茶の湯 千利休に関するニュース

千利休と与謝野晶子を通じて堺を体験できる新しいミュージアム「さかい利晶の杜」が平成27年3月20日(金)に誕生

PR TIMES / 2015年03月28日10時29分

「さかい利晶の杜」には、千利休と茶の湯を歴史文化から解き明かす「千利休茶の湯館」・本格的な茶室で茶の湯を体験できる「茶の湯体験施設」・与謝野晶子の表現世界とその生き方に触れる「与謝野晶子記念館」・堺観光の玄関口となる「観光案内展示室」があり、「湯葉と豆腐の店 梅の花」・「スターバックス コーヒー」も併設されています。また、普通車や大型バスの駐車場も整備され [全文を読む]

【今週の対決】美術館、博物館…「茶の湯の文化」の神秘

WEB女性自身 / 2017年04月24日06時00分

今回は、「茶の湯文化」の展覧会対決だ! ■東京国立博物館「特別展『茶の湯』」 最初に向かったのは上野の東京国立博物館で開催中の特別展「茶の湯」。おもに室町時代から近代までの茶の湯の変遷を名品約180点で紹介している。織田信長をはじめとする武将や、千利休など茶人に愛された展示品の約3分の1が重要文化財や国宝だ。 12世紀ごろに中国から伝わってきたお茶をたしな [全文を読む]

ホテル・アゴーラリージェンシー堺 堺が生んだ茶人「千利休」と、歌人「与謝野晶子」を尋ねる「さかい利晶の杜」特別観覧券付き宿泊プラン 販売開始

PR TIMES / 2015年11月11日15時48分

【さかい利晶の杜】千利休屋敷跡に隣接する立地特性を活かし、千利休茶の湯館、茶の湯体験施設、与謝野晶子記念館、観光案内展 示室が一体となって、「茶の湯文化」が大成された堺の歴史文化の魅力を発信し、観光誘客を図る施設です。本格的な茶室や茶庭を整備するとともに、千利休が造った茶室のうち唯一現存する茶室である国宝「待庵」の創 建当初の姿を復元することで、千利休によ [全文を読む]

茶道の異端児、秀吉の素顔 冗談連発の愉快な茶会、ド派手な衣装や高価な茶器で客を幻惑

Business Journal / 2015年08月22日06時00分

茶の湯が戦国武将の間で政治利用されるようになったのは、織田信長の頃だ。京都に足を運んだ信長は「御茶湯御政道」という政策を始め、自分が認めた家臣のみに茶の湯を許可した。これにより、茶の湯は武家の儀礼として認知されていくことになる。 秀吉も、信長から茶の湯を許された1人だった。茶室は、血生ぐさい戦場を離れた精神修練の場として使われるほか、密談の場でもあった。 [全文を読む]

2016年夏季特別展「極 大茶の湯釜展 ―茶席の主―」

@Press / 2016年05月17日16時00分

MIHO MUSEUM〔所在地:滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300 館長:熊倉功夫(※1)〕は、2016年(平成28年)6月4日(土)~ 7月31日(日)までの期間、夏季特別展「極 大茶の湯釜展 ―茶席の主―」を開催いたします。本展は「茶の湯釜」の研究者である原田一敏氏(東京藝術大学大学美術館教授・元東京国立博物館金工室長)の監修により構成され、芦屋釜・天明 [全文を読む]

サプライズの元祖!?千利休が戦国大名に行った驚きたっぷりの”おもてなし”とは

Woman Insight / 2015年02月23日20時00分

茶の湯の完成者」として歴史の教科書にも掲載されており、織田信長、豊臣秀吉とふたりの天下人に重用された、最も有名な茶人と言ってもいい、千利休。「茶聖」と呼ばれており、崇高なイメージさえありますが、彼の茶会は、招いた相手に合わせてさまざまな趣向を繰り出し、豪胆さや遊び心、そしてときにはイケズな面もあったとのこと……。そのすべてはお客さんのために行われた「お [全文を読む]

