小説 森見登美彦に関するニュース

みんなが選んだ角川文庫はこの一冊!「カドフェス杯2016」開催中!今年は「読書メーター」や映画『聖の青春』とコラボしパワーアップ!

PR TIMES / 2016年11月18日19時14分

総合1位は、現在大ヒット中の映画原作、新海 誠『小説 君の名は。』。好きな作家1位は有川 浩(「図書館戦争」シリーズなど)。そのほか、今年も各ジャンルごとにこれぞという作品が並びました。 また今年は読書量をグラフで記録・管理できるWEBサービス「読書メーター」ともコラボし、「読書メーター」のレビュー数ランキングTOP10も合わせて発表します。今年の1位に [全文を読む]

京都で読みたい、京都が舞台のティーン向け小説3つ

マイナビ進学U17 / 2015年10月02日12時25分

映画化もされた人気小説! 「鴨川ホルモー」2浪の末念願だった京都大学に合格した主人公が、ひょんなことから奇妙なサークルに入部してしまい、「ホルモー」という謎の競技に明け暮れる青春(?)の日々を描いた「鴨川ホルモー」。京都大学をはじめとする市内4大学のサークルがオニを競わせるという奇抜な設定ながら、まるでスポーツ青春小説を読んでいるような気になるから不思議で [全文を読む]

筆力は太宰治に匹敵!? 又吉が描く人間くさい「芸人」の葛藤と焦燥

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月06日12時30分

そう思わされる小説が、ピース・又吉直樹の文芸誌デビュー作『火花』(文藝春秋)である。この作品が掲載された『文學界』(2015年 2月号)は累計部数、同誌史上最高の4万部を突破。今最も話題の小説だ。坂口安吾、森見登美彦…、桜の季節に愉しみたい美しき桜文学 2人のお笑い芸人の日常を描いたこの作品は、元々の「純文学」ファンはもちろんのこと、流行に敏感な若者、夢を [全文を読む]

世の怠け者にエールを!何もしない、動かない主人公が活躍する本屋大賞ノミネート作

AOLニュース / 2014年03月17日18時00分

『夜は短し歩けよ乙女』や『有頂天家族』など奇想天外な小説で、固定ファンも多い森見登美彦氏。作家活動休止宣言から3年、長編小説『聖なる怠け者の冒険』を引っ提げて、小説の世界に帰ってきました。作家生活10周年にあたる2013年に上梓された本書は、本屋大賞にノミネート。満を持しての作品に、さぞかし力の入った小説かと思いきや、やはり森見氏はファンの期待を裏切りませ [全文を読む]

京都国際映画祭2017で菅田将暉×桐谷健太「火花」がワールドプレミア上映!

映画.com / 2017年09月06日19時55分

映画部門は、第153回芥川賞を受賞した「ピース」又吉直樹の小説を菅田将暉と桐谷健太の主演で映画化した「火花」(板尾創路監督)がワールドプレミア上映されることが決定。主演2人のビデオメッセージが披露され、「嬉しいですね。僕らは大阪出身ですから」「単純に嬉しいです」(菅田)、「嬉しい!」「生活であったり、人生の話なので、そこも見てほしい」(桐谷)とコメントを [全文を読む]

「2014年本屋大賞」決定! 大賞は和田竜『村上海賊の娘』

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月08日20時50分

●2014年本屋大賞受賞作 【大賞】『村上海賊の娘』(和田竜/新潮社) 2位 『昨夜のカレー、明日のパン』(木皿泉/河出書房新社) 3位 『島はぼくらと』(辻村深月/講談社) 4位 『さようなら、オレンジ』(岩城けい/筑摩書房) 5位 『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学/文藝春秋) 6位 『教場』(長岡弘樹/小学館) 7位 『ランチのアッコちゃん』(柚 [全文を読む]

「夜は短し歩けよ乙女」人気小説アニメの裏側 作者から見たビジネスの功利と作品への葛藤

東洋経済オンライン / 2017年03月28日11時00分

小説を原作としたアニメ作品が増えている。今年1月には池波正太郎の時代小説『鬼平犯科帳』が深夜アニメ『鬼平』として放送を開始し、主人公の鬼平が長身痩躯(そうく)のイケメンに生まれ変わった。2月にはコアなファンを持つ伊藤計劃(けいかく)のSF小説『虐殺器官』の劇場版アニメが公開されている。週刊東洋経済が3月27日発売号(4月1日号)の特集「熱狂!アニメ経済圏」 [全文を読む]

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【11月第3週】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月16日11時00分

国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう! 小説部門 1位 シャルロットの憂鬱 近藤 史恵 2位 鎌倉香房メモリーズ 4 (集英社オレンジ文庫) 阿部 暁子 3位 恋のゴン [全文を読む]

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【11月第2週】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月09日11時00分

国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう! 小説部門 1位 君と時計と雛の嘘 第四幕 (講談社タイガ) 綾崎 隼 2位 虚実妖怪百物語 序 (怪BOOKS) 京極 夏彦 3 [全文を読む]

まさかの本人公認!? 声優界のレジェンド・若本規夫を完全ノベライズ!【『ダ・ヴィンチ』11月号】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月04日17時30分

