豊臣秀吉 千利休に関するニュース

豊臣秀吉、織田信長、明智光秀。あの有名武将たちの「茶の湯」にまつわる裏話

Woman Insight / 2014年02月04日19時00分

名前:千利休 本名:田中与四郎 生まれた年:1522年 初めての茶会:1544年 好きな人:豊臣秀吉 苦手な人:津田宗及 19歳で父を亡くし、以後、父の残した財を元手に商売に精を出し成功。宇治の上林家と契約して茶を一手に卸すなど、実はもとは「茶」にまつわる商売を展開していたんです。茶の湯者としての脚光を浴びたのは、実は織田信長・豊臣秀吉に見いだされた晩年 [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

これは豊臣秀吉が築いた京都の街を囲む壮大な土塁「御土居」です。総延長約23キロもあり外からは容易に街に入ることが出来ない状態でした。秀吉が御土居を築いた目的は、「防衛のため」「寺社勢力の京都への影響力を削ぐため」など様々な説があるようです。しかし、その目的については未だにはっきりしたことはわかっていません。ただ現在でも京都には所々御土居の遺構が残っていて、 [全文を読む]

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

池坊専好というお坊さんが、時の天下人・豊臣秀吉に、松を基調にした大きないけばな(大砂物)を披露して称賛された記録がもとになっているのだそう。もちろん勝利したのは野村萬斎ではなく池坊専好(初代)。この映画『花戦さ』の俳優陣の“すごさ”と“浅からぬ縁”、そして応援団が次々と名乗りをあげることの“不思議さ”が話題になっている。一体どんなことなのか紹介したい。 『 [全文を読む]

サプライズの元祖!?千利休が戦国大名に行った驚きたっぷりの”おもてなし”とは

Woman Insight / 2015年02月23日20時00分

「茶の湯の完成者」として歴史の教科書にも掲載されており、織田信長、豊臣秀吉とふたりの天下人に重用された、最も有名な茶人と言ってもいい、千利休。「茶聖」と呼ばれており、崇高なイメージさえありますが、彼の茶会は、招いた相手に合わせてさまざまな趣向を繰り出し、豪胆さや遊び心、そしてときにはイケズな面もあったとのこと……。そのすべてはお客さんのために行われた「お [全文を読む]

喫茶店天国・名古屋! どうしてこんなに多いの?

マイナビ進学U17 / 2016年04月28日12時51分

■名古屋を喫茶店天国にしたルーツは豊臣秀吉!?喫茶店好きがいるから喫茶店が多いのか、はたまたその逆か。いずれにしても、名古屋に喫茶店が多い理由はいくつか考えられます。世界に誇るトヨタの本拠地である愛知県は工場が多いので、工場で働く人たちのために喫茶店が多いのだとか、昔は土地が安かったので、商売を始めやすかったなど、諸説言われています。その中のひとつで興味を [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

“桂文枝不倫報道”が響き重厚さダウン!? 秀吉の狂気、女性陣にも見どころ多かった『真田丸』第25話「別離」レビュー!

おたぽる / 2016年06月29日17時00分

次々に立っていく豊臣家死亡フラグ、それに伴いますます豊臣秀吉(小日向文世)が怖くなっていく一方、真田家サイド(堺雅人演じる主人公・信繁のぞく)がいい感じにコメディ部分を担当。いい感じに緩急がついているし、“千利休・切腹”をどう描くのか? 歴史・歴史小説好きがひそかに注目していたエピソードが展開されるなど、今回も見どころ豊富であった『真田丸』(NHK総合)第 [全文を読む]

豊臣秀吉はアルツハイマーだった?晩年の奇行、謎だらけの茶会中止…

Business Journal / 2015年10月27日06時00分

1587(天正15)年、九州を平定した豊臣秀吉は、京都の北野天満宮で「無礼講の大茶会」を開催した。世にいう「北野大茶会」である。『北野大茶湯之記』という史料によれば、秀吉は「身分は構わぬ。茶好きは集まれや。わし自らが茶を立てる。茶がないなら、麦こがしでもいい。中国や朝鮮、世界中から集まれ」と言ったという。 そして、約2万坪の広大な敷地に茶人たちが集った。こ [全文を読む]

市川海老蔵さん主演映画12月7日(土)公開!『利休にたずねよ』映画ガイドブックとコミックを発売!

@Press / 2013年11月29日11時00分

加えて、利休の妻・宗恩役の中谷美紀さん、織田信長役の伊勢谷友介さん、豊臣秀吉役の大森南朋さん、そして利休の師・武野紹鴎役で出演した市川團十郎さんの撮影中にとったインタビューも掲載。また、映画に登場する茶道具を一つずつ丁寧に解説します。スチール写真と共に、道具が使われている場面、面白エピソードなど、余すところなく紹介。さらに、利休ゆかりの地である京都と堺の関 [全文を読む]

映画「利休にたずねよ」×百段階段 特別企画展 開催 ~ 公開間近 いま話題の映画が文化財によみがえる ~ 目黒雅叙園にて 2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝)

@Press / 2013年10月18日15時00分

出演は、千利休演じる市川海老蔵、妻役を中谷美紀、織田信長を伊勢谷友介、豊臣秀吉を大森南朋が演じる他、今年2月に亡くなった市川團十郎が利休の師匠役として特別出演され、海老蔵と初の親子共演を果たされたことでも話題を集めています。本展では、豪華キャストたちが劇中で着用した貴重な衣裳をはじめ、小道具、映像・パネルによる紹介、音楽に至るまで、文化財「百段階段」の各部 [全文を読む]