豊臣秀吉、織田信長、明智光秀。あの有名武将たちの「茶の湯」にまつわる裏話

Woman Insight / 2014年02月04日19時00分

今回の大特集は「利休に学ぶ「茶の湯」の美学 千利休、何者ぞ!?」。 利休の美意識に触発された安藤忠雄さんと、モントリオール賞や日本アカデミー賞でさまざまな賞を受賞した映画『利休にたずねよ』にて利休を演じた歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの特別対談をはじめ、ありとあらゆる角度から利休について総特集。その中でもWoman Insight編集部が気になったのは「千利休 [全文を読む]

秀吉を怒らせた千利休は切腹せずに九州に逃げていた?

NEWSポストセブン / 2017年04月01日16時00分

千利休は堺の豪商出身で、それまでの豪華な茶の湯に対し簡素の境地を目指した「侘び茶」を大成した。信長・秀吉に仕えたが、京・大徳寺の山門上に自分の木像を置いたことが秀吉の怒りに触れ、自害を強いられたとされている。利休の死後、茶道は弟子らに継承された。しかし、その定説を覆す説も登場。文教大学教授の中村修也氏が千利休の「まさかの素顔」を指摘する。 * * * 天正 [全文を読む]

千利休、切腹の謎。「真田丸」でも描かれた京都「大徳寺」のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日04時45分

● 千利休 菩提寺 狩野永徳筆 国宝障壁画 大徳寺 聚光院 「茶の湯」と「禅」の深い繋がり 大徳寺はお茶との深いつながりがあります。聚光院という塔頭に千利休と三千家代々のお墓があるぐらいなので当然と言えば当然です。ではなぜそのような関係が生まれたのかを少しご紹介しようと思います。 日本には茶道が発展しました。海外には茶道と呼ばれるような特別なお茶の飲み方 [全文を読む]

喫茶店天国・名古屋! どうしてこんなに多いの?

マイナビ進学U17 / 2016年04月28日12時51分

いわずとしれた名古屋が生んだ名将は、茶の湯を世の中に広めたことでも知られています。のちに仲違いをしてしまいましたが、わび茶の完成者として知られる千利休を側近としていたことも、秀吉の茶の湯に対する深い思いを感じることができます。秀吉は政治的な意味でも茶の湯を利用しましたが、もともと農民から大出世した人ですから「身分の分け隔てなく集って、茶の湯を楽しもう」と考 [全文を読む]

新進気鋭の茶人・千宗屋さん 震災後に「茶の力」を実感する

NEWSポストセブン / 2012年08月20日16時02分

茶の湯を語るとき必ずついて回るわび・さびは、崇高すぎて近寄りがたい精神のように思われがちだが、わびもさびも積極的な現実肯定の姿勢を指すのではないか、そう千さんは考える。だから、茶の湯も浮世離れしたものでもないし、人々の手の届かない高みにあるものでもない。 「むしろ、そのときどきの人々の心や社会をリアルに反映して、問題意識を共有するものだと思っています」( [全文を読む]

日本橋三越本店 茶の湯の継承 千家十職の軌跡展 8月31日(水)~9月12日(月)

PR TIMES / 2016年08月26日12時19分

会期:8月31日(水) ~9月12日(月)午前10時30分~午後7時【午後7時30分閉場】 ※最終日は午後4時まで【午後4時30分閉場】 会場:日本橋三越本店新館7階ギャラリー 入場料:一般・大学生800円 高校・中学生600円[小学生以下無料・税込] 主催:茶の湯の継承千家十職の軌跡展実行委員会、日本橋三越本店 共催:読売新聞社 特別協力:表千家不審菴 [全文を読む]

豊臣秀吉はアルツハイマーだった?晩年の奇行、謎だらけの茶会中止…

Business Journal / 2015年10月27日06時00分

秀吉秘蔵の茶器も公開され、時代を代表する茶の湯のスター・千利休をはじめ、津田宗及、今井宗久など錚々たる顔ぶれが参加している。 しかし、10月1日から10日間の開催と予告されていた大茶会は初日で終了し、翌日未明には後片付けが始まっている。 なぜ、北野大茶会は突然終わってしまったのだろうか。今回は、この謎を解く鍵に迫りながら、茶会を振り返ってみたい。以下、有力 [全文を読む]

