長州力 大仁田厚に関するニュース

宮崎駿が長編映画に復帰へ 「大仁田厚並の引退詐欺」との声も

しらべぇ / 2017年02月25日08時30分

長州力、大仁田厚に並ぶ引退詐欺・宮崎駿さんの引退 もののけ姫の後「引退します」 → 復帰 千と千尋の神隠しの後「引退します」 → 復帰 風立ちぬの後「引退します」 → 復帰( New!)・パヤオと大仁田厚らへんはもう殿堂入りでいいよ・大仁田厚と宮崎駿は何回引退撤回をしたら気が済むの?・大仁田厚、misono、宮崎駿って感じだ・ほっしゃん「...」もっとも [全文を読む]

「猪木vs黒柳徹子の一戦を知ってますか?」吉田豪と『真説・長州力』著者・田崎健太がガチトーク!

週プレNEWS / 2015年09月26日06時00分

『真説・長州力 1951-2015』(以下、真説)が話題を呼んでいる。在日朝鮮人2世として生まれた幼少期の苦悩から“黒歴史”WJプロレス崩壊の真相まで、長州氏本人が赤裸々に語るとともに約50名もの関係者を丹念に取材したヘビー級ノンフィクションである。 著者の田崎健太氏は元々プロレスに詳しくはなく、虚実入り交じるプロレスという不思議な世界に翻弄(ほんろう)さ [全文を読む]

今度は本当?大仁田厚が7度目のプロレスラー引退宣言も「ネタだろ」の声

しらべぇ / 2017年05月11日22時00分

— 彷徨う旅人 (@sasuraidesu) May 10, 2017大仁田とテリーファンクと長州力は何回「引退」するんだ???— 鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人) (@s_hiroki24) May 10, 2017■2度目の復帰にファンが激怒なぜ大仁田はここまで信用を失ってしまったのか。それは2度目の引退に原因がある。1度目の引退後、復帰した大仁田は [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】長州力の言葉「俺にパイプイスを持たせるとマジで危ない」 対戦した真壁刀義が実感

TechinsightJapan / 2016年10月14日15時18分

新日本プロレスのプロレスラー真壁刀義が、まだ駆け出しで長州力の付き人だった時に「俺にパイプイスを持たせるとマジで危ないからなっ」と言い聞かされたそうだ。時は経ち、人気レスラーとなった真壁がその長州と対戦することになった。当時ヒール(悪役)だった真壁は逆にパイプイスを持って長州に挑んだ。 10月13日に放送された『秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX合体 [全文を読む]

「もうこれ以上話すことはない」と自ら語った最後の評伝『真説・長州力 1951-2015』で明かされる黒歴史とは!

週プレNEWS / 2015年07月24日11時00分

プロレスラー長州力60余年の人生に迫った『真説・長州力 1951-2015』(田崎健太著、集英社インターナショナル)が刊行された。 藤波辰爾、佐山聡(初代タイガーマスク)、アニマル浜口、大仁田厚ら多数の大物レスラーや関係者を取材、長州力という時代の革命児を取り巻く昭和~平成のプロレス戦国絵巻ともいえる496ページのヘビー級ノンフィクションだ。 何よりも、長 [全文を読む]

新黄金期到来!で今年もやってきた、新日本プロレス「1・4東京ドーム」が“1分でわかる”『ゴング』編集長・金沢克彦の白熱教室

週プレNEWS / 2014年12月06日15時00分

この年は長州力vs藤波辰爾をメインに、アントニオ猪木の特別出場、WCWの華やかな外国人勢も売りでした。 93年は前年末に抗争がスタートしたWARの総大将・天龍源一郎と長州力がいきなりの頂上決戦。さらに翌年は猪木vs天龍というあり得ないカードが実現。 95年にはUWFインターナショナルとの対抗戦が勃発し、10月9日のドーム大会は6万7000人という空前の大観 [全文を読む]

ファン騒然!もしも『ヤク絶ち清原』がプロレスに参戦したら

しらべぇ / 2016年02月21日16時00分

上記以外で知名度のあるプロレスラーといえば天龍源一郎、長州力、大仁田厚、アニマル浜口などで、かつてのゴールデンタイム世代ばかり。プロレスラーの知名度不足は深刻化しており、このままではプロレスラーを志す若者がいなくなる。仮に清原がプロレス参戦となればテレビ局も黙っていないはずで、プロレスを世間にアピールする絶好の機会になる。■プロレスファンの意見は?プロレス [全文を読む]

プロレスって手加減してるんじゃないか? 引退する天龍はそんな疑問にすべて答えてきた

週プレNEWS / 2015年09月13日11時00分

―ライバルとしてよく比較される長州力は、藤波辰巳(現・辰爾)に下克上の狼煙(のろし)を上げた「噛ませ犬事件」でブレイクしましたが、天龍選手はどうやってトップレスラーに上り詰めていったんですか? 小佐野 大相撲から全日本プロレスに入って、馬場、ジャンボ鶴田に続く「第三の男」として期待されていました。すぐにアメリカ修行にも出されましたが、なかなかブレイクせず [全文を読む]

ダンプ松本ファン「最近はクラッシュファンとも一緒に観戦」

NEWSポストセブン / 2015年06月01日07時00分

その一方で、長州力(63)や藤波辰爾(61)など昭和のスーパースターたちが、変わらぬ闘志と技で今なおリングに立ち続けている。 「千種! 千種!」──大歓声に包まれながらリングに登場したのは、長与千種(50)。まるで女子プロレスが大ブームとなった1980年代にタイムスリップしたかのようなこの光景は、5月23日に東京・大田区総合体育館で行なわれた『ノーロープ有 [全文を読む]

プロレスデビュー話が急加速!?清原和博と格闘技関係者の「密談」現場

アサ芸プラス / 2015年03月15日17時59分

大仁田といえば、長州力をはじめ、プロレス界では実現不可能と言われていた大物との対戦を実現させてきました。最近では元大相撲の貴闘力との対戦で業界を盛り上げましたからね」(プロレス誌ライター) それに加えて、清原自身も格闘技好きとして知られ、過去には親交の深い格闘家・秋山成勲の試合でセコンドについたこともある。 さらには、噂に尾ひれをつける目撃談も聞こえてきた [全文を読む]

力道山3世レスラー『力(ちから)』 不思議ムーブで観客を魅了

NEWSポストセブン / 2014年08月24日07時00分

また、長州力、藤波辰爾といったビッグネームも定期参戦するため、その人気ぶりはメジャー団体にも引けを取らない。 そんな『リアルジャパン』で、今、長州、藤波、大仁田以上に、観客を熱狂させるレスラーがいる。彼の名は力(ちから)。 何を隠そうあの力道山の孫(プロレスラー・百田光雄の息子)であり、このご時勢に祖父譲りの“空手チョップ”だけで相手レスラーと対峙するとい [全文を読む]

フォーカス