飛行機 種子島に関するニュース

孤立無援?H3ロケットは2020年ロケット五輪で勝てるか ~ファルコン9炎上、ロケットビジネスの行方(後編)~

sorae.jp / 2016年09月15日18時56分

航空会社がいくら良い飛行機を導入しても、これらの施設が整備されなければ乗客を増やすことはできない。 縦割り行政で孤立無援 これらの問題解決を阻んでいるのは縦割り行政だ。H3ロケットの開発を担っているのは文部科学省だが、文部科学省は年間6機のH3ロケット打ち上げに対応可能なようにロケットを開発するのが仕事であって、商業衛星打ち上げへの「サービス施設」充実にま [全文を読む]

JAL×ベネッセ 小学生夏休み応援企画“そらとぶ自由研究”~今年は「空×宇宙 飛行機とロケットについて学ぶ鹿児島・種子島ツアー」を発売~

PR TIMES / 2015年05月28日16時14分

さらに、キャンペーンのメインイベントとして、「空×宇宙」をテーマにJALグループ施設や宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センターの見学を通して、飛行機やロケットなどについて楽しく学び、体験できる「そらとぶ自由研究 2015 鹿児島・種子島」ツアーを実施します。 JAL とベネッセは、旅行を機に、子どもたちが日常生活で経験できない体験の楽しさを知り、 [全文を読む]

普通の旅じゃ満足できない“変ジャーニスト”たちが集結『この旅、変じゃーに Vol.1』

デイリーニュースオンライン / 2015年12月12日11時00分

何度も乗り換えがあるし、飛行機はボロボロでシートベルトも壊れている。ソマリランドは“アフリカの隠れ安全地帯”とも言われているんですが、ソマリア人は短気なんです。飛行機の中でもいきなり殴り合いが始まって、それがどんどん広がって……。立ち上がって殴ったり、蹴ったり。死者がでるのではと思いました。ただでさえ揺れる狭い機内で、ひたすら「早く着かないかな」と願ってい [全文を読む]

伝説の刺青師が明かす“日活&東映スター”交流秘話「川島なお美の肌にも描いた」

アサ芸プラス / 2015年06月14日17時57分

「河野ちゃん、飛行機ものや。種子島長期ロケ、頼むで」 裕次郎がゼロ戦乗りを好演した「零戦黒雲一家」(62年、日活)である。男ばかりのボロボロの集団が決死で守る南海の島。女は島に流れ着いた、渡辺美佐子一人しか登場しない戦争映画で、サイパン、テニアン、マニラ、サイゴン‥‥と海軍上等飛行兵曹として転戦した経験を持つ河野の戦争体験がなければできない映画だったかもし [全文を読む]

木村拓哉・工藤静香夫妻、婚前旅行時の知られざるエピソードとは?

アサ芸プラス / 2015年02月24日09時59分

そして、飛行機で羽田空港に戻って来た際、報道陣が待ち構える中、堂々と腕を組んで登場しました。この年の12月に入籍しています」(週刊誌記者) 実は最初に宿泊していたログハウスが報道陣に見付かった際、持ち主で地元に住むM氏が二人のことを考え、別の場所を用意してくれたのだという。当時の裏話を知る芸能関係者が語る。 「Mさんが俳優の武田鉄矢さんの別荘を管理していた [全文を読む]

バレ、AJら輩出 人口15万人の島がなぜ野球王国となったのか

NEWSポストセブン / 2014年03月27日11時00分

世界を席巻する「小さな野球王国」の強さの秘密に迫った(取材・文/中島大輔 撮影/龍フェルケル) * * * 米国のマイアミを出発した飛行機が南米大陸に近づくと、カリブ海にポツンと浮かぶ小島が見えてきた。1499年にスペイン人とイタリア人の探検家に発見された、オランダ領のキュラソーだ。人口15万人、国土面積は種子島と同じほどのキュラソーは現在、メジャーリーグ [全文を読む]

フォーカス