アート 村上隆に関するニュース

運命の人に出会える!? 話題の高満足度イベントが横浜で開催!

恋学 / 2016年02月05日08時30分

アート」・・・それは、創造から生み出される芸術です。男女が出会い「恋」に落ち、一緒に手を取り合い「愛」に向う姿、これもまさしく創造性。人生のアートです。この感性を刺激する空間から創りだされる関係は、とても神秘的なもの。今まで経験したことのない、ちょっぴり不思議な感覚が2人をカップルへとつなげてしまうのです。普段、日常で起こりえる出会いとは違い、創造性に満 [全文を読む]

日本の現代アートに世界が熱視線 チームラボ、天明屋尚氏などに米紙注目

NewSphere / 2014年10月19日11時00分

フィナンシャル・タイムスによれば、日本の現代アートが盛り上がりを見せているようだ。特に海外では、「具体美術協会」や「もの派」の作品に注目が集まっており、近年のオークションでは白髪一雄の作品が億単位の価格で取引されている。また、ニューヨークタイムズは、「日本アート2.0」として、若手の動きも伝えている。 ◆日本のアート市場に復活の兆し? 10月10日付のフィ [全文を読む]

村上隆の脳内を覗き見!400点のコレクションをスーパーフラットに展示する大規模展

FASHION HEADLINE / 2015年12月13日19時00分

村上隆は、平面性や装飾性といった造形的な意味のみに限定されるものではなく、時代やジャンル、既存のヒエラルキーから解放された個々の作品の並列性、枠組みを越えた活動を示す「スーパーフラット」という理念のもとに芸術活動を行い、世界のアート界に新たな概念をもたらした現代美術家。また、アーティストとしての精力的な創作活動の一方で、キュレーター、ギャラリスト、プロデ [全文を読む]

草間彌生、村上隆、奈良美智、会田誠、山口晃…抽象的でむずかしい「現代アート」を見極める7つのポイントとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月24日11時00分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 一方で、「現代アート」の作品や存命の作家を、同じように知っているだろうか? もしかしたら、あまり馴染みがないという人も多いかもしれない。日本のアートのレベルは世界トップだという、確信がある。技術的なレベル、一万年の歴史に裏打ちされた美意識、サブカルチャーとの連関、世界の辺境に位置するが故の独自性……その魅力が、一 [全文を読む]

阿佐ヶ谷で国内最大規模の地域アートイベント開催

Walkerplus / 2015年02月18日20時29分

谷川俊太郎、小山登美夫ら80人以上のアーティストが参加する、国内最大規模の地域アートイベント「Pureism国際展 阿佐ヶ谷アートストリート2015」が3月7日(土) から3月29日(日)まで、東京・阿佐ヶ谷全域で開催される。 同イベントは、美術を柱に音楽・文学・映像・舞踏・デザインなど多様な表現と、「阿佐谷七夕まつり」で有名な阿佐ヶ谷の街がコラボレーショ [全文を読む]

取引額も情熱も「桁違い」 世界のトップ・アートコレクターたち

Forbes JAPAN / 2017年06月03日12時00分

アート界でフォーブスの富豪ランキング「Forbes 400」に匹敵するのが、ARTNEWS誌が毎年秋に発表する「Top 200 Collectors」だ。Forbes 400と違って、トップ10圏外の190人にはランキングがない。リスト入りすると画廊の対応は明らかに変わってくる。 顔ぶれの中心は欧米だが、近年はロシア、アジア、中近東勢の台頭もめざましい。ロ [全文を読む]

【韓国珍スポ探訪記】ひとりでじっくり挑みたい、硬派な近現代エロアート「エロティックアートミュージアム」

日刊サイゾー / 2016年09月29日19時00分

1994年から少しずつ造成されたこの場所、当初は芸術家たちのアトリエやギャラリーが並ぶ本気のアート村だったが、2000年代後半から迷走。おもちゃ博物館、3D恐竜博物館、エルヴィス博物館など、ご家族・カップルに色目を使うベタな個人博物館ばかりが並ぶ、日帰り観光地・デートスポットとなっている。 次々と吸い取られる各館の入場料にため息をつきながら、だだっ広い芸 [全文を読む]

