ベース 岸部一徳に関するニュース

最高の盛り上げ役は?前クールのドラマ出演者脇役ランキングTOP5

しらべぇ / 2017年01月05日06時30分

しかし、ベースが優しげな顔立ちの分、悪人を演じると余計に怖い...という振り幅の大きさも人気の要因か。■第3位:ムロツヨシ(138票)(画像はテレビ東京公式サイトのスクリーンショット)わずか6票差で、「勇者ヨシヒコ」シリーズのメレブ役・ムロツヨシがTOP3入り。多くのドラマや映画で活躍するムロだが、その魅力がいかんなく発揮されるのは、福田雄一監督作品をはじ [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月15日付)

ガジェット通信 / 2017年06月15日21時00分

1位 『キング・アーサー』(https://yahoo.jp/TEc0Ia) ■公開日 :2017年6月17 日(土) ■監督 :ガイ・リッチー ■キャスト:チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、エリック・バナ、キングズリー・ベン=アディル、クレイグ・マクギンリー、トム・ウー、ニール [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

物語のベースは淡々と日常が描かれるのみ。案の定、視聴率は平均8.9%と低迷する。だが――中盤あたりから口コミで同ドラマにハマる視聴者が続出。そのユルい空気感や、珠玉の台詞に癒される女性たちが増えていったのだ。放映後、同ドラマは優れた作品に贈られるギャラクシー賞を受賞する。そして脚本を手掛けた木皿泉サンは、栄えある向田邦子賞を受賞したのである。■木皿泉が日テ [全文を読む]

井上真央がモンペと闘う女教師役で1年9カ月ぶりドラマ復帰

文春オンライン / 2017年08月02日16時00分

「ノンフィクション作家・福田ますみ氏の『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)をベースにしたオリジナル。息子の自殺の責任を母親から追及され、崩壊寸前まで追い詰められた高校の女教師役を演じる。また、準主役になる、対立する母親役には仲間由紀恵にオファーを出していて、返事待ちの状況です」(テレビ局関係者) 長らくパートナー [全文を読む]

松本潤のアイデアも採用!「99.9」成功の要因は“アドリブの多さ”

アサジョ / 2016年06月20日17時59分

また、第8話に深山が留置され、佐田、斑目、坂東らと代わる代わる面会するシーンは、台本をベースに動きや言い回しをアレンジして、楽しみながら工夫していたといいます」(女性誌記者) そんな現場を班目演じる岸部一徳も「ドラマってアドリブがあまりにもふくらんでいくと、観ている側との間に距離ができてしまう。でも、これは特例的にそれが成功している」と納得のコメントを残し [全文を読む]

44年ぶり再結成のザ・タイガース 集まれば健康の話ばかり

NEWSポストセブン / 2013年01月21日07時00分

オリジナルメンバーとは、1967年にデビューした時の初期メンバーで、沢田研二(ボーカル/愛称=ジュリー)、加橋かつみ(リードギター兼ボーカル/トッポ)、森本太郎(ギター/タロー)、岸部一徳(66才/ベース、サリー)、瞳みのる(66才/ドラム、ピー)の5人。 この5人で、今年12月3日の日本武道館を皮切りに、同月27日の東京ドームまで、全国7都市8公演を行 [全文を読む]

フォーカス