深大寺 ゲゲゲの鬼太郎に関するニュース

キラキラじゃなくても楽しめる!女子大生が巡る都内ディープスポット

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月11日10時00分

今回は前編として、調布市深大寺に行ってみました! そしてそのレポートを公開します!■食べ歩き・妖怪・猫の三拍子が揃ったほっこりスポット・調布市深大寺2015年12月某日。京王線調布駅のホームに降り立つと、いきものがかりの『ありがとう』のオルゴール風メロディが聞こえてきました。それもそのはず。ここ、調布は2010年に放送された朝ドラ『ゲゲゲの女房』の舞台とな [全文を読む]

【フジテレビ】PC版ゲーム「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁」ゲームの枠を超えたコラボイベントが続々開催! 12月27日(金)~

PR TIMES / 2013年12月26日11時44分

----------------------------------------------------------------------------------【コラボイベント1.】「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁」×「鬼太郎茶屋」---------------------------------------------------------------- [全文を読む]

妖怪ブームとまちおこし、水木しげるが「現世」に残したもの

FUTURUS / 2015年12月03日23時00分

source:http://photosku.com/ 同市では、ゲゲゲの鬼太郎が車体に描かれた『鬼太郎バス』が走り、同市深大寺の門前には『鬼太郎茶屋・深大寺店』が営業している。 巨星・水木しげる氏が残したキャラクターや物語は、時代を超えて愛される普遍性を獲得したと言える。 心より、氏のご冥福をお祈りしたい。 【参考・画像】 ※ 漫画家の水木しげるさん死 [全文を読む]

ゲゲゲの妖怪たちに会いに行こう!紅葉も見頃の深大寺『鬼太郎茶屋』でほっこり

えん食べ / 2013年11月07日11時30分

それは、今年でオープン10周年を迎えた調布市深大寺にある『鬼太郎茶屋』。ここでは『ゲゲゲの鬼太郎』に出てくる妖怪をモチーフにしたメニューが食べられるんだとか。寒い季節にお化けって無謀な気もするけど、ぜひ鬼太郎や妖怪たちに会ってみたい!ということで、さっそく調布まで行ってみることにしました。■情緒あふれる風景が広がる、深大寺の遊歩道『鬼太郎茶屋』へ行くには、 [全文を読む]

「あんな食生活で平気かと思ってたのに」 若者すぎる食事も話題を集めた水木しげる、“妖怪界”へ逝く

おたぽる / 2015年11月30日16時30分

ほか宅配ピザや、「伝説のすた丼屋」のすた丼、あずきバー、ハンバーグ弁当などを美味しそうに食べていた水木氏だが、今年9月、深大寺にある鬼太郎茶屋で茶屋のメニューを「おいしそうに平らげていました♪」という報告以来、水木氏の食事風景の更新は途絶えていた。 だが、当時93歳とは思えない水木氏の食生活を見て、ファンからは「まだまだお元気そうで何より」「水木先生こそ妖 [全文を読む]

フォーカス