不動産 奈良市に関するニュース

”リノベ不動産” 全国ネットワーク 奈良県初となるショールームOPEN! アクティブエナジーとネットワーク加盟契約

PR TIMES / 2016年11月28日11時18分

リノベ不動産は「中古購入+リノベーション」をワンストップで提供する全国ネットワーク「いままでにないワクワクを!」をテーマに、中古購入+リノベーションのワンストップサービスの全国VC(ボランタリーチェーン)ネットワーク展開を行う、リノベ不動産株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役:鎌田友和)は、株式会社アクティブエナジー(奈良県奈良市、代表取締役:西野光泰)と [全文を読む]

廃虚の「ドリームランド跡地」専門家が考える活用プラン

JIJICO / 2014年11月23日15時00分

(今西 頼久/不動産コンサルタント) [全文を読む]

"民泊"は「サラリーマンの副業」になるか

プレジデントオンライン / 2017年08月28日15時15分

そういう民泊経営ができれば人気を集めると思います」 不動産ビジネスに詳しい投資家の石川貴康さん(51歳)は、民泊についこう評価する。ただ、石川さん自身は現状の民泊ビジネスにはあまり魅力を感じていないという。 「私の知人にも東京ディズニーリゾートの地元である千葉県浦安市や、国際的な観光地・奈良市の郊外で民泊を手がけている人がいますが、そういった好条件の場所で [全文を読む]

JR奈良駅前1分にマンション&ホテル建設プロジェクト始動 フクダ不動産、ホテル概要とマンション棟の完成イメージを公開

@Press / 2015年11月09日13時00分

株式会社フクダ不動産(本社:奈良県橿原市、代表取締役:福田 文彦)は、JR奈良駅から徒歩1分の新築分譲マンションプロジェクト「ピアッツァコート奈良駅前(総戸数84戸)」&ホテルプロジェクト「ピアッツァホテルJR奈良駅前(総客室138室)」を始動いたします。「ピアッツァコート奈良駅前」は2016年2月初旬販売開始予定、「ピアッツァホテルJR奈良駅前」は201 [全文を読む]

新サービスを追加した「近鉄の空家・空地サポートサービス」を開始します。~2017年6月1日(木)から、奈良県奈良市の学園北、百楽園、西登美ヶ丘地区にて~

@Press / 2017年05月31日14時45分

近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/代表取締役社長:赤坂秀則)は、奈良県奈良市・生駒市を中心に展開している生活応援事業「近鉄“楽・元気”生活」において、「近鉄の空き家管理サービス」を提供しています。このたび、同サービスに加えて、空地サポートなどの新たなサービスを拡充した、「近鉄の空家・空地サポートサービス」を、2017年6月1日(木)から奈良県奈良市 [全文を読む]

エス・バイ・エル 住宅市場約8割の工務店シェア市場へ本格参入!工務店市場向け分譲(ミニ分譲)事業の本格化 第1弾 名古屋市守山区はじめ計4地区分譲 11月3日(土)同時販売開始

PR TIMES / 2012年11月01日11時02分

工務店市場向け分譲(ミニ分譲)は、各地域の不動産業者と連携し、販売は不動産業者が行う手法で、人件費や広告宣伝費等の徹底的な営業コスト削減を図り、リーズナブルな価格を実現致しました。敷地や建物を小規模に設定し、一次取得層を主なターゲット層とした分譲で、首都圏、名古屋圏、近畿圏の3エリアで展開して参ります。更に、リーズナブルな価格でありながら、品確法最高等級の [全文を読む]

創業から売上ゼロ! 『地方創生』ではなく『地方自治体』にこだわる社会起業家

政治山 / 2017年06月07日11時50分

私は不動産のウェブサイトを運営する民間企業に、約10年間勤めました。営業マンのキャリアから始まり、ウェブプロモーションの部署、経営企画に近いような中期経営計画策定などに携わり、事業戦略の立案などもしていました。一番大きかった経験は、海外子会社を立ち上げるために日本から1人で出向し、4年半ジャカルタに駐在したことです。 子会社を退職したのが2016年の9月 [全文を読む]

<事実はドラマより奇なり>バブル期の日本はドラマを通り越して「バラエティ」だった

メディアゴン / 2015年05月19日06時30分

例えば10億円の貸出残高に対する抵当不動産の価値が6億円に下がったとする。銀行は顧客に4億円の追加担保か、4億円の貸出金の返済請求をする。しかし、それに応じる顧客は少ない。銀行はバブル期に貸せるだけ、貸込んでいる。担保さえあれば顧客が希望するだけの金額を融資した。山林であろうと未登記物件があろうとお構いなしに担保設定し、貸込んだ。銀行にとっては当然だが、顧 [全文を読む]

関西連続不審死 千佐子容疑者と暮らした7人目の不審死情報

NEWSポストセブン / 2015年02月23日07時00分

奥様だと思っていましたが、まさかあの人が千佐子容疑者だったとは……」 Aさんはかつて造園業を営んでいたが、ほかの被害男性のように自分名義の不動産を持っていなかった。が、Aさんの葬儀に出席した知人が語る。 「Aさんは最初の奧さんと死別し、その後結婚と離婚を2度繰り返した後に千佐子容疑者と住むようになった。食事を作ったり身の回りの世話をしてくれる女の人が欲しか [全文を読む]

フォーカス