女優 余貴美子に関するニュース

余貴美子 「日本や台湾、中国というより、私は客家」

NEWSポストセブン / 2017年06月30日07時00分

希代の演技派女優の心に息づく“流浪の民“の記憶を辿った。ジャーナリスト野嶋剛氏がレポートする。 * * * 小指の爪を、やたらに長く伸ばしていた。 自分には意味のわからない漢詩を、いつも書き記していた。 中国武術をやっていて、動きがやけに俊敏だった。 新聞で中国のニュースがあると、赤丸をつけて切り抜いていた。 孫文の立派な写真が、部屋に飾られていた。 中国 [全文を読む]

【ウラ芸能】大竹しのぶ、おばはんトークの中身

NewsCafe / 2015年02月26日15時00分

記者「先日、大竹しのぶ(57)、キムラ緑子(53)、梅沢昌代(61)という熟女優3人が観劇帰りの食事中におばはんトークをしていたことが一部女性誌に暴露されました」デスク「大竹とキムラはテレビにもよく出てるけど、梅沢っていう女優は聞いたことないな」記者「いやいや、テレビドラマでは脇でチラリとしか出ない人ですが、舞台中心に活動し、受賞歴もある演技派ですよ」デス [全文を読む]

向井理、ドラマ高視聴率の理由は共演者に埋没しているから?

アサ芸プラス / 2015年11月18日17時59分

「本ドラマの見どころは主人公の向井ではなく、実力派揃いの共演女優陣です。ヒロインの榮倉奈々はもちろん、他の女優たちも素晴らしい演技でドロドロとした相続騒動を描き出しており、ドラマとしての出来がいいんですよ」 榮倉は華麗なウェディングドレスを披露し、その姿は「俺と結婚してくれ!」や「こんな可愛いお嫁さん、憧れる!」などと、男女を問わず絶賛の的に。その家族とし [全文を読む]

女性300人に調査!ドラマ『ファーストクラス』で好きなキャラは?1位はあの新悪女

AOLニュース / 2014年10月16日17時30分

さすが大御所女優、圧倒的な存在感を披露している。二人に次いで、主役の沢尻エリカが3位にランクイン。前回の『ファースト・クラス』で「やっぱりエリカ様の演技力凄い!」と女優としての評価を上げた沢尻だったが、今回もキレキレの演技を見せており、前作よりパワーアップした女同士の激しい戦いに期待がかかる。 年代別でみても、20代は夏木マリ、木村佳乃、30代は沢尻エリカ [全文を読む]

マツコのデザート代を10人分前払い!?TOKIO松岡昌宏の気配りが男前すぎる!

アサジョ / 2016年10月26日09時59分

今作では、ドラマのほとんどの場面で女装をしている松岡だが、本人曰く「こういう役をやりたかった」と、意外や積極的に楽しんでいるようで、現場での“女優扱い”もまんざらではないそうだ。 また、共演する女優・余貴美子もすっかり慣れた様子。いまや男装している松岡には違和感を覚えるが、女装の松岡となら「普通に話せて一緒にお風呂にも入れるぐらい」と話しているとか。 し [全文を読む]

高畑淳子と余貴美子の会話に蒼井優は気まずそうに笑うだけ

NEWSポストセブン / 2015年06月19日07時00分

このドラマの裏側で、2人の女優が火花を散らしていたという。 その2人の女優とは、高畑淳子(60才)と余貴美子(59才)。高畑は、蒼井優(29才)演じる解離性同一性障害の女性・夢乃(明良)の実母を演じ、余は育ての母を演じている。 「片方が迫真の演技をすると、もう片方がそれに負けじと同じくすごいパワーで演技をしているんです。そんなふたりの闘志をさらに燃やさせる [全文を読む]

倉科カナの“暴れん坊おっぱい“が話題に! 『ファーストクラス』の見どころは美悪女たちの胸元にあり!?

