / 2015年02月27日13時00分

有限会社人事・労務(東京都台東区 社長 矢萩大輔)は、ホームページ上で小冊子の配布サービスを3月1日よりスタートします。通常価格500円のところを、農家さんや農業関連者の方には無料で配布します。外国人の違法な採用や、日本の仕事観・文化を無視しての雇用は、その企業だけでなく、周辺地域にまで大きな問題となりかねません。しかし、グローバル化や外国人労働者歓迎の時 [全文を読む]

無料小冊子 意外と知らない海外赴任&海外出張の実務の配布スタート

DreamNews / 2015年02月26日09時00分

有限会社人事・労務(東京都台東区 社長 矢萩大輔)は会社経営者、人事担当者を対象に、ホームページ上で無料小冊子の配布サービスを平成27年2月26日よりスタートさせる。ビジネスのグローバル化に伴い、社員が海外に駐在することが珍しくない世の中になりました。ただ、中小企業において海外赴任や海外出張が適正に行われていないケースもあり、出国した従業員とトラブルになっ [全文を読む]

「第5回秋の大感謝祭! Good Job グリーンフェス」 ~ローカル×はたらくをテーマに:地域への愛着を仕事観に生かす~

DreamNews / 2014年11月18日09時00分

社会保険労務士、キャリアコンサルタント等の国家資格者、経営者、学生の団体からなる日本ES開発協会(東京都台東区、代表理事:金野美香 )は、「日本の未来の“はたらく”を考える」をテーマに、勤労感謝の11月の行事として、春日部市庄和総合公園にて、今年で5回目となる「グリーンフェス」というイベントを行う。 「人に地域に環境にやさしい=グリーン」というコンセプトの [全文を読む]

当日は人気キャラクターくまモンも登場!熊本地震復興支援バザー開催!4/22(土)台東区松葉小学校にて

PR TIMES / 2017年04月20日13時53分

~食育セミナーや熊本熊本県内9蔵による日本酒の試飲卸売会も~ 魚家株式会社(本社:東京都墨田区緑)は、4月22日(土)に、台東区松葉小学校にて熊本地震発生1年を迎えた復興支援バザーを開催いたします。 当日は、会場に熊本県を代表するゆるキャラ「くまモン」が登場し、くまモン体操をみなさまで踊り、イベントを盛り上げます。また、熊本県産の青果・果物・加工食品の販売 [全文を読む]

日光街道まるっと学び舎プロジェクトの記念講演「会社と街のかかわり方とかわり方を考えるダイアログ」~つながりを生み出す、会社と自分の未来コミュニティ~

DreamNews / 2015年05月14日15時00分

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記まで 一般社団法人日本ES開発協会事務局(有限会社人事・労務内) 瀬戸山・小保内 【TEL】03-5827-8217【FAX】03-5827-8216 【住所】〒111-0036東京都台東区松が谷3-1-12 松が谷センター5F 【メール】info@jinji-roumu.com 【日本ES開発協会HP】htt [全文を読む]

北海道産の毛蟹1杯と1本分の大根が入った老舗料理店の絶品鍋

NEWSポストセブン / 2014年12月01日16時00分

仕事仲間や家族、大切な人と囲みたいちょっとリッチな「ぜいたく鍋」としてここで紹介するのが、牧野(東京・台東区)の「毛ガニ大根鍋」(2万520円。4~5人前)だ。 北海道産の毛蟹1杯と短冊切りにした1本分の大根が入る、老舗ふぐ料理店の名物鍋。白味噌仕立てのスープは鷹の爪入りでピリッと辛く、蟹味噌と最後に入れるバターがコクを加える。蟹の身もさることながら、その [全文を読む]

「第31回 かっぱ橋道具まつり」を10月7日(火)~10月13日(月・祝)開催

PR TIMES / 2014年09月01日17時43分

《第31回 かっぱ橋道具まつり 概要》・主 催 :東京合羽橋商店街振興組合・後 援 :台東区、ときめきたいとうフェスタ推進委員会、(公社)青森県物産振興協会、岩手県、 (公社)宮城 県物産振興協会、 (一社)えがお福島、栃木県JAうつのみや・うつのみや農産物ブランド推進協議会、 (公財)群馬県観光物産国際協会、茨城県つくば市、新潟県柏崎観光協会・協 賛 : [全文を読む]

フォーカス