野村萬斎が映画で天才華道家に!狂言師ならではの視点活かす

WEB女性自身 / 2017年06月02日16時00分

時の権力者・豊臣秀吉と対峙し、花をもって戦った1人の花僧が主人公の時代劇エンタテインメントだ。 共演陣も、市川猿之助(豊臣秀吉)、中井貴一(織田信長)、佐々木蔵之介(前田利家)、佐藤浩市(千利休)と超豪華キャスト。 「中井貴一さんとは『陰陽師II』でご一緒しましたし、佐藤浩市さんとはもう3度目になります。前回『のぼうの城』で僕は でくのぼう を演じ、今回は [全文を読む]

萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、佐藤浩市が“異種格闘技戦”

dwango.jp news / 2017年05月23日12時09分

庭先には豊臣秀吉(市川猿之助)、千利休(佐藤浩市)、前田利家(佐々木蔵之介)が控えている。その緊迫したシーンを中心に映像は構成されている。 東映京都撮影所に組まれた岐阜城の大広間のセットで繰り広げられた芝居は、名優たちの共演といった生易しいものではなかった。ジャンルを越えて表現者たちがぶつかり合う、演技の熱量はすさまじい。 「さすがは上様でございますな。お [全文を読む]

市川猿之助が“鬼の形相”で佐藤浩市の頭を踏みつける!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日10時00分

そんな話題作より、このたび暴君・豊臣秀吉(市川)が鬼気迫る怒りの表情で千利休(佐藤)の頭を踏みつけるシーンカットが公開された。悪評高い黄金の茶室で、金色の袴、金色の足袋という秀吉の驕りを象徴する姿。秀吉の足元には、秀吉が好まない黒楽茶碗も確認できる。実は“色”も本作を語る上で重要な要素となる。 秀吉と利休の断絶の真相については諸説あるが、果たして、本作で [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】加賀の至宝「山中漆器」に出会う

GOTRIP! / 2016年12月23日05時00分

この時代は戦国期の真っ只中で、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康が戦場で荒れ狂っていました。 そんな中、様々な工芸品を作り出す職人はどの大名家からも重宝されていました。戦国時代は「いかに職人を囲い込むか」ということが求められ、彼らの働きがそのまま国力に直結したのです。 石川県は日本一の漆器の産地として知られていますが、その源流をたどると戦国時代に突き当たります [全文を読む]

この絵師がヤバい。戦国時代に絵筆で天下を目指した長谷川等伯。その激動の半生を描いた『焔色のまんだら』刊行のお知らせ

@Press / 2016年11月29日10時15分

さらに盟友の千利休が天下人・豊臣秀吉の命により切腹した……。失意の底にあった等伯を、さらに息子・久蔵の死という不幸が襲う。 挫折と栄光、そして喪失……男がその先に見た風景とは── ■書籍概要 書籍名:焔色(読み:えんしょく)のまんだら 著者 :下元ちえ 発売日:2016年11月30日 定価:本体694円+税 ページ数:224ページ 判型:B6判 ■著者紹介 [全文を読む]

千利休、切腹の謎。「真田丸」でも描かれた京都「大徳寺」のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日04時45分

その後も豊臣秀吉をはじめ各地の諸大名により建物や寺領が寄付されました。そして、江戸時代初期にはほぼ現在の姿に整えられたそうです。三門、仏殿、法堂(はっとう)、方丈などの主要な建物は、その造りや配置に至るまで禅宗の典型的な寺院の体裁を整えています。 今回は大徳寺の特徴と他の寺院と違う特徴などに焦点を当ててご紹介したいと思います。 聚光院の特別拝観は来年3月ま [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

L字ワイプの教えに従い水浴びをする石田三成の図 #真田丸 pic.twitter.com/5rVMbDSPvc — びっちー (@bicchee) 2016年7月2日■1位豊臣秀吉(31,259ツイート)朝鮮出兵で、大変な思いで戦っている裏番組で秀吉が開催した大名対抗仮装大会について、史実を調べてツイートした投稿が大量にリツイートされた。仮装パーティーの記 [全文を読む]

戦国BASARAで「千利休」が「二重人格の茶人サイキッカー」に——名誉毀損では?

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月31日13時03分

公式サイトによると、この千利休は、豊臣秀吉の暗殺未遂の疑いで、豊臣軍に負われているという設定だ。さらに、戦いを好まない「ワビ助」と好戦的な「サビ助」という2つの人格がせめぎあうというハチャメチャな性格なのだという。ネットでは「子孫の人たちはこれを見たらどう思うかな」と批判的なコメントが少なくない。千利休といえば、戦国時代に茶道を大成した偉人で、いまに続く千 [全文を読む]

【セレブも真っ青】世界一の銀山を握った豊臣秀吉 ケタ外れの財力とは?

しらべぇ / 2015年01月28日07時00分

日本で、その代表格といえば、戦国時代の乱世を終わらせ、天下統一を果たした豊臣秀吉。学校で、刀狩や、太閤検地という言葉を勉強したことを覚えている方もいるかもしれません。 秀吉の財力は、金山・銀山によるものでした。秀吉の時代に新しい採掘法が普及し、銀山の最盛期を迎えた時期。なんと日本産の銀が全世界の3分の1を占めていたというから驚きです。 中でも、信長から領 [全文を読む]

謎多き「茶聖」千利休 実は情熱あふれるロマンチストだった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月10日11時40分

関連情報を含む記事はこちら 戦国時代、特に豊臣秀吉を描くドラマや小説には欠かせない「千利休」。織田信長から茶頭として重用された茶人である利休は、秀吉の治世では懐刀としてなくてはならない存在であった人物だ。黄金の茶室の設計、全国の茶人を一堂に集結させた「北野大茶会」の主管を見事にこなし“天下一の宗匠”として名を馳せた利休は、一方でわずか2畳にも満たない狭い [全文を読む]

フォーカス