融資 借金に関するニュース

借金が理由でフラれる可能性、より高いのは男性 調査結果

Forbes JAPAN / 2017年03月13日17時30分

借金は少ない方が、やはり恋愛においては有利なのだろうか?オンライン融資の米レンディングトゥリー(Lending Tree)によると、答えは「そのとおり」といえそうだ。約2000人を対象に同社が実施した調査の結果によると、男女共に収入と負債額の差が非常に大きい(借金が極めて少ない)人の方が、借金が多い人よりも魅力的だと異性から判断された。調査ではまず、複数の [全文を読む]

別にそこまで面白くはない、大学生時代に男に300万円貢いだ女の愛の戯言。

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年08月22日09時00分

中でも、消費者金融が提供する、50万円以内の貸出が原則となる小口融資サービスのことを学生ローンと呼びます。勤務先の在籍確認もないので、審査が通りやすいことが特徴です。なお、会社によっては社会人でも借りられる学生ローンもありますが、賃金業法で定められる総量規制のもと、年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。 絵に描いたような泥沼 消費者金融に足を運 [全文を読む]

韓国の経済活動人口、10人に7人が借金=韓国ネット「負債がないだけでも成功」「金利が上がった瞬間、あちこちで命を落とす人が続出しそう」

Record China / 2017年01月09日06時00分

16年11月末基準で融資を受けている人は1831万2270人で、07年末(1568万4360人)より16.8%増加した。これは昨年11月基準の経済活動人口(2744万6000人)の66.7%に相当する。国内世帯数が1956万世帯であることから、ほぼ1世帯に1人は金融機関からの融資を受けていることになる。 今回の分析は、銀行や相互金融(日本の組合金融に相当 [全文を読む]

借金してまで家が欲しいか? 3.11に1900万円の借金をした家モチ女子は…

ウートピ / 2017年06月01日20時45分

いよいよ今回は、土地購入のために1900万、もろもろも含めて計4100万円という巨額の融資を受けることに。借金してまで家が欲しいのか? その疑問に関する答えは人それぞれだけど、私の場合、迷わず「YES!」だった。「借金する!」と決めるのは勝手だけど、果たして女おひとり様に無事に融資はおりるのか?借金してまで家が欲しいのか?家は、借金をして買うものである。親 [全文を読む]

高利子で問題の米消費者金融、真の解決法は「銀行の参入」だ

Forbes JAPAN / 2016年06月14日08時00分

この規制案について非営利組織ピュー慈善信託のニック・バークは、悪質な融資を減らすことはできるかもしれないが、人々が良心的な金利で短期の借り入れを行えるようにする上では役に立たないと問題点を指摘する。「規制案は、銀行によるより低金利の融資を締め出すものだ」とバークは言う。「銀行ならペイデイローンよりも6倍低コストでこうした融資が行える可能性がある。なのに連邦 [全文を読む]

日銀が初めて導入「マイナス金利」で、家計への影響は?

WEB女性自身 / 2016年02月11日06時00分

日銀は年間80兆円もの国債を買ってその代金を銀行に流す 銀行は企業に融資 企業がそのお金を設備投資や給料アップに使う 景気が回復するというシナリオだった。それから3年。銀行は企業への融資を増やしてはいるが、それでも、バブル時代には及ばない状況だ。 「銀行が安心できる融資先が少なく、余った資金は日銀の当座預金に無駄に積み上げていく、いわゆる ブタ積み 。 1 [全文を読む]

2位年齢「住宅ローン審査に落ちた…」思い当たる融資不可の理由1位は

WooRis / 2016年11月25日21時00分

また、他のローンや借金がある場合は、融資を受けにくくなる上に、借りられても希望額に達しないなど、さまざまなデメリットが言われています。借りる前に整理できる借金はないか、検討した方がいいのかもしれませんね。■第3位:「勤務先が零細企業、自営業」(6票)第3位は「勤務先が零細企業だった、自営業だった」(6票)という答え。やはり安定した収入が見込める大企業に勤務 [全文を読む]

銀行員が目の当たりにした「多重債務者の転落人生」

メディアゴン / 2016年04月29日07時40分

勤務先、年収、信用情報の照会結果など、いずれも問題なく審査は通過し融資は実行された。しかし、驚いたことに、翌月の第一回目の返済日から、延滞となった。当初、何ら不審感を抱かなかった筆者は驚愕し、そして不安になった。このままでは担当者としての責任が問われる。電話は繋がらない。止むを得ず、〈彼〉の勤務先を訪問した。すると、とんでもない〈彼〉の裏の顔が分かったのだ [全文を読む]

膨大な国の「隠れ」借金 一般の国債に紛れて流通、国民の税金で穴埋めの恐れも

Business Journal / 2015年08月21日06時00分

6月末時点で95兆8480億円の発行残高と、国債総発行残高の1割以上を占める不思議な債券とは「財政投融資特別会計国債」、いわゆる財投債だ。 財政投融資とは、「国の信用や制度に基づいて調達した有償の公的資金を用いて、公庫、独立行政法人・特殊法人、国の特別会計や地方公共団体に対して行う長期・低利の資金供給」のことだ。この資金を調達するために発行されるのが財投債 [全文を読む]

TBS木村郁美アナを“超激ヤセ”させた前夫・杉澤修一氏のドロ沼借金劇「破産額は24億円……」

日刊サイゾー / 2014年05月25日09時00分

ところが、その後、杉澤氏は会社を株式上場すると言っては、社会的信用がある木村アナの名前も利用しつつ、あちこちから金を融資させた。しかし、上場話が一向に進まないことから、債権者とトラブルになり、表沙汰にもなった。とんだ、玉の輿婚だったのだ。 しかも、木村アナも、杉澤氏の一部借金の保証人になっていたために、借金返済を肩代わりせざるを得なくなった。泥沼に巻き込ま [全文を読む]

