茶室 千利休に関するニュース

千利休と与謝野晶子を通じて堺を体験できる新しいミュージアム「さかい利晶の杜」が平成27年3月20日(金)に誕生

PR TIMES / 2015年03月28日10時29分

「さかい利晶の杜」には、千利休と茶の湯を歴史文化から解き明かす「千利休茶の湯館」・本格的な茶室で茶の湯を体験できる「茶の湯体験施設」・与謝野晶子の表現世界とその生き方に触れる「与謝野晶子記念館」・堺観光の玄関口となる「観光案内展示室」があり、「湯葉と豆腐の店 梅の花」・「スターバックス コーヒー」も併設されています。また、普通車や大型バスの駐車場も整備され [全文を読む]

千利休、切腹の謎。「真田丸」でも描かれた京都「大徳寺」のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日04時45分

塔頭とは、寺院のなかにある個別の小院でそれぞれ茶室や書院、仏堂や方丈などを備えたお寺です。それぞれの寺院によって拝観料がかかりますが、常時拝観することが出来ない非公開寺院もあります。数年前に境内をのんびりと散策しながら、一つずつじっくりと拝観しましたが、1日ではとても足りませんでした。ただ、紅葉時期などはこれ以上ないと言うぐらいの絶景に囲まれての拝観なので [全文を読む]

ホテル・アゴーラリージェンシー堺 堺が生んだ茶人「千利休」と、歌人「与謝野晶子」を尋ねる「さかい利晶の杜」特別観覧券付き宿泊プラン 販売開始

PR TIMES / 2015年11月11日15時48分

内容 ◇エグゼクティブフロア(高層階 23~24階)ツインルーム / シングルルーム利用 ◇「さかい利晶の杜」の“さかい待庵(たいあん)”特別観覧セット ◇お土産 「お抹茶ばあむ」付[画像1: http://prtimes.jp/i/10241/98/resize/d10241-98-491338-2.jpg ][画像2: http://prtimes.j [全文を読む]

サプライズの元祖!?千利休が戦国大名に行った驚きたっぷりの”おもてなし”とは

Woman Insight / 2015年02月23日20時00分

金の茶室を作るなど派手好きで有名な秀吉に真逆の美を提示するところに、利休の剛胆さも感じます。 【2】戦国大名たちに遊び心あるイジワルサプライズを! あるとき、利休は「よい花入(花を入れる器。大切な茶道具のひとつです)が手に入りましたので」と、細川三斎、前田利長、蒲生氏郷らを茶会に招きました。しかし、いつまでたっても「よい花入」は見当たりません。3人は「拝 [全文を読む]

豊臣秀吉、織田信長、明智光秀。あの有名武将たちの「茶の湯」にまつわる裏話

Woman Insight / 2014年02月04日19時00分

茶道具・茶室などにも才能を見せ、天下人のイベント茶会をプロデュースし、武将たちから尊敬を得ました。 【2】織田信長は茶の湯さえも権威の再構築に使用していた! 名前:織田信長 生まれた年:1534年 初めての茶会:1573年11月23日 好きな人:上杉謙信 苦手な人:足利義昭 言わずと知れた超有名武将。桶狭間の合戦で今川義元を討ち果たしてからは一躍スターダム [全文を読む]

【今週の対決】美術館、博物館…「茶の湯の文化」の神秘

WEB女性自身 / 2017年04月24日06時00分

趣向を凝らした茶室、茶碗を用いて抹茶をたて優雅な時間を過ごしていたそう。足利義政が収集した唐物(中国製品)の青磁茶碗は透明感があって、美しい色合いにうっとり。茶の湯の有名人・千利休がつくらせたという茶碗もあった。 時代、時代によって茶碗の流行の変化を見ることができた! ■東京国立近代美術館「茶碗の中の宇宙」 次に向かったのは竹橋の東京国立近代美術館で開かれ [全文を読む]