Daft Punkやアントニオ猪木を撮りながら、問題作を発表し続ける異能の写真家 梅川良満が語った半生

NeoL / 2016年11月21日14時55分

アートとコマーシャル、双方の写真で国内外の注目を集めている梅川に、写真家になった経緯や自身の作品に対する思いなどを聞いた。 * * * 「桑原茂一さんのクラブキングを16歳ぐらいから手伝い始めて、19歳ぐらいでRED SHOESでバーテンダーでバイトしてました。写真を始めたのは、20歳くらいです。写真は確かに、その頃から始めていたんですけど、遊びとしてやっ [全文を読む]

個性派アートで感性を磨こう! この冬話題のおすすめ展覧会

Woman.excite / 2016年01月17日12時00分

実は東京の街は、素晴らしいアート作品の宝庫なのをご存じでしょうか。東京都内で人気を集めているおすすめ展覧会を、3つ選んでご紹介します!(c)yayoicho - Fotolia.com■サブカル好きにはたまらない!? 「村上隆の五百羅漢図展」 常に「日本的であること」を問い続けてきたアーティスト・村上隆。村上は日本の「マンガ文化」や「オタク文化」といったも [全文を読む]

村上隆が初のカフェ「バー・ジンガロ」を中野ブロードウェイにオープン、内装はフグレン

FASHION HEADLINE / 2013年11月16日11時00分

バー・ジンガロのテーマは「コーヒー」「カクテル」「アート」の3本柱。店内にはオーナー・村上隆によるアート作品の他、彼がセレクトしたアートも展示されている。現在展示されているのは、22日より中野ブロードウェイ4階の「Oz Zingaro」で「三人展」を行う陶芸作家の上田勇児、大谷工作室、熊谷幸治の作品。 内装はノルウェーの首都オスロに本店を構え、東京にも出 [全文を読む]

閉幕間近!会期最後の週末は20時までゆっくり鑑賞!横浜美術館「村上隆のスーパ―フラット・コレクション」夜間延長開館実施

PR TIMES / 2016年03月23日17時50分

暖かくなった春の夕べは、横浜美術館でゆっくりとアートをお楽しみください。 [画像2: http://prtimes.jp/i/14302/85/resize/d14302-85-368248-1.jpg ] [画像3: http://prtimes.jp/i/14302/85/resize/d14302-85-297145-3.jpg ] ■ こちらもチェ [全文を読む]

<村上隆14年ぶりの個展>「五百羅漢図展」「スーパーフラット・コレクション」が圧巻

メディアゴン / 2016年02月13日07時30分

このあたりは世界のアートワールドでは話題になったのかもしれないが、日本国内では「ああそうだったの? へえ」という程度の認識だったのかもしれない。延べ200人の美大生を動員して村上独自の工房方式(江戸時代の狩野派などの絵師がとった制作方式。多くの絵師を抱えた工房で作品を大量制作した。最後に署名するのは著名な絵師になるが、この絵師は細かな指示を出した後は、折々 [全文を読む]

横浜美術館が街コン会場に!感性を磨く芸術と新たな出会い 横浜アートde街コン in 横浜美術館

PR TIMES / 2016年01月08日16時31分

街コン公式サイト「街コンジャパン」( http://machicon.jp/ )を運営する株式会社リンクバル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉弘和正、証券コード:6046、以下「リンクバル」)は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団の協力のもと、「横浜アートde街コン in 横浜美術館」を開催いたします。[画像: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

