恩田陸 文庫に関するニュース

4/1より、「みんなここから始まった! 処女作フェア」開催! 恩田陸先生など人気作家のサイン本の抽選販売も!

DreamNews / 2017年03月28日17時00分

【サイン本一覧】(順不同)誉田哲也 「幸せの条件」 (中公文庫) 堂場瞬一 「見えざる貌」 (中公文庫) 誉田哲也 「歌舞伎町ダムド」 (中公文庫) 今野敏 「任侠書房」 (中公文庫) 似鳥鶏 「理由あって冬に出る」 (創元推理文庫)加納朋子 「ななつのこ」 (創元推理文庫)貫井徳郎 「慟哭」 (創元推理文庫) 恩田陸 「錆びた太陽」 (朝日新聞出版) 篠 [全文を読む]

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【10月第4週】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月26日11時00分

本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう! 小説部門 1位 あまいゆびさき (ハヤカワ文庫JA) (ハヤカワ文庫 JA ミ 15-2) 宮木 あや子 2位 ぶたぶたの花束 (徳間文庫 や) 矢崎存美 3位 蜜蜂と遠雷 恩田 陸 4位 ストロベリーライフ 荻原 浩 5位 手のひらの京 綿矢 りさ 6 [全文を読む]

『2017年honto 4月月間ランキング』発表!~ドラマも好調『リバース (講談社文庫)』が総合ランキング第1位~

PR TIMES / 2017年05月10日11時00分

何がめでたい /佐藤 愛子 /小学館8位: 素敵な日本人 東野圭吾短編集 /東野 圭吾 /光文社9位: 火花 (文春文庫) /又吉 直樹 /文藝春秋10位: 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) /森見 登美彦 /KADOKAWA [全文を読む]

『2017年honto 2月月間ランキング』発表!~発売わずか5日ながら『騎士団長殺し 第一部・第二部』が堂々ワンツーフィニッシュ~

PR TIMES / 2017年03月06日12時26分

(honto広報担当:土佐 勝彦)[画像: https://prtimes.jp/i/9424/144/resize/d9424-144-583264-0.jpg ]■honto総合ランキング1位: 騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 /村上 春樹 /新潮社2位: 騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 /村上 春樹 /新潮社3位: 火花 (文春文庫) [全文を読む]

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【12月第3週】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日11時00分

本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう! 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 小説部門 1位 吾輩も猫である (新潮文庫) 赤川 次郎、新井 素子、石田 衣良、荻原 浩、恩田 陸、原田 マハ、村山 由佳、山内 マリコ 2位 クローバーナイト 辻村 深月 3位 自生の夢 飛 浩隆 4位 コ [全文を読む]

R‐40本屋さん大賞〈小説〉――ベテラン書店員さんたちのイチ押し本!

文春オンライン / 2017年08月12日17時00分

(「週刊文春」編集部) [全文を読む]

小説偏愛者のみなさんへ 講談社より、新小説レーベル『講談社タイガ』、本日刊行!

PR TIMES / 2015年10月21日10時00分

<執筆予定者> 相沢沙呼/アイダサキ/青崎有吾/青柳碧人/秋田禎信/浅井ラボ/あざの耕平/雨木シュウスケ/天祢涼/天野頌子/彩坂美月/綾崎隼/石川宏千花/一穂ミチ/大沼紀子/荻原規子/恩田陸/上遠野浩平/北山猛邦/京極夏彦/紅玉いづき/最果タヒ/榊一郎/三田誠/篠田真由美/周木律/白河三兎/城平京/須賀しのぶ/杉井光/高里椎奈/凪良ゆう/七尾与史/西尾維 [全文を読む]

すべての小説を愛する人たちへ 新小説レーベル「講談社タイガ」創刊!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月27日17時30分

相沢沙呼 アイダサキ 青崎有吾 青柳碧人 秋田禎信 浅井ラボ あざの耕平 雨木シュウスケ 天祢涼 天野頌子 彩坂美月 綾崎隼 大沼紀子 荻原規子 恩田陸 上遠野浩平 北山猛邦 京極夏彦 紅玉いづき 最果タヒ 榊一郎 三田誠 篠田真由美 周木律 白河三兎 城平京 須賀しのぶ 杉井光 高里椎奈 七尾与史 西尾維新 西澤保彦 似鳥鶏 二宮敦人 野崎まど 野村美 [全文を読む]

【謎解きイベントの作り手が推薦】 非日常体験をくれる!「謎解き製作のバイブル」ベスト10

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月23日11時00分

■7位 『ドミノ』恩田 陸 角川文庫 552円(税別)恩田陸が手掛けた異色のパニックコメディ小説。真夏の東京駅を舞台に、まったく無関係だった27人と1匹の運命が思いがけない形で絡み合い、猛スピードで驚きの結末に向かう。 [全文を読む]

「土屋アンナ騒動だけじゃない!」テレビ局もトラブルだらけ……“原作”と“原案”の違いって?

日刊サイゾー / 2013年08月26日13時00分

例えば、北川景子主演の土曜ドラマ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系/2012年)は、恩田陸の『夢違』が原案とされているが、こちらも小説には出てこない主人公の少女時代のオリジナルストーリーをテレビドラマとして展開。また、映画化もされた渡部篤郎主演のNHKドラマ『外事警察』(09年)でも、麻生幾の同名小説は「原案」とクレジットされているが、小説に登場しない人物や、名 [全文を読む]

フォーカス