映画「利休にたずねよ」×百段階段 特別企画展 開催 ~ 公開間近 いま話題の映画が文化財によみがえる ~ 目黒雅叙園にて 2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝)

@Press / 2013年10月18日15時00分

「十畝(じっぽ)の間」/【信長と宗易の出会い(名物狩り)】千利休を重用し、茶の湯を権力の演出装置として巧みに利用した戦国の覇者・織田信長。この最初の部屋「十畝の間」では、名物狩りで信長と宗易(のちの利休)が出会った場面を再現します。 [全文を読む]

萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、佐藤浩市が“異種格闘技戦”

dwango.jp news / 2017年05月23日12時09分

信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語で、戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描く。 この度、本作を彩る豪華俳優陣が一堂に会したシーンをおさめたメイキング映像が公開された。 織田信長(中井貴一)に所望され、池坊専好(野村萬斎)が自らの花を披露する [全文を読む]

江戸時代の茶の湯の美意識を堪能!「茶の湯のうつわ-和漢の世界」展

サライ.jp / 2017年05月14日11時30分

道入(のんこう)「黒楽茶碗 銘 此花」〔江戸時代前期 水戸徳川家伝来 出光美術館蔵〕取材・文/池田充枝桃山時代、千利休により侘び茶が確立すると、中国から渡ってきた「唐物」を万能とするそれまでの茶の湯の価値観は大きく変わりました。天正15年(1587)頃になると茶会記には唐物はほとんど見られなくなり、代わって朝鮮半島由来の「高麗茶碗」と国産の「和物」が主要な [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】陶器は宝石に勝る トーハクで『茶の湯展』開催中

GOTRIP! / 2017年05月12日11時30分

現在、東京国立博物館で『茶の湯展』が開催されています。 これは、我が国日本が誇る歴史的な茶道具が勢揃いした一大特別展。学校の教科書に掲載されている品も展示され、連日多くの来場客を集めています。 日本史を語る上で、陶器の存在は欠かせません。そもそも陶器とはあくまでも「宝石の代用品」に過ぎず、近世以前の西洋人から見れば「土の塵」に過ぎないもの。道端の土が、なぜ [全文を読む]

市川猿之助が“鬼の形相”で佐藤浩市の頭を踏みつける!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日10時00分

本作は、信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語だ。戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描く。 そんな話題作より、このたび暴君・豊臣秀吉(市川)が鬼気迫る怒りの表情で千利休(佐藤)の頭を踏みつけるシーンカットが公開された。悪評高い黄金の茶室で、金色 [全文を読む]

最終ラインナップに尾崎裕哉, 田我流 & Young-Gの出演が決定!サンリオピューロランド×TAICOCLUBのハロウィーンオールナイトパーティが開催。

PR TIMES / 2016年10月26日13時40分

田我流 & Young-G/尾崎裕哉/io (KANDYTOWN)/KAITO aka HIROSHI WATANABELISACHRIS/MURO/OL Killer/SEKITOVA/Sugar's Campaign/テンテンコSpecial Guest : DJ Hello Kittyまた、現代における「茶の湯」のあり方を探求し続けるアート集団、Th [全文を読む]

京丹波栗7個分を贅沢使用した、つぼ入りぜんざい発売 堺の名門茶舗が9/17から堺・浅草で提供[秋冬限定]

@Press / 2016年09月16日10時30分

利休の時代は、砂糖が大変貴重であったため、木の実や果物は「木菓子(きがし)」と呼ばれ、茶の湯の菓子として使用されていました。その中でも栗は、利休の開催したお茶会の記録にも登場する、お茶菓子の原点の1つともいえる素材です。また、栗には女性にうれしいビタミン類や食物繊維が含まれているといわれています。■京丹波栗を贅沢に約7粒分使用した栗ぜんざい原料となる栗は京 [全文を読む]

フォーカス