圧倒的スケール! 村上隆の五百羅漢図を見ると「妙に元気が出る」のはナゼ? 五百羅漢寺で探ってきた

tocana / 2015年12月23日14時00分

1990年代、「スーパーフラット」を引っ提げて日本美術界に登場し、2000年代には世界のアートシーンを席巻した村上隆が、再び帰ってきた。 現在、東京六本木の森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢図展」は、美術ファンならずとも必見の展覧会だろう。日本では14年振りの大規模な個展となった本展には、かなりの点数の新作が出展されており、村上の並々ならぬ気迫を感じる。 [全文を読む]

現代美術家・村上隆さんの作品と似ている?「目玉ロゴ」は著作権侵害なのか

弁護士ドットコムニュース / 2015年12月11日12時57分

ところが、村上さんが代表をつとめるアート会社「カイカイキキ」から「村上隆氏の作品と誤認のおそれもあるかもしれない」と指摘があった。両者が協議した結果、目玉のロゴの使用を取りやめ、新デザインのロゴに切り替えることになったと、神戸アニメストリートは説明している。神戸新聞の報道によると、村上さんの代理人は「著作権侵害にあたる」と主張しているという。目玉ロゴは、村 [全文を読む]

大型個展「村上隆の五百羅漢図展」が六本木で開催!

Walkerplus / 2015年09月25日18時46分

村上がキュレーションを手がけ、世界各地で開催された展覧会は「スーパーフラット三部作」と称され、最終章となる「リトルボーイ:爆発するサブカルチャー・アート」展(2005年、ニューヨーク)は、同年、全米批評家連盟によるベスト・キュレーションに輝いた。 国内では待望の個展となる本展。おそらく世界の絵画史上最大級の作品となる、全長100mに及ぶ超大作<五百羅漢図 [全文を読む]

村上隆企画、ニューヨークのアートシーンの最前線に迫る『美術手帖』9月号増刊

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月30日17時30分

現在のアートシーンの震源地では一体何が起きているのか? 2015年8月29日(土)に発売された『美術手帖』9月号増刊では、強烈な個性を発揮するアーティスト・村上隆の企画による「ニューヨークアートシーン」の最前線を特集している。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら ニューヨーク在住のキュレーター、「アンドレア・ニュースティン」をゲスト・エディターにむか [全文を読む]

過去の漫画、なぜ国内外で復刻相次ぐ?クールジャパンの世界進出に求められることは

Business Journal / 2014年04月24日18時00分

今回は、『磯野家の謎』(東京サザエさん学会/彩図社)、『バトル・ロワイアル』(高見広春/太田出版)などを手がけた編集者・赤田祐一氏と、スマートフォン向けコンテンツを提供するソニー・デジタルエンタテインメント社長・福田淳氏の2人に、クールジャパンの中でも特に現代アートや漫画の文化について、語ってもらった。福田淳氏(以下、福田) アメリカやヨーロッパから東京 [全文を読む]

「いまアートの最先端で何が起こっているか」 村上隆×東浩紀×岩渕貞哉 in カタール 鼎談全文

ニコニコニュース / 2012年02月27日19時53分

第二夜となる今夜は、現地に来てくださった批評家の東浩紀さん、『美術手帖』編集長の岩渕貞哉さんとともに、いまアート・文化の最先端の地で何が起こっているのか。あえて、カタールから日本文化の未来を語り合いたいと思います。 また、放送中に質問も募集していますので、どしどし送ってください。どんどん答えていきたいと思います。それでは、よろしくお願いします。じゃあ、ゲ [全文を読む]

村上隆ら15組の現代アーティストが描くドラえもんとは。「THE ドラえもん展」が六本木で開催決定

FASHION HEADLINE / 2017年05月02日09時00分

そんなアーティストたちが感じたドラえもんをアートで表現したら、どんなことが起こるのだろうか。「あなたのドラえもんをつくってください」というコンセプトに共鳴した15組のアーティストが集い、それぞれの思いの詰まった世界にひとつだけの新しいアート作品が誕生する。 今回参加するアーティストは2002年の「THE ドラえもん展」にも出展した蜷川実花、福田美蘭、村上 [全文を読む]

フォーカス