伊勢谷友介 高杉晋作に関するニュース

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

まず訪れたいのが、伊勢谷友介が演じる幕末の思想家、吉田松陰をまつる松陰神社。境内には、松陰主宰の私塾「松下村塾」がある。この地で松陰は、身分に関係なく入門者を受け入れ、東出昌大演じる久坂玄瑞(文の最初の夫)をはじめ、高杉晋作(高良健吾)、伊藤博文(劇団ひとり)など明治維新の原動力となった人材を育てた。松陰神社から5分ほど歩くと、伊藤博文別邸がある。1907 [全文を読む]

「花燃ゆ」松下村塾が始動!久坂&高杉が松陰と運命の出会い

Smartザテレビジョン / 2015年02月21日20時02分

激動の長州藩の運命に翻弄(ほんろう)されながらも、新しい時代へと兄・寅次郎(後の松陰・伊勢谷友介)の志を引き継いでいった文(井上真央)の姿を描く「花燃ゆ」。2月22日(日)放送の第8話では、ついに舞台は野山獄から松下村塾へ。幕末・維新で活躍する優秀な志士を多数輩出した松下村塾のメンバーの紹介と合わせ、2月22日(日)放送から登場する、東出昌大演じる久坂玄瑞 [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

例えば、4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画 [全文を読む]

伊勢谷友介 大河ドラマ『花燃ゆ』松蔭の命日に墓参り

WEB女性自身 / 2014年10月27日19時00分

10月26日、来年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に吉田松陰役で出演する俳優の伊勢谷友介(38)が、松蔭の命日(27日)にあわせ、東京都内の松陰神社の墓前を訪問した。 2010年の『龍馬伝』(高杉晋作役)以来の大河ドラマ出演となる伊勢谷は、「ここは高杉役の時にも来たので、遠からぬ存在に感じている場所」とコメント。墓参りを終えると、「うまく撮影ができ、松陰先生の [全文を読む]

幕末版『花より男子』の目線で見る『花燃ゆ』の魅力

WEB女性自身 / 2015年01月31日13時00分

今後もどんどん脱いでほしい!(笑)」 吉田松陰役には伊勢谷友介(38)。国禁を犯し、黒船で密航を企てるも失敗。故郷の萩で蟄居の身となった後、松下村塾を主宰。「松蔭は幽因された野山獄で、井川遥が演じる高須久子と出会い、和歌を交わします。一生結婚しなかった松蔭が、唯一女性に心を寄せる場面は、プラトニックだからこそ、キュン♥としそう」 高杉晋作役は高良健吾(27 [全文を読む]

幕末ドラマ好きから不満噴出!「花燃ゆ」の“役者カブリすぎ”に困惑の声

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時59分

まずは、ヒロイン・文(井上真央)の兄・吉田松陰を演じる伊勢谷友介について。 「第一話では主役のようにクローズアップされていましたね。でも、伊勢谷は『龍馬伝』の高杉晋作役で魅せた風雲児ぶりの印象が強く、今回も同じ長州藩の話ということもあって雰囲気モロかぶり。強いて言えば、高杉役のときにはなかったチョンマゲが今回はあったことが新鮮かな」(32歳・一般事務) [全文を読む]

NHK大河「花燃ゆ」 視聴率は出遅れ気味でも期待できるの評

NEWSポストセブン / 2015年01月10日16時00分

井上真央という紅一点の周辺には、松陰の伊勢谷友介、小田村伊之助の大沢たかお、久坂玄瑞に東出昌大、高杉晋作に高良健吾、入江九一に要潤……キラ星のようにイケメンが勢揃い。キャッチコピーは「幕末男子の育て方。」とか。NHK大河としては、かなりチャラいフレーズですが、中身はどうしてどうして。ドラマの骨格は太い。多少、筋立て優先のご都合主義に閉口しましたが、全体とし [全文を読む]

2015年は「とにかく見てもらう」ことに懸ける! 「花燃ゆ」高杉晋作役・高良健吾が熱意を語る!!

Smartザテレビジョン / 2015年01月04日10時00分

吉田松陰(伊勢谷友介)の妹であるヒロイン・文(井上真央)を取り巻く松下村塾生たちの豪華キャスティングも話題だ。塾生の中でも最も著名な高杉晋作を演じるのは高良健吾。ことし俳優デビュー10年を迎える高良に、熱い意気込みを聞いた。 幕末の風雲児・高杉晋作を演じる高良は大河ドラマ初出演。のちに奇兵隊を率いたあまりにも有名な偉人を、高良はどう捉えているのか問うと「み [全文を読む]

吉田松陰&高杉晋作の辞世の句をデザイン!「花燃ゆ」オリジナルグッズが登場

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日09時00分

また、伊勢谷友介演じる吉田松陰の辞世の句「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」がデザインされたものと、高良健吾演じる志士・高杉晋作の辞世の句「面白き こともなき世を おもしろく」がデザインされたものも販売される。 さらに、吉田松陰バージョンと高杉晋作バージョン、2種類のオリジナルマグカップも発売。共にドラマの中心的人物で、幕末に大き [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

ヒロイン・文を井上真央が、吉田松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、伊藤博文を劇団ひとりが演じるのも楽しみだが、やはり一番の注目は、文の最初の夫である久坂玄瑞を演じる東出昌大だろう。朝ドラ「ごちそうさん」でヒロインの相手役を演じて以降は、映画を中心に活躍。公開中の「アオハライド」も好評で、今一番のっている俳優のひとりだ。 松下村塾の四天王と呼ばれる4名と [全文を読む]

【今週の対決】「大河ドラマ検定」に挑戦してみた!

