近松門左衛門 曽根崎心中に関するニュース

「フラメンコ 曽根崎心中」4月2日より開幕!~ 新たな書き下ろし曲を加え、進化した舞台を披露 ~

@Press / 2014年03月14日10時30分

オフィスドラゴンは、舞踏劇「フラメンコ 曽根崎心中」(近松門左衛門原作、阿木燿子プロデュース、宇崎竜童音楽監督、鍵田真由美主演、佐藤浩希主演・演出・振付)を2014年4月2日(水)~6日(日)の間、新国立劇場 中劇場にて全6ステージ上演致します。「フラメンコ 曽根崎心中」公式ページhttp://sonezaki.jp/「曽根崎心中」は、日本を代表する劇作家 [全文を読む]

時代劇が初の受賞! 第34回向田邦子賞はNHK木曜時代劇「ちかえもん」に決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月08日17時30分

受賞作品の「ちかえもん」は、主人公の中年作家・近松門左衛門が元禄時代を代表する人形浄瑠璃である「曽根崎心中」を書き上げるまでを描くオリジナルの時代劇。近松が現代語を喋り、昭和の名曲を替え歌で口ずさむなど、時代劇らしくないキャラクターとセリフが人気を博した。主人公の近松門左衛門には松尾スズキ、そのほか青木崇高、優香、小池徹平、北村有起哉など実力派俳優たちが [全文を読む]

青木崇高、「ちりとてちん」制作の地に凱旋!

Smartザテレビジョン / 2015年11月13日22時48分

「ちかえもん」は近松門左衛門の人形浄瑠璃の傑作「曾根崎心中」の誕生秘話を大胆に創作した人情喜劇。 スランプに苦しむ中年作家・近松(松尾)は、行きつけの店で謎の渡世人・万吉(青木)と出会う。人情深い万吉に巻き込まれ、周囲のもめ事の解決に奔走する中で、人間のたくましさと本物の愛を見いだした近松は、やがて傑作「曽根崎心中」を書き上げる。 かつてNHK大阪放送局 [全文を読む]

観月ありさが舞台「GS近松商店」の製作発表に登場!

Smartザテレビジョン / 2015年08月20日20時25分

「GS近松商店」は近松門左衛門の「女殺油地獄」と「曽根崎心中」をモチーフに設定を現代の関西地方の片田舎、寂れたガソリンスタンドに置き換えた“愛憎劇”。このガソリンスタンド「近松商店」を切り盛りする菊子を演じる観月は、「新歌舞伎座5周年という記念の公演に参加できてとても光栄に思っています。近松(門左衛門)が描き続けた“生と死の世界”、この難しいテーマを頑張っ [全文を読む]

【なんばオリエンタルホテル】国立文楽劇場「文楽観賞教室 曽根崎心中」観賞付宿泊プランを提供

PR TIMES / 2015年04月27日10時09分

文楽を初めてご覧になる方にもお楽しみいただける「文楽鑑賞教室」は、牛若丸と弁慶の出会いを描く「五条橋」、出演者によるわかりやすい解説「文楽へようこそ」と、見ごたえのある近松門左衛門の名作「曽根崎心中」を体感いただける内容となっております。 「大阪体感」をコンセプトとしたなんばオリエンタルホテルでは、ホテルから徒歩5分に位置する国立文楽劇場での伝統芸能「文 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

近松門左衛門が「曽根崎心中」を発表するまでのいわゆる前日譚(エピソード0)を創作も交えてドラマ化したもの。『ちりとてちん』の藤本有紀サンの脚本で、同ドラマで向田邦子賞を受賞。まさに、時代劇の新たな可能性を見せてくれましたね。主演の松尾スズキさんの演技も光りました。6位(1票)■『重版出来!』(TBS系)「古風な役柄がピカイチの黒木華さんが現代劇でもあの可 [全文を読む]