「最も借金返済の心配をしているのは年収1000万円以上の若年層」UBS調査

ZUU online / 2017年04月21日06時40分

■代替融資の「借りやすい環境」が悲劇を生みかねない?計画性に欠けた借金を重ねるという行為の責任は、当然ながら借りる側にある。しかし融資の際に利用者の経済状況を審査の基準にいれることは、融資側の責任義務の一部とされている。借り手の返済能力を判断するだけではなく不必要な負債を防止するという意味で、結果的には借り手にとってもプラスとなる。 [全文を読む]

銀行カードローンの急拡大に警戒強める――金融庁

経済界 / 2017年03月17日13時00分

金融庁は、銀行が個人向けに無担保で融資するカードローンの増加に警戒を強めている。超低金利の環境が続き、企業向け融資や住宅ローンの貸出金利が低下する中、銀行は比較的高い利ざやが見込めるカードローン事業を強化。ただ、利用者の返済能力に見合わない過剰な融資が行われ、かつての「多重債務問題」が再燃しかねないと不安視する声もある。このため金融庁は審査手法などについて [全文を読む]

<銀行のぞっとする話>ベンチャー起業家向けの「制度融資」を利用した詐欺

メディアゴン / 2016年12月11日07時30分

中でも、「新規にベンチャー企業を立ち上げようとする起業家に対する国や県や各地方公共団体の『制度融資』」は充実していた。そして、詐欺師集団は、この資金に目をつけた。あらゆる手を尽くしてそれらの『制度融資』を借りまくる。当時、借り入れ審査条件は甘く、返済条件は緩やかで、借り入れ利率はずいぶん低かった。詐欺師集団は集めた金を投資に回し、荒稼ぎをした。借りた制度融 [全文を読む]

病人は消費者金融の“お得意様”、高額医療費で借金地獄に―中国

Record China / 2016年07月13日03時20分

あるネット金融関係者は「融資は順調に伸びている。多くの顧客は医療費のためにお金を借りている」と話している。(翻訳・編集/増田聡太郎) [全文を読む]

メガバンク政治献金再開で自民党借金棒引きスキームの復活か

NEWSポストセブン / 2015年10月27日07時00分

メガバンクは自民党に対して、選挙のたびに巨額融資を行なってきた。2013年末時点での融資残高(すなわち自民党の借金)はメガ3行で約70億円にのぼる。 かつて自民党はそうした融資を銀行業界からの献金で返済するやり方を取っていた。要するに銀行に「借金を棒引き」させてきたのだ。献金再開はそのスキームの復活を意味する。金融ジャーナリストの森岡英樹氏が指摘する。 「 [全文を読む]

間寛平と山口組「消せなかった関係」(2)

アサ芸プラス / 2012年06月19日11時00分

「借金について、寛平は若い時分に、服部容疑者から100万円の融資を受けたことがあると言うとる。これは、とうに返済しておって、債務は残っとらん。この400万円についても、『恐喝ではなかった』と説明しとる。06年6月には、服部容疑者は組織から除籍となっとるから、寛平に会うた頃は、金に困っておったんやろうな。大方、寛平に金を無心して、寛平も身から出たサビという [全文を読む]

【新連載】こんな会社で働きたい! 第1回「カネは社員のために貯める」で創業から34年連続黒字を持続する千葉オイレッシュ

週プレNEWS / 2017年01月27日11時00分

実際、高校卒業後に上京し、銀行に勤務すると、窓口業務、外回り、融資の相談などをこなしました。仕事は性に合っていましたね」 それでも、帰省のたびに父は「いつになったら帰ってくるんだ」と尋ねてきた。実際、高齢者となりつつある姿を見るにつけ、20代後半になると野村さんも帰郷を考え始めた。だが、なんの仕事をしようか。銀行業務以外はなんの蓄積もない。どの仕事に就いて [全文を読む]

住宅ローン返せない人増加 家捨てても債務から解放されない

NEWSポストセブン / 2012年02月19日07時00分

そもそも、アメリカの住宅ローンは、債務者は住宅の処分以上の責任を問われないノンリコースローン(非遡及型融資)であるが、日本では住宅が担保割れしていれば不足分の債務を負わなければならないリコースローン(遡及型融資)である。 住宅問題に詳しい神戸大学大学院教授の平山洋介氏が語る。 「ローン・トゥ・バリュー(LTV)、つまり住宅価格に対するローンの比率は、ドイツ [全文を読む]

敷金は返金を明文化、飲み屋のツケは時効延長――民法大幅改正

ZUU online / 2017年05月28日10時40分

さらに事業の融資に個人保証は原則無効、欠陥商品には修理や代金減額を請求できるなど、消費者が看過できない改正が多い。■民法特に商取引面で初の120年ぶり大幅改正民法は1896(明治29)年に制定、施行以来、大きな改正なく120年経過した。近年は特に、コンピューターの出現とインターネット上の商取引が広がって、人々の社会生活は大きく変化した。そのような背景から法 [全文を読む]

<ぞっとする銀行の話>愛人への不正融資の果ての倒産と自殺

メディアゴン / 2016年10月30日07時30分

頭取から支店融資課長であるA君に電話があった。B宝石店への貸出稟議書を見せてくれと言うものだった。B社宛の融資稟議を提出の予定はないとA君が答えると、「なぜか?」と頭取は尋ねた。B社は三期連続赤字で、累積赤字が危険域に達している事、簿外負債(決算書には計上しない隠れた借金)や高利借入れがあり倒産リスクが極めて高い事などから、倒産目前と判断し、現在、緊急回収 [全文を読む]

フォーカス