森見登美彦 夜は短し歩けよ乙女に関するニュース

映画『夜は短し歩けよ乙女』に学ぶ、素敵女子になるための3つのポイント

Suits-woman.jp / 2017年04月16日10時00分

人気作家の森見登美彦の原作『夜は短し歩けよ乙女』がついに映画化!現在、全国公開中です。監督は森見作品の『四畳半神話大系』などを手がけた、湯浅政明。キャラクター原案は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや書籍の装丁などを手がけている、イラストレーターの中村佑介。さらに声優には、星野源、花澤香菜、神谷浩史、ロバートの秋山竜次といっ [全文を読む]

超豪華キャスト&スタッフの全てを徹底解剖!星野源の撮り下ろし&インタビューも充実!『夜は短し歩けよ乙女 オフィシャルガイド』発売!

PR TIMES / 2017年03月28日14時25分

森見登美彦のベストセラー小説が遂にアニメ映画化! 映画「夜は短し歩けよ乙女」超豪華キャスト×スタッフで4月7日(金)ついに公開! 株式会社KADOKAWAは、映画「夜は短し歩けよ乙女」の全てを徹底解剖した『夜は短し歩けよ乙女 オフィシャルガイド』を4月8日(土)に発売いたします。 [画像: https://prtimes.jp/i/7006/3177/re [全文を読む]

「夜は短し歩けよ乙女」人気小説アニメの裏側 作者から見たビジネスの功利と作品への葛藤

東洋経済オンライン / 2017年03月28日11時00分

4月7日に劇場公開される『夜は短し歩けよ乙女』の原作者・森見登美彦氏は、4作品がアニメ化されるという、まさにアニメに愛された小説家。4月9日からは『有頂天家族2』の放送が開始され、森見作品がアニメにされるのは4作目(2010年『四畳半神話大系』、2013年『有頂天家族』)となる。小説のアニメ化は本の売り上げアップにつながる一方、小説家にとっては葛藤もあるよ [全文を読む]

星野源さん、花澤香菜さんのサインが当たる!? 『白日(ホワイトデー)は短し、訪ねよ(アニ)メイトキャンペーン』

DreamNews / 2017年03月07日12時00分

■権利表記:(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会■関連サイト: 『白日(ホワイトデー)は短し、訪ねよ(アニ)メイトキャンペーン』特設ページ:https://www.animate.co.jp/special/82853/ 映画「夜は短し歩けよ乙女」公式HP:http://kurokaminootome.com/<報道関係の方からのお問合せ先>株式 [全文を読む]

森見登美彦×湯浅政明「夜は短し歩けよ乙女」ブルーレイ&DVDが10月18日発売決定

映画.com / 2017年07月16日18時30分

[映画.com ニュース] 森見登美彦氏のベストセラー小説をアニメ化し、4月7日に公開された劇場アニメ「夜は短し歩けよ乙女」のブルーレイ&DVDが、10月18日に発売されることが決まった。 同作は、「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門のグランプリ(クリスタル賞)を受賞した湯浅政明監督をはじめ、森見氏の代表作「四畳半神話大系」 [全文を読む]

『2017年honto 4月月間ランキング』発表!~ドラマも好調『リバース (講談社文庫)』が総合ランキング第1位~

PR TIMES / 2017年05月10日11時00分

年代別ランキングは、20代で森見登美彦『有頂天家族 2 二代目の帰朝 (幻冬舎文庫)』と『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』がワンツーフィニッシュ。ファンタジー小説は、若い世代に刺さるようですね。2017年の動向にますます目が離せません。(honto広報担当:土佐 勝彦)[画像: https://prtimes.jp/i/9424/152/resize/ [全文を読む]

映画『夜は短し歩けよ乙女』で新妻聖子が”唯一無二の歌声”披露

dwango.jp news / 2017年04月07日11時51分

森見登美彦原作の2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計130万部を超えるベストセラー小説で、京都を舞台に描かれる、どこかファンタジックな青春恋愛物語。 星野源が主演、湯浅政明が監督を務めることでも話題となっている本作。 新妻は、ロバート秋山演じる「パンツ総番長」を支える演劇部に所属する女子大学生で、ゲリラ演劇の舞台監督「紀子さん」役で出演。もちろん劇中では [全文を読む]

京都で読みたい、京都が舞台のティーン向け小説3つ

マイナビ進学U17 / 2015年10月02日12時25分

著者の森見登美彦さんは、ほかにも京都を舞台に数々の小説を執筆しています。ファンタジックな世界観と独特の語り口は、一度読めば病みつきになる面白さ。ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。 燃やしたいほど美しい……三島由紀夫の不朽の名作「金閣寺」当時21歳だった学僧が金閣寺に放火し消失させるという実際の事件をモチーフに書かれた「金閣寺」。金閣寺をこの世で最高の美 [全文を読む]

電子書籍ランキング.com 電子書籍週間総合ダウンロードランキング発表! (2017年2月13日~2月19日)

DreamNews / 2017年02月20日17時30分

≪ランキング詳細≫http://bit.ly/2kDdbKo<書籍ランキング>1位:『蜜蜂と遠雷』恩田陸 / 幻冬舎2位:『[新装版]企業参謀』 大前研一 / プレジデント社3位:『嫌われる勇気』 岸見一郎、古賀史 / ダイヤモンド社4位:『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 / KADOKAWA・角川書店 5位:『2020年マンション大崩壊』 牧野知弘 / [全文を読む]

みんなが選んだ角川文庫はこの一冊!「カドフェス杯2016」開催中!今年は「読書メーター」や映画『聖の青春』とコラボしパワーアップ!

PR TIMES / 2016年11月18日19時14分

』新海 誠[画像3: http://prtimes.jp/i/7006/2849/resize/d7006-2849-476852-2.jpg ]好きな作家1位:有川 浩(『図書館戦争 図書館戦争シリーズ1.』『図書館内乱 図書館戦争シリーズ2.』『塩の街』『空の中』『海の底』『クジラの彼』『ラブコメ今昔』)人に薦めたい1位:『聖の青春』大崎 善生読書メー [全文を読む]

世の怠け者にエールを!何もしない、動かない主人公が活躍する本屋大賞ノミネート作

AOLニュース / 2014年03月17日18時00分

『夜は短し歩けよ乙女』や『有頂天家族』など奇想天外な小説で、固定ファンも多い森見登美彦氏。作家活動休止宣言から3年、長編小説『聖なる怠け者の冒険』を引っ提げて、小説の世界に帰ってきました。作家生活10周年にあたる2013年に上梓された本書は、本屋大賞にノミネート。満を持しての作品に、さぞかし力の入った小説かと思いきや、やはり森見氏はファンの期待を裏切りませ [全文を読む]

新人アーティスト“fhana”が「有頂天家族」EDでメジャーデビュー!

okmusic UP's / 2013年06月08日21時15分

森見登美彦の人気小説を原作に、2013年7月7日より放送がスタートするTVアニメ「有頂天家族」のEDテーマが、新人アーティスト“fhana”(ファナ)の「ケセラセラ」に決定。fhanaのメジャーデビューシングルとして、8月21日にランティスからリリースされることが明らかになりました! 【その他の画像】V.A.(邦楽/Jポップ)これまでも精力的に作品を発表し [全文を読む]

フォーカス