不動産 豊中市に関するニュース

森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性…崩れる「国有地払い下げ」説

Business Journal / 2017年03月25日18時00分

小学校用地はかなり広いのですが、そこに狭い土地を前提とする宅地価格をあてはめて計算するのは不動産取引上あり得ません。だから、実際はかなり安くなるはずです」 小学校用地のロケーションも決して良いとはいえない。伊丹空港の騒音の問題と建物の高さ制限がある。よって、不動産業者にとってはマンション建築などで開発しづらい土地だ。「宅地価格を当てはめたのは理不尽ですし、 [全文を読む]

互いに「あいさつ」しないヤマダとニトリの会長…業界王同士が「領域侵食」で予測不能

Business Journal / 2017年09月18日06時00分

6月には不動産事業を担当する子会社、ヤマダ不動産を設立。店舗内に不動産コーナーを設け、グループで不動産仲介にも対応していく。 もうひとつの新業態店の目玉は2階のインテリアと雑貨のコーナーだ。ベッドやソファ、キッチン用品などを販売する。ニトリホールディングス(HD)の売り場を意識した店舗構成になっている、との指摘もある。つまり、ヤマダはニトリHDの牙城である [全文を読む]

信和不動産 タイでマンション開発 タイ人向け販売枠が完売

@Press / 2017年06月20日09時30分

総合建設業を営む信和グループの信和不動産株式会社(本社所在地:大阪府豊中市、代表取締役:丸尾 順治)は、出資しているタイの現地法人、W-SHINWA.Co.,Ltd.が日本人が多く居住するバンコクのトンロー地区にコンドミニアム(分譲マンション)を開発し、当初計画していたタイ人への販売住戸枠が完売した。 画像1: https://www.atpress.ne [全文を読む]

SUUMOの物件紹介動画に不適切トーク混入で不動産会社謝罪

NEWSポストセブン / 2017年03月14日16時00分

これが大手不動産情報サイト「SUUMO」(関西版)にアップされた物件紹介動画の音声なのだから、穏やかではない。 動画は、大阪府豊中市にある何の変哲もない3階建て一軒家を紹介したもの。廊下、洗面所、室内の収納などを1階から順に映していき、見た人はネット上で物件を“内覧”できるサービスだ。 下ネタトークの音声は、スマホで内覧動画を撮影していた女性スタッフが、同 [全文を読む]

「アベ友」事案・政治家関与の全容解明は時間の問題-植草一秀

メディアゴン / 2017年03月03日07時25分

そもそも、2016年6月20日に国から学校法人森友学園に払い下げられた大阪府豊中市にある8770平米の不動産鑑定評価額が9億5600万円とされたことがおかしい。この国有地は、さらに埋設物撤去費用として8億1974万円が控除され、1億3400万円で払い下げられた。しかも、その支払いは一括払いでなく、頭金プラス10回の分割払いだ。隣接する国有地9492平米は、 [全文を読む]

<森友学園問題>直接指示なくとも安倍首相行政責任免れない-植草一秀

メディアゴン / 2017年02月27日07時35分

植草一秀[経済評論家]* * *大阪府豊中市にある不動産鑑定評価額9億5600万円、8770平米の国有地が2016年6月20日に学校法人森友学園に1億3400万円で払い下げられた。国は地下埋設物撤去及び処理費用が8億1974万円と算定し、この金額を鑑定評価額から差し引いて売却した。しかし、地下埋設物の撤去に8億1974万円が支出された事実は確認されていない [全文を読む]

信和不動産、タイでマンション開発

@Press / 2016年12月29日09時30分

総合建設業を営む信和グループの信和不動産株式会社(本社所在地:大阪府豊中市、代表取締役:前田 裕幸)は、12月29日、タイの不動産開発会社WORALUK PROPERTY PUBLIC COMPANY LTD.(ウォララック・プロパティー)と合弁して、日本人が多く居住するバンコクのトンローにコンドミニアム(分譲マンション)を開発すると発表しました。2017 [全文を読む]

松井一郎大阪府知事ロングインタビュー「籠池氏には一度も会ったことはない」

プレジデントオンライン / 2017年04月03日15時15分

土地売買は、本来、不動産取引で地下にゴミが埋まっているなら、ゴミ処理撤去費は売り主の負担で土地をきれいにしないと、土壌汚染を含めて売り主の責任になる。今回、売り主の国がその責任を買い主に渡してしまった。一番の問題は、その土地の中にある異物、ゴミを近畿財務局が確認したかどうかです。確認していなければ、近畿財務局の職務怠慢で、処分の対象になるでしょう。もう一つ [全文を読む]