メンズサイゾー / 2014年10月16日19時30分

グラビア時代から、あふれんばかりのおっぱいで有名だった倉科だが、女優業にシフトしてからは、おっぱいを満喫できるようなグラビアはほとんど披露していない。女優としてすでに確固たる地位を築いた彼女が、今になってビキニになる必要性はないのだろうが、当時からのファンにとっては少々物足りない気分に違いない。だからこそ、ドラマの中で彼女のおっぱいが揺れるたびに、「暴れ [全文を読む]

沢尻エリカを「命がけでいびり倒したい」女優陣宣戦布告

dwango.jp news / 2014年10月14日01時15分

この日登場したのは、主演の沢尻エリカをはじめ、木村佳乃、倉科カナ、シシド・カフカ、篠原ともえ、鈴木ちなみ、余貴美子、市川実和子、小島聖、ともさかりえ、夏木マリら、総勢11名の女優陣、通称“沢尻悪女イレブン”。ドラマ「ファーストクラス」は、今年の4月から6月に放送されたドラマ「ファースト・クラス」の続編。舞台を出版社からファッションブランド業界へと移し、新進 [全文を読む]

『ひよっこ』で、シシド・カフカが大ブレイク!?

日刊大衆 / 2017年06月20日06時35分

『ちゅらさん』の城之内役には、当時すでに名のある女優だった菅野美穂を充てたが、今回この姉貴的な役を担うのが、シシド・カフカというのも面白い。ドラマーとして活躍し、テレビCMでも話題の彼女だが、ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)などにも出演し、女優としても成功しつつある。『ひよっこ』の早苗役で一気にブレイクしてもなんらおかしくない。そしてあのクール [全文を読む]

柴咲コウ「この2人が出るなら私も出たい!」と尊敬する大女優とは?

anan NEWS / 2016年10月27日20時00分

写真・小笠原真紀 スタイリスト・Yuka Ogura(CommuneLtd.,) ヘア&メイク・SAKURA(Allure) [全文を読む]

松岡昌宏が「家政夫のミタゾノ」で女装初挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日05時00分

とにかく、すべてが初体験だけど、いい経験だなと思います」と明かし、「女優さんは大変だということがよく分かりました! このドラマでは“直しの時間”はいっぱい取ってほしいと切に願っています」と訴えた。 劇中で三田園は“思わず凝視してしまうほど大きな女”と表現される。松岡がメークと着替えを終え、スタッフの前に立った時に男性スタッフから「おぉ!」と歓喜の声が上がり [全文を読む]

尾野真千子が撮了!「女優としての目標ができた」

Smartザテレビジョン / 2016年09月15日05時00分

撮影に入る前には簡単に『伝わってくれたらいいな』と口にしていましたが、今は愛の深さ伝えることの難しさが分かったし、これから私が女優業を続けるに当たって、1つ試練であり目標ができたという思いです」と明かした。 美奈(尾野)と信次(江口)が離婚の危機を乗り越え、最終回となる第9話ではハジメ(横山)を取り戻そうと、ハジメを養育するのに自分たちが適していると、家庭 [全文を読む]

年上好きの女子、必見。映画「シン・ゴジラ」が最高にアツい理由

Woman Insight / 2016年09月04日07時00分

【4】仕事がデキて美しい! 個性的な女優陣に元気をもらう カッコイイのは男性ばかりじゃありません。石原さとみさん、市川実日子さん、余貴美子さんなど粒ぞろいの個性派女優軍団が、これまた個性的な女性たちを演じます。 『シン・ゴジラ』に出てくる女性はとにかく仕事がデキる! そして強い! でも強さの中にふっと見せる可愛らしさに、和む場面も。 可愛くて仕事がデキる [全文を読む]

シュレッダー好き東幹久他、芸能人のちっちゃな趣味事情

NEWSポストセブン / 2015年05月27日07時00分

そういえば、かの大女優松坂慶子も大河ドラマの合間の楽しみといえば、「手をちっちゃくぶるぶるひらひらすること」だと語っていた。なにしろ現場では重たい打掛やらカツラやらで体を思い切り動かすことができず、ガチガチになりやすい。そこで考案したぶるぶるで、高畑淳子や余貴美子も実践しているらしい。日本の大女優はみんなちっちゃくぶるぶる。これもいい話だ。 元暴走族とい [全文を読む]

