人形浄瑠璃 近松門左衛門に関するニュース

ダメな奴らは、かわいらしい――NHK×松尾スズキ『ちかえもん』という虚実皮膜の痛快娯楽劇

日刊サイゾー / 2016年01月26日19時00分

本作は、近松門左衛門が人形浄瑠璃の傑作『曾根崎心中』を完成させるまでを描いたドラマだ。だが、近松が「芸の真実は、虚構と現実との微妙なはざまにある」と、「虚実皮膜」こそがフィクションの醍醐味だと説いたように、このドラマもまた、虚実皮膜の物語だ。だから近松本人のモノローグなのに、「教科書に載っている」だとか「大河ドラマでもナレーションさせてもらったことがある [全文を読む]

時代劇が初の受賞! 第34回向田邦子賞はNHK木曜時代劇「ちかえもん」に決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月08日17時30分

受賞作品の「ちかえもん」は、主人公の中年作家・近松門左衛門が元禄時代を代表する人形浄瑠璃である「曽根崎心中」を書き上げるまでを描くオリジナルの時代劇。近松が現代語を喋り、昭和の名曲を替え歌で口ずさむなど、時代劇らしくないキャラクターとセリフが人気を博した。主人公の近松門左衛門には松尾スズキ、そのほか青木崇高、優香、小池徹平、北村有起哉など実力派俳優たちが [全文を読む]

青木崇高、「ちりとてちん」制作の地に凱旋!

Smartザテレビジョン / 2015年11月13日22時48分

「ちかえもん」は近松門左衛門の人形浄瑠璃の傑作「曾根崎心中」の誕生秘話を大胆に創作した人情喜劇。 スランプに苦しむ中年作家・近松(松尾)は、行きつけの店で謎の渡世人・万吉(青木)と出会う。人情深い万吉に巻き込まれ、周囲のもめ事の解決に奔走する中で、人間のたくましさと本物の愛を見いだした近松は、やがて傑作「曽根崎心中」を書き上げる。 かつてNHK大阪放送局 [全文を読む]

近松演じる松尾スズキ「僕もヒット作書かなくては」

Smartザテレビジョン / 2016年01月05日22時50分

「ちかえもん」は、江戸時代の人形浄瑠璃作家・近松門左衛門の代表作「曾根崎心中」の誕生秘話を大胆に創作した人情喜劇。偶然出会った風変わりな渡世人・万吉(青木)のせいで、さまざまなトラブルに巻き込まれるスランプ作家・近松(松尾)は、その中で人間のたくましさを知り、執筆に生かしていく。 時代劇でありながら、松尾・青木の軽快な掛け合い、随所で折り込まれる松尾のツ [全文を読む]

優香、ビジュアルの変化に厳しい声も...女優業では大きな武器に!?

メンズサイゾー / 2016年01月26日10時00分

このドラマは元禄時代に活躍した人形浄瑠璃作者の近松門左衛門が、傑作『曽根崎心中』を書き上げるまでを描いたもの。主人公の近松を演じるのは、自身も劇団を主宰する松尾スズキさん(53)で、彼を筆頭にかなり個性的なキャストがそろっている。時代劇とはいえ、『プレッシャーなんですけど』『胸キュン』といったセリフもあり、コメディ要素も満載な作品ですね。 その中で優香さん [全文を読む]

早見あかり、着物をはだけさせ木に縛りつけられ... 時代劇でワケあり遊女を熱演!!

メンズサイゾー / 2016年01月22日22時10分

同作は、元禄時代に活躍した人形浄瑠璃作者の近松門左衛門が、さまざまな人と出会いながら傑作『曽根崎心中』を書き上げるまでを描いたもの。近松を演じるのは、人気劇団を率いる劇作家の松尾スズキ(53)で、早見は小池徹平(30)扮する豪商の跡取り息子に恋心を寄せる"ワケあり遊女"を演じている。 第2話となったこの日は、客に対して不愛想な対応をした早見を高岡早紀(4 [全文を読む]

坂本龍一総合監修『commmons: schola』第14巻が12月17日に発売

okmusic UP's / 2014年10月25日11時00分

雅楽、能・狂言、人形浄瑠璃といった日本が世界に誇る芸術音楽から、アイヌ音楽や民謡、NHK Eテレ「schola 坂本龍一 音楽の学校~日本の伝統音楽編」(2014年2~3月放送)では扱われなかった神楽など全国各地に根ざした民俗音楽、そして声明を始めとする宗教音楽と、古代から現代まで海外の影響を大きく受けながら独自の変化を遂げてきた日本音楽の魅力を紹介する [全文を読む]

絵馬が「ふざけ過ぎ」と話題のお初天神に早速行ってみた

秒刊SUNDAY / 2013年09月03日11時58分

元禄16年(1703年)に境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書いた。以後、そのヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったという。現在でも、恋愛成就の神様として、多くの参拝者が訪れている大阪の人気スポットだ。 このお初天神の境内で、最も目を引くのが数々の恋愛成就の絵馬。のっぺらぼうのお初絵馬に [全文を読む]

フォーカス