京都には、琵琶湖の水量に匹敵するほどの地下水が湛えられている

まぐまぐニュース! / 2017年02月24日04時30分

現存する唯一の利休作と伝わる茶室、国宝「待庵(たいあん)」がサントリー山崎蒸留所の近くにあるのです。 ちなみに待庵は国宝茶席三名席の一つです。他の二ヶ所は京都大徳寺龍光院の密庵と京都建仁寺永源正伝院にあり、現在は愛知県犬山城下有楽苑にある如庵を言います。現存する茶道文化史上最高級の遺構で日本で最も貴重な茶室に指定されています。 たかが水の話と言え、京都をテ [全文を読む]

冬限定!ぜんざいともちもちジェラートとの“熱冷”が絶妙 “和”な「ぜんざいアフォガート」を1月7日に新発売

@Press / 2017年01月05日09時30分

「もし、千利休が今の時代に暮らし、お客様をもてなすためのジェラートの茶室を作るとしたら…」という発想からスタートした、「和」をキーワードにしたジェラートショップです。「洋」の良さも取り入れたメニューや店舗空間をお楽しみいただけます。豆乳、きび砂糖をベースに使ったジェラート、クレープの他に3種類のクレンズスープ、ジェラートに合わせたオリジナルブレンドのお茶、 [全文を読む]

「もしも千利休がジェラートの茶室を作るなら」和洋折衷の新ジェラート店

Walkerplus / 2016年08月19日13時35分

同店は、「もし、千利休が今の時代に暮らし、お客様をもてなすためのジェラートの茶室を作るとしたら…」という発想からスタート。店名にも、千利休が作った茶室「待庵」、「人と人を結ぶ(TIE)空間=庵(AN)」、訪れた人のその日が良き日となりますようにという「大安」の、3つの意味が込められている。 「和」をキーワードに、ジェラートには女性の体に優しい、豆乳やきび [全文を読む]

キーワードは「和」!豆乳・きび砂糖を使用したヘルシーなジェラートショップ『Gelateria TIE-AN』渋谷ヒカリエに9月10日 大安にオープン!

@Press / 2016年08月19日10時00分

「もし、千利休が今の時代に暮らし、お客様をもてなすためのジェラートの茶室を作るとしたら…」という発想からスタートした、女性の体に優しい豆乳や、きび砂糖を使った「和」をキーワードにしたジェラートショップ。「洋」の良さも取り入れたメニューや店舗空間をお楽しみいただけます。■3つの意味を込めたブランド名ブランド名『Gelateria TIE-AN』には3つの意味 [全文を読む]

さぁ、“非日常”の旅へ。タイムスリップしながら感じる「日本の心」

TABIZINE / 2015年03月09日13時00分

「三溪園」の中には、織田信長の弟、織田有楽が設計したお茶室も! 頭を下げなければ入れないほどの出入り口には、ちゃんとした理由があるのをご存知ですか? これは「躙口(にじりぐち)」といって、四畳半以下の茶室に設けられるお客さま専用の出入口。狭い茶室を広く見せる効果や、“茶室の中では皆平等”という千利休の思いが込められているのだそうです。 確かに刀を差したま [全文を読む]

『花戦さ』で千利休演じた佐藤浩市 「静」の眼力を表現

NEWSポストセブン / 2017年06月07日07時00分

狭い茶室では、体を小さくし、ゆっくりと動く。もちろんギャグもなし。お茶のお点前も見事にこなしたと評判だ。 衝撃だったのは、怒った秀吉に頭を踏んづけられる場面。これまでだったら、ここで大暴れしてもおかしくない(というより、踏んづけてる側だよね、いつもなら?)が、ぐっと我慢してるよ…!! 何か違う境地に達したのか。利休浩市の茶の味も気になるが、俳優としての今後 [全文を読む]

萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、佐藤浩市が“異種格闘技戦”

dwango.jp news / 2017年05月23日12時09分

ほかにも、権力者となった秀吉と利休が茶室で激しくも静かに繰り広げた「合戦」と呼ぶにふさわしい、のちの悲劇を暗示させるシーンや、前田利家が専好に「愉快なお方ですな」と笑いかける姿も織り込まれている。さらに折れてしまった松の枝に苦闘する専好と専武、専武があわてて専好に頭を下げさせるなど微笑ましいシーンも垣間見られ、本作のエンタテインメント性の高い仕上がりを感 [全文を読む]