堺雅人興奮!蒼井優、吉瀬美智子ら追加キャスト発表

Smartザテレビジョン / 2015年03月03日06時00分

日本を代表する素晴らしい女優さんですよね。今回、芸者さんとして登場するわけですが、間近で彼女の演技を見られてとてもうれしいです。僕は彼女と恋に落ちる設定ですが、もうすべて彼女に任せて、翻弄(ほんろう)されていようと思っています(笑)」とコメント。 続けて「吉瀬美智子さんは『リーガルハイSP』('14年フジテレビ系)以来の共演です。妖艶だけど男気もあって、硬 [全文を読む]

中谷美紀が頑固ジジイに!? 主演作『繕い裁つ人』の予告映像が公開

Entame Plex / 2014年11月20日01時07分

女優の中谷美紀が主演を務める2015年1月31日より公開の映画『繕い裁つ人』の予告映像が公開された。本作は、「ハツキス」(講談社)にて連載中の池谷葵による同名コミックを実写映画化。祖母の洋裁店を引き継いだ仕立て屋である市江(中谷)の元へ、彼女の才能に惚れ込んだデパートの営業マン・藤井(三浦貴大)が訪れることから物語が始まる。今回公開された映像では、“洋裁以 [全文を読む]

「失敗すれば脱がされる」!? 沢尻エリカ、綾瀬はるかとの“水10対決“にどうしても勝ちたい理由

メンズサイゾー / 2014年10月21日20時20分

一方の綾瀬も、最近はドラマや映画が立て続けにコケており、ここで格下の沢尻に負けるようなことがあればトップ女優としての地位を失うことになりかねない。 22日に第二話の放送が迫っている両ドラマ。どちらの主演女優も切羽詰った状況であるだけに、今後も追う沢尻と追われる綾瀬の激しいバトルが繰り広げられることになりそうだ。 (文=佐藤勇馬/Yellow Tear Dr [全文を読む]

秋ドラマ美女の妖艶シーンを先取り速報!(2)美貌に磨きがかかった沢尻エリカ

アサ芸プラス / 2014年10月08日09時58分

ただ、共演する余貴美子、夏木マリといった気の強そうな大物女優とトラブルが起きないか心配ですが‥‥」(女性誌記者) 本来の悪女に戻った沢尻のエロ仕掛けならハマってみたいッ。 女の色気は四十路から、と熟女好みの貴兄には「さよなら私」(NHK)が妙味あり。主演の永作博美(43)が同窓生・石田ゆり子(44)と、夫を取り合う熟女三角関係の物語だ。 芸能評論家の織田祐 [全文を読む]

映画『サード・パーソン』、杉本彩、余貴美子ら著名人からコメントが続々到着

Entame Plex / 2014年06月07日15時45分

本作で描かれるのは、パリのホテルにこもって最新作を執筆中の小説家(リーアム・ニーソン)と作家志望でもある若き愛人(オリヴィア・ワイルド)の話、ローマのバーで密輸業者に娘を誘拐されたという他人を信じることができない女と出会ったアメリカ人ビジネスマンの男(エイドリアン・ブロディ)の話、そしてニューヨークのホテルで客室係として働く元女優(ミラ・クニス)とその元夫 [全文を読む]

余貴美子のオススメ店 地元・横浜中華街の中華料理店「萬来亭」

ぐるなび / 2013年12月16日17時10分

12月13日の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)で、司会の安住紳一郎アナウンサーが横浜出身の女優・余貴美子さんとともに横浜中華街を散策し、横浜市中区の「萬来亭」を訪れた。 幼稚園から高校まで横浜の学校に通っていたという余さんが地元横浜を案内し、大好きな店だという萬来亭を紹介した。余さんがオススメするメニューの一つが「きゅうりと枝豆 [全文を読む]

フォーカス