仕事 豊田市に関するニュース

トヨタ、「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2015年09月25日15時39分

この他、クルマにまつわる様々な仕事を体験できる「キッズTESタウン」や、未来の動力である燃料電池の製作を体験・体感できる「MIRAIミニカー製作」などの企画を多数用意している。『とよたものづくりフェスタ2015』では、「出展者が通常活動の成果を発表し、来場者がその成果を体験できるブース」を方針とし、ものづくりの「みる」「つくる」「チャレンジする」と言った段 [全文を読む]

トヨタ、「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2014年08月27日15時57分

この他、自動車生産の仕事の体験ができる「こどもクルマエンジニア」や、未来のパーソナルモビリティ “Winglet(ウィングレット)”と “i-ROAD(アイロード)”に試乗できる「未来モビリティ体験」などの企画を多数用意している。「とよたものづくりフェスタ2014」では、「出展者が通常活動の成果を発表するとともに、来場者が自ら考えて工夫や発見ができるブース [全文を読む]

トヨタ、農山村を起点とした人づくり・地域づくりの協働プロジェクト「豊森(とよもり)」第三期の募集開始

JCN Newswire / 2013年04月05日12時23分

受講生にとっては、実際に地域の人々や課題に肌で触れることで、自分の仕事や家庭だけを考えるのではなく、愛着のある地域で支え合い、助け合うような生き方を目指す視点が生まれ、地域への関心につながった。また、地域にとっては、このような取り組みが地域の課題を共に考えるベースとなることを知っていただくとともに、その解決には、継続的に実施することが重要とも認識した。豊森 [全文を読む]

松本人志が「エグい!」と認めた写真家が、3年間の住み込みで迫った多国籍団地の“幸せ”とは?

週プレNEWS / 2017年01月24日10時00分

13年の年末にノンフィクション作家の藤野眞功(みさを)さんと編集者とデザイナーの4人で飲んでて、来年はW杯もあるからブラジルが熱い、国内在住のブラジル人を撮ったら仕事になるんちゃうのと盛り上がった。 それで名古屋港にブラジル人のドリフト族がいるぞ、みたいな情報をゲットして大晦日に行ったら人っ子ひとりいない。じゃあどこやって聞き回ったら洋服屋の店員が豊田にブ [全文を読む]

商用訪問するビジネスパーソンに「仕事環境支援サービス」を展開 豊田市内の低炭素社会モデル地区「とよたecoful town」を、移動自由度を高め地域を活性化する実証実験「Ha:mo スペース」に提供

PR TIMES / 2016年11月07日16時40分

豊田市では、このたび、市内の低炭素社会モデル地区「とよたecoful town(とよたエコフルタウン)」内にあるレストランを、トヨタ自動車株式会社が2016年11月7日(月)~12月25日(日)まで実施する、移動自由度を高めて地域を活性化することを目的とした実証実験「Ha:mo スペース」に提供します。[画像1: http://prtimes.jp/i/2 [全文を読む]

トヨタが「もっといいクルマづくり」を目指す若者向けに「職業体験イベント」を開催!

clicccar / 2016年07月25日20時33分

小学生向けには「トヨタスタッフの仕事を体験してみよう」をテーマに、トヨタ会館のガイド業務や館内ショップでの接客体験を、中学生向けには車両性能評価や生産業務などを体験できるメニューを用意。 また高校生向けには「エンジニアの仕事を知る・見る・体験できる特別な1日」をテーマに、同社のエンジニアから生の体験談を聞いたり、設計、評価部門、テストコースなどの見学や、 [全文を読む]

国際テニストーナメント「2017 ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ」を開催

@Press / 2017年09月05日09時15分

この体験を通じて、テニスの大会がどのように運営されているかを知ってもらい、お客様対応やメディアルームでの仕事などについて学んでもらうことを目的としています。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137205/img_137205_2.jpg画像2: https://www.atpress.ne.jp/release [全文を読む]

新婚・上田まりえアナは「週6日ジム通い」の細マッチョだった!