<森友学園問題>財政法違反濃厚の「アベ友」事案参考人招致を実行せよ-植草一秀

メディアゴン / 2017年03月05日07時30分

1.そもそも、8770平米の国有地の不動産鑑定評価額9億5600万円が低すぎる。隣接する9492平米の国有地は、2011年3月10日に国から豊中市に14億2300万円で売却されている。森友学園に払い下げられた国有地については、2011年から2012年にかけて、大阪音大が当該国有地の取得を要望して、埋設物撤去・土壌改良費2億5000万円を控除した5億8000 [全文を読む]

近畿エリアの住宅“任意売却”専門業者の著書 発売 住宅ローン返済困難な時の解決策を実例をもとに解説

@Press / 2016年04月26日10時30分

Amazon.co.jp第一位獲得!(不動産部門) 住宅ローン返済のために、絶対にお金を借りてはいけない!! 先の見えない不況、いつ身に降りかかるかもしれないリストラ、健康不安など、誰もが住宅ローンなどの返済が困難になるかもしれない時代です。 競売でマイホームを手放すのか?任意売却でリセットして、再出発するのか?その選択のためには、正しい知識と正しい判断 [全文を読む]

パナホームがJ-REITと連携し、賃貸マンションやサ高住の開発を推進

PR TIMES / 2014年09月24日17時46分

協定書締結の目的は、パナホームにおいてはADIMとの提携により、金融機関などからの土地取得に関する情報収集を加速させ、不動産事業(分譲・賃貸・サービス付き高齢者向け住宅)の拡大に寄与することです。また、ADIMおよびADRにおいては、パナホームからの優先的な売却情報の入手により、全国および全住戸タイプへの分散投資による資産規模の拡大と安定的収益確保の推進に [全文を読む]

森友学園強制捜査は疑惑隠しの国策捜査だ! 国有地払い下げを捜査対象から外して安倍夫妻を守った検察の忖度

リテラ / 2017年06月21日22時00分

財務省近畿財務局が不動産鑑定評価額9億5600万円の国有地をわずか1億3400万円で森友学園に売却し、しかも、条件面でもさまざまな優遇をしていたというこの国有地払い下げ疑惑は森友疑惑の核心部分だ。国民の財産をただ同然で売却した財務省近畿財務局の責任を厳しく問う必要があるのはもちろん、さまざまな政治家、さらには安倍首相や昭恵夫人の関与も指摘されている。とこ [全文を読む]

安倍首相の「疑惑」…森友学園へ関与示唆する事実続出、夫人の名誉校長就任前日に大阪入り

Business Journal / 2017年03月07日06時00分

そこには「ウチは不動産屋ではない」という秘書の感想も書き込まれていた。 鴻池議員の会見を受けて、森友学園の代理人弁護士は封筒の中身について「商品券を入れていた。鴻池氏が以前入院した時のお見舞いのつもりで、3万円分だった」と語っている。●違法性はない? この行為が事実であったのなら、どのような法的問題が生じるのだろうか。弁護士法人ALG&Associates [全文を読む]

東の豊洲に対抗・西の豊中:疑惑経緯早わかり-植草一秀

メディアゴン / 2017年02月22日07時30分

財務局は不動産鑑定評価額(更地価格)である9億5600万円から、地下埋設物撤去及び処理費用として8億1974万円を控除し、1億3400万円で当該国有地を払い下げた。しかも、この1億3400万円は2017年5月から2017年5月までの分割払いをされたのである。当初契約の賃料は年額2730万円だったが、新たな購入代金は年額1120万円に半減している。そして、最 [全文を読む]

パナホームが国土交通省「住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」として『かわい浪漫プロジェクト』をスタート

PR TIMES / 2015年02月13日11時28分

[画像: http://prtimes.jp/i/3442/1591/resize/d3442-1591-824522-0.jpg ]パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)およびパナホーム不動産株式会社、パナホーム リフォーム株式会社では、国土交通省の「平成26年度第2回 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」において、奈良県北葛城郡河 [全文を読む]

奈良県・ 西大和ニュータウンにおけるパナホームグループの提案が国土交通省「住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」に採択

PR TIMES / 2015年02月03日17時48分

[画像: http://prtimes.jp/i/3442/1577/resize/d3442-1577-455681-0.jpg ]パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)およびパナホーム不動産株式会社、パナホーム リフォーム株式会社は、国土交通省の「平成26年度第2回 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」において、奈良県北葛城郡河合 [全文を読む]

パナホームが女性視点の賃貸住宅モデルルーム「ラシーネ・テーマスタジオ」、「ラシーネ五條」をオープン

PR TIMES / 2014年11月12日13時34分

■「ラシーネ研究所」についてパナホームは、2012年7月、『ラシーネ』の全国展開にあたり、社内研究組織として、パナホームやパナホーム不動産株式会社、パナソニック株式会社、女性プロデューサー、女性建築家等で構成する「ラシーネ研究所」を設立。「ラシーネ研究所」の基本理念は、松下幸之助創業者の住まいへの想い“住まいは人間形成の道場である”に加え、パナホームの企業 [全文を読む]

フォーカス