二度目はない。京都で限定公開中、千利休と狩野永徳「蜜月」の証

まぐまぐニュース! / 2017年01月12日20時00分

方丈の北側には千利休150回忌に表千家によって建てられた茶室・閑隠(かんいん)席があります。 利休に関する過去の記事はこちら。 ● 千利休&織田有楽斎ゆかりの名所(メルマガ 「おもしろい京都案内」第3号) 利休と永徳の関係 利休は永徳と運命的な出会いをします。聚光院の百積庭(ひゃくせきのにわ)は利休が作庭したものです。庭の設計の下絵は永徳と伝わります。 当 [全文を読む]

黄梅院で禅宗寺院現存最古の庫裡と直中庭の紅葉を公開

Walkerplus / 2016年11月04日11時50分

■ <秋の特別公開>非公開の貴重な庭、茶室などを公開 2016年10月8日(土)~12月4日(日)に開催する秋の特別公開では、苔との美しいコントラストの直中庭の紅葉が楽しめる他、小早川隆景が寄進して建てられた庫裡も公開。 庫裡とはそももそも僧侶の住まう空間であり、台所でもある場所。現存する禅宗寺院の最古の庫裡は、重要文化財にも指定されている。茶室の昨夢軒 [全文を読む]

2016年夏季特別展「極 大茶の湯釜展 ―茶席の主―」

@Press / 2016年05月17日16時00分

茶会の中でも代表的な昼間に行われる茶事では、客が茶室に入った時、席中には床の掛物と炉中の釜があるのみです。やがて主人が出てきて、炭を直し、釜に煮えがつくのを待ちます。茶を点てるための茶碗や茶入などの茶道具は、客が入席してのち、順次水屋(勝手)から運び出され、終われば水屋に運び去られます。最初に客の目をひいた掛物も、茶会の途中でおろされ、替わって花を活けた花 [全文を読む]

狙い目は歴代ロケ地。「そうだ京都、行こう」シリーズを巡る紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月06日10時35分

書院は千利休の邸宅を移築した「意北軒」で、茶室「松向軒」は秀吉が1587年に北野で大茶会を催したときの茶室を移築したものと伝わります。境内奥には細川忠興とガラシャ夫人の墓があり、忠興の墓塔は、もとは利休が好んだ灯籠で、秀吉に欲しいと言われるのを恐れて一部を欠かしたというものです。高桐院の細川家代々の墓地には、歌舞伎の祖と言われる出雲阿国(いずものおくに)な [全文を読む]

【セレブも真っ青】世界一の銀山を握った豊臣秀吉 ケタ外れの財力とは?

しらべぇ / 2015年01月28日07時00分

もちろんこの話の筆頭は「黄金の茶室」でしょう。 実は、2015年3月31日まで関西国際空港で、復元された黄金の茶室が常設公開されています。しかも、この茶室は、組み立て式であり、移動も可能。秀吉も茶室を持ち運んで見せびらかしていたかもしれません。 ちなみに、2009年に広島三越も復刻展示会を行ないましたが、じつに3億5000万円の費用がかけられたそうです。 [全文を読む]

芦田多恵、南三陸町の復興支援「ミナ・タン チャーム」を三越伊勢丹で発売

FASHION HEADLINE / 2014年12月09日11時30分

しかし、宗旦は花を失った枝や花びらを生かし、花のない枝を茶室の床の間に生け、花びらを巻き散らすことで、茶室には宗旦特有の風情が生み出されたという。 このように、同復興プロジェクトには、「いっときは美しく栄えていたものが価値を失ってしまっても、人のまごころを吹き込むことでふたたび輝きを取り戻させ、かかわるすべてのものを生かすことができる」という想いがある。洋 [全文を読む]

ふざけてません…ビジネスマンの憩いの場、現代版茶道「給湯流茶道」とは?

しらべぇ / 2014年12月07日21時00分

これは、利休らが考案した茶室は、わざと入口を狭くし武士の刀を外させて入場させたエピソードに基づく。「茶室の中では武士も商人も平等だ」という考えを、名刺の肩書きを捨てさせるところに反映させた。 お湯の淹れ方というと、こちらは茶釜がないので、現代風に電気ポットから。ただ、そこは茶道。左手を添えて、人差し指と中指でそっとボタンを押すというような具合に、所作には厳 [全文を読む]

フォーカス