WEB女性自身 / 2016年06月13日06時00分

【問題】次の俳優の中で、大河ドラマで坂本龍馬役を演じたことがないのは誰でしょう? (1)福山雅治(2)江口洋介(3)玉木宏(4)伊勢谷友介 『龍馬伝』では高杉晋作、『花燃ゆ』では吉田松陰を演じていた(4)は、龍馬役はなかったのではと思って、(4)を選び正解。(1)は『龍馬伝』、(2)は『新選組!』、(3)は『篤姫』でそれぞれ坂本龍馬を演じているそう。 ほ [全文を読む]

「NHKのせい」の意見大半も……『真田丸』堺雅人の発言が低視聴率『花燃ゆ』井上真央の傷口をえぐる?

日刊サイゾー / 2015年12月15日00時00分

「幕末男子の作り方」という不可思議なキャッチコピーが「気色悪い」と非難され、吉田松陰の妹というほとんど知られていない存在を主役に据えた設定、『新選組!』や『龍馬伝』でさんざやった「幕末」への消化不良、大沢たかおの演技が『JIN-仁-』(TBS系)、伊勢谷友介が『龍馬伝』(同)の高杉晋作にしか見えないなど非難にはキリがなかったが、数字もその評判と比例したまま [全文を読む]

文から美和へ「花燃ゆ」第弐集発売

Smartザテレビジョン / 2015年09月15日17時12分

松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史ら実力派キャストをそろえている。 第弐集には第13回から第31回までを収録。日本の未来を切り開こうと挑み続けた兄・吉田松陰と、夫・久坂玄瑞が命を散らす。愛する人たちを失った文は、表の政治を内から支える中枢を担う毛 [全文を読む]

「花燃ゆ」第2部総集編が7月11日(土)に放送!

Smartザテレビジョン / 2015年07月09日22時53分

「花燃ゆ」は吉田松陰(伊勢谷友介)の妹・文を井上真央が演じる幕末の青春群像劇。 第1部では、松下村塾に文の夫となる久坂玄瑞(東出昌大)や高杉晋作(高良健吾)ら、のちの長州志士たちが集結。しかし、松陰自身は老中暗殺を企てたとして安政の大獄で処刑されてしまう。 第2部は、そんな松陰死後の長州藩の動乱が描かれている。文が無事を案じる中、攘夷のため奮闘する志士た [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 出演者華やかだが「史実と違い過ぎ」の声も

NEWSポストセブン / 2015年06月09日07時00分

4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、文の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。 [全文を読む]

藩のため夫のために…土木作業!?「花燃ゆ」第22回

Smartザテレビジョン / 2015年05月28日06時00分

武士以外から兵を集めるアイデアは、松陰(伊勢谷友介)の教えの一つである、全ての人が世のために立ち上がる“草莽崛起(そうもうくっき)”の思想を基にしたもの。 “松下村塾の双璧”高杉が松陰の血を藩政に注ぎ込む中、もう一方の“双璧”久坂は、奇兵隊に加わることもなく京に向かう。栄光から失意のどん底にたたき落された久坂と、久坂を待ち続ける文。耐える日々はまだ続く。 [全文を読む]

あの名ぜりふをもう一度「花燃ゆ」BD&DVD化決定

Smartザテレビジョン / 2015年05月15日18時13分

松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史と実力派キャストをそろえている。 第壱集には第1回から第12回までを収録。松陰と伊之助の出会いや、脱藩の罪で囚人となった松陰の獄中でのエピソード、監獄を出て松下村塾を開き門下生が集まる様子、さらに文が久坂と恋に落 [全文を読む]

「花燃ゆ」要潤の役作り「左手は常に隠しています」

Smartザテレビジョン / 2015年02月24日14時10分

「(塾生は)松陰先生(伊勢谷友介)がいないと、かじ取りができない」と、役柄の影響があるという。 「伊勢谷さんを中心に会話が回っていくんですけど、(松陰が獄に入り)今はいらっしゃらないので、(塾生は)バラバラ。今のところ断トツで引っ張っているのは劇団ひとり(伊藤利助役)さん(笑)。ずっと“遺伝子”のよく分からない話をしている(笑)」と意外なリーダー(?)のエ [全文を読む]

大河に『花燃ゆ』ごり押し? 安倍首相が愛する「長州藩」はテロリスト集団だった!

リテラ / 2015年02月22日19時00分

今回の主人公は、吉田松陰(伊勢谷友介)の妹で、長州藩士の久坂玄瑞(東出昌大)の妻・文(井上真央)、舞台はもちろん長州・山口県なのだが、こういう設定になったのは「NHKが安倍首相の地元をどうしても取り上げたかったからだ」「安倍首相がNHKに圧力をかけたんじゃないか」と関係者のあいだでまことしやかに噂されているのだ。 こうした疑惑を、ジャーナリスト・鵜飼克郎氏 [全文を読む]

東出昌大が、木刀を振り回し鬼気迫る演技を披露!

Smartザテレビジョン / 2015年02月21日09時00分

伊勢谷友介が演じる吉田寅次郎に手紙で挑発された久坂は、杉家に殴り込むことに。そこで取り出したのは真剣ではなく木刀であることを笑われた久坂は、木刀をあたりかまわずたたきつけるという迫力ある場面だ。 本番に気合十分の東出は「出てこい吉田寅次郎!たたっ斬っちゃる!」と叫び、瀬戸康史演じる吉田稔麿らの制止を振り切り、木刀を振り回して見せた。剣道経験者・東出の振り [全文を読む]

フォーカス