その特集内にて、声優界における伝説的存在・若本規夫を主人公にした描き下ろし小説が掲載される。 若本規夫といえば、『サザエさん』のアナゴ役、『DRAGON BALL』のセル役のほか、「嵐にしやがれ」や「松本人志のすべらない話」等のバラエティ番組のナレーションを手掛け、渋く深みのある声、独特のイントネーションが特徴的な大御所男性声優だ。さらに、元警視庁機動隊に [全文を読む]

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【9月第3週】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月21日11時00分

国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう! 小説部門 1位 望み 雫井 脩介 2位 憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI (文春文庫) 石田 衣良 3位 危険なビー [全文を読む]

<「全集」不毛の今でこそ>池澤夏樹氏の個人編集「日本文学全集」の一冊目が「自分の本」に脱帽

メディアゴン / 2015年02月19日01時30分

それは理科系の人でもこの位の小説や詩は知らないと立派な科学者にもなれない、といった背景だったはずだ。もちろん、筆者もその流れの中にいた。読み切れなくとも、背表紙を眺めることで随分と学んだ気になれた記憶がある。文学全集のラインナップは時代を表していたし、それは「教養主義と売れ筋の結果」だったのであろう。「円本」の第一回配本が尾崎紅葉だったのは営業上の思惑があ [全文を読む]

坂口安吾、森見登美彦…、桜の季節に愉しみたい美しき桜文学

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月24日11時30分

同誌では「桜の樹の下には」をはじめとする、切なさや儚さをふくんだ美しい桜をモチーフにした小説など18作品を紹介。春を愉しむのにうってつけの特集となっている。 構成・文=大久保寛子/ダ・ヴィンチ』4月号「文庫ダ・ヴィンチ」 [全文を読む]

「小説 野性時代」、新創刊10 周年で全面リニューアル!

PR TIMES / 2013年12月12日09時22分

角川書店 ~東野圭吾・桐野夏生・湊かなえら、豪華執筆陣の読み切り文庫も収録!~ 弊社発行の文芸誌「小説 野性時代」は、2003 年の新創刊から10 周年を迎える2014年1 月号(2013 年12 月12 日(木)発売)より、全面リニューアルいたします。 「小説 野性時代」 2014年 1月号(新創刊10 周年記念 リニューアル特大号 ) 2013 年12 [全文を読む]

新人アーティスト“fhana”が「有頂天家族」EDでメジャーデビュー!

okmusic UP's / 2013年06月08日21時15分

森見登美彦の人気小説を原作に、2013年7月7日より放送がスタートするTVアニメ「有頂天家族」のEDテーマが、新人アーティスト“fhana”(ファナ)の「ケセラセラ」に決定。fhanaのメジャーデビューシングルとして、8月21日にランティスからリリースされることが明らかになりました! 【その他の画像】V.A.(邦楽/Jポップ)これまでも精力的に作品を発表し [全文を読む]

milktub 新曲はTVアニメ「有頂天家族2」OPテーマ、声優・飯田里穂が出演するMVのフルサイズも公開

okmusic UP's / 2017年04月22日10時00分

【その他の画像】milktubパワフル&勢い溢れるサウンドで聴かせるパンクロックチューンといった仕上がりの同曲は、森見登美彦の人気小説を原作に贈るTVアニメ「有頂天家族2」のOPテーマ。milktubは2013年放送の「有頂天家族」でもOPテーマ「有頂天人生」を担当しており、TVアニメ第1期から引き続いての担当となる。また、カップリングには「君の名を」が [全文を読む]

櫻井孝宏、神谷浩史が描き下ろしイラストとリンクする!? 小野大輔、中村悠一らの本を片手にしたグラビアも必見! 『ダ・ヴィンチ』11月号は10月6日発売!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月05日18時30分

「若本を導いた本」の紹介とともに、なんと若本規夫をテーマにした書き下ろし小説(作・川端裕人)も掲載。もちろん、本人公認のノベライズとなっている。さらに、声優マンガ『CV.オレ!』で原作を努める松岡禎丞の創作にかける熱き想いを描き下ろしコミカライズ(作・上野春生)に。 他にも、2200人以上の声優ファンの皆さんから寄せられたアンケート発表や、「男性声優をもっ [全文を読む]

スマートフォンアプリ「舞台めぐり」に新タイトルを追加!面白きことは良きことなり!京都が舞台の「有頂天家族」が登場

PR TIMES / 2015年09月17日15時05分

(先着1,000名様)[参考]TVアニメ「有頂天家族」公式サイト http://uchoten-anime.com/京とあまのね 公式サイト http://amanone-kyoto.jp/森見登美彦氏による同名人気小説が原作の「有頂天家族」は、京都を舞台に狸と天狗と人間が繰り広げる奇想天外かつハートフルな物語です。劇中では忠実に再現された美しい京都の情景 [全文を読む]

milktub、ニューシングルはTVアニメ「有頂天家族」OPテーマ

okmusic UP's / 2013年07月30日07時30分

【その他の画像】milktub今作には、森見登美彦の人気小説を原作に贈るTVアニメ「有頂天家族」のOPテーマ「有頂天人生」のほか、カップリングには「ふらゆら」を収録。また、2013年8月3日(土)東京・新宿アンチノックにてbambooのバースデーライブ“バンブーリサイタル~ヒロシ40歳になる~”が開催されるほか、9月14日(土)青森・夜越山スキー場での“ [全文を読む]

フォーカス