レコ大企画賞受賞の蘭華 ワンマンライブ開催決定

dwango.jp news / 2016年11月25日18時38分

近松門左衛門の「曽根崎心中」に登場する遊廓の女達や、「源氏物語」で光源氏を愛した女達をヒロインにした『揺れる月』、一曲の中に俳句を何句も織り込んだ『美しき人生』、閑吟集の句を題材にして創作した『花籠に月を入れて』など文学的な楽曲が並ぶ。アートワークの部分でも本人のアイデアにより、大正ロマンの香りがする和洋折衷の洋館に着物姿や長襦袢姿で蘭華が佇み、竹下夢二 [全文を読む]

優香と結婚の青木崇高 現場好きで短パン姿で演技見学してた

NEWSポストセブン / 2016年06月17日16時00分

このドラマは、超スランプ中の近松門左衛門(松尾スズキ)が、妙な飴を売り歩くお調子者の万吉(青木)に翻弄されつつ、名作『曽根崎心中』を書くまでを描く。近松はなぜか「書けてなーい」とか「胸キュンキュンしたわしやった」など現代語でつぶやき、『傘がない』、『学生街の喫茶店』など名曲の独自カバー(替え歌)を歌いだす。 第五話では松尾スズキが赤穂浪士の格好で『フランシ [全文を読む]

余分な脂肪が!早見あかり、「妖艶遊女」なのに“あのライン”が気になる!?

アサジョ / 2016年02月25日09時59分

あの近松門左衛門が大ヒット作「曽根崎心中」を書くに至るまでが虚実を織り交ぜて描かれており、実に大人が笑えて楽しめるドラマに仕上がっている。「主人公の近松を演じる松尾スズキをはじめとする役者陣はもちろんのこと、脚本家から音楽、舞台装置といったスタッフ陣に至るまで、このドラマに関わっている全員が楽しんで作っているのが見ていてわかる。そこがこのドラマのいちばんの [全文を読む]

優香、ビジュアルの変化に厳しい声も...女優業では大きな武器に!?

メンズサイゾー / 2016年01月26日10時00分

このドラマは元禄時代に活躍した人形浄瑠璃作者の近松門左衛門が、傑作『曽根崎心中』を書き上げるまでを描いたもの。主人公の近松を演じるのは、自身も劇団を主宰する松尾スズキさん(53)で、彼を筆頭にかなり個性的なキャストがそろっている。時代劇とはいえ、『プレッシャーなんですけど』『胸キュン』といったセリフもあり、コメディ要素も満載な作品ですね。 その中で優香さん [全文を読む]

早見あかり、着物をはだけさせ木に縛りつけられ... 時代劇でワケあり遊女を熱演!!

メンズサイゾー / 2016年01月22日22時10分

同作は、元禄時代に活躍した人形浄瑠璃作者の近松門左衛門が、さまざまな人と出会いながら傑作『曽根崎心中』を書き上げるまでを描いたもの。近松を演じるのは、人気劇団を率いる劇作家の松尾スズキ(53)で、早見は小池徹平(30)扮する豪商の跡取り息子に恋心を寄せる"ワケあり遊女"を演じている。 第2話となったこの日は、客に対して不愛想な対応をした早見を高岡早紀(4 [全文を読む]

昔々の日本は良かったなんて大ウソ!? 毒親、毒子ばかり? 古典から知る残酷な親子関係

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月25日11時50分

関連情報を含む記事はこちら 『曽根崎心中』で有名な浄瑠璃作家・近松門左衛門。心中物を多く残しているが、著者によると、“毒親カタログ”として読むことができるという。心中の原因が、彼らの親につながることが多いからだ。 近松の著作『長町女腹切』(1712)では、欲深な継父が、継娘のお花を10年も女郎奉公させた上に年季をさらに伸ばそうと、恋人との仲を裂こうとする。 [全文を読む]

絵馬が「ふざけ過ぎ」と話題のお初天神に早速行ってみた

秒刊SUNDAY / 2013年09月03日11時58分

元禄16年(1703年)に境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書いた。以後、そのヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったという。現在でも、恋愛成就の神様として、多くの参拝者が訪れている大阪の人気スポットだ。 このお初天神の境内で、最も目を引くのが数々の恋愛成就の絵馬。のっぺらぼうのお初絵馬に [全文を読む]

フォーカス