アサジョ / 2017年08月16日10時15分

『デイリースポーツ』に連載中の彼女のコラムでも、最低でも週3日、多いときは週6日もジムに通っていることを明かしています」(エンタメ誌記者) 14日のブログには「オフのスタートも、仕事のスタートも、結局トレーニングからな私なのでした」と綴り、見事な細マッチョボディを披露。「かつては“干物女”とイジられた上田アナですが、今年2月に無事、結婚しました。ただ、夫は [全文を読む]

あなたもトヨタが好きになる!? 大きすぎる自動車メーカー「トヨタ」の可愛すぎる「アイデアコンテスト」

clicccar / 2016年11月14日10時05分

とはいいつつ、トランプ氏と大きく違うのは、どこのチームも嫌われていないどころか「アイデアコンテスト」のお陰でそれまで繋がりの無かった他部署とも交流ができ、仕事やコンテストでも協力しあっているとのこと。だからこそ、参加者はもちろん、そこにいる人が全員笑顔になる素敵なイベントなのです。 来年「アイデアコンテスト」は記念すべき40回目。今年以上に各部署共に気合 [全文を読む]

FBで2万再生超えのハンドメイドiQOSケース発売~発達障害の女性モデルが作るレザーアイテム~

@Press / 2016年10月12日16時00分

モデル業界も不況の煽りを受け仕事も激減したことがきっかけで、10年前にハンドメイドレザーアーティストとしてのキャリアをスタートさせました。 かつてADHDと診断された時、医師に「この病気は治りません」と言われ、その場で号泣し自分の未来を悲観した彼女。ADHDは毎日同じことを繰り返す単調作業ができないが、特性である過集中を逆手に取り、物凄い集中力でレザーアイ [全文を読む]

2016卒向け就職イベント「PREMIUM CAREER FORUM 名古屋会場」業界&仕事研究Day 3月2日(月)開催!

PR TIMES / 2015年02月25日11時14分

[画像: http://prtimes.jp/i/3965/182/resize/d3965-182-167590-0.jpg ] 発見!出合い!そして直接話せる! 昨年も1万人以上を動員した支持率No.1就職イベント PREMIUM CAREER FORUM 「業界研究」と「仕事研究」を軸に、学生の皆様と企業の出合いをプロデュース。 ※企業ブース 10 [全文を読む]

トヨタ、「第42回聾学校トヨタ見学会」を開催

JCN Newswire / 2015年01月27日16時19分

また、聾学校を卒業したトヨタ自動車社員(4名)及び、トヨタ販売店スタッフ(2名)が終日同行し、工場と販売店の仕事内容を紹介。自動車産業への理解を深めていただくと共に、障がいを持ちながらも立派に働く先輩との交流を通して、児童の皆様の自信や励みに繋げていただくことを目指している。1. 日時: 2月3日(火)10:00~15:002. 招待校:岐阜県立岐阜聾学校 [全文を読む]

疲れた心を癒すには?オトナ女子が楽しめる紅葉狩りスポット3選

ANGIE / 2014年11月04日07時59分

仕事や恋愛でお疲れ気味のときでも、ここで大自然に溶け込めば、新たな力が湧いてくるかもしれません。 絶景ポイントは、塩沢冠水橋から上流へ向かう散策路。そして、展望台から与謝野晶子歌碑へ通じる遊歩道です。 映画に出てきそうなロマンチックな遊歩道は、きちんと整備されているので歩きやすいのもうれしいですね。 仕事や恋愛で忙しい毎日を送っていても、ここなら手軽に半 [全文を読む]

大学生向け「アイデムカップ2014 フットサル大会」

PR TIMES / 2014年09月29日14時27分

新聞折込求人紙「しごと情報アイデム」、求人フリーペーパー「ジョブアイデム」企画・発行 【人材紹介事業】「Aidem Smart Agent(新卒・転職)」 【アイデム 人と仕事研究所】 人材育成:各種セミナー、ビジネスマナー、講師派遣、新入社員育成プログラム。 調査・情報サービス:会員制ホームページの運営、オリジナル調査資料の定期発行、人事・労務管理情報誌 [全文を読む]

「第40回聾学校トヨタ見学会」を開催

JCN Newswire / 2013年01月30日17時09分

また、聾学校を卒業したトヨタ社員6名が終日同行し、先輩・後輩の交流を深めながら、工場での仕事内容を紹介し、働くことの楽しさなどを伝えられる内容としている。なお、『聾学校トヨタ見学会』の実施概要は、以下のとおり。1.日時: 2月7日(木)10:00~15:002.招待校:岐阜県立岐阜聾学校 児童17名、教諭10名三重県立聾学校 児童10名、教諭8名合計45名 [全文を読む]

アイシン精機が「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクテッド」などを開発推進する新たな実験棟「Vラボ」を開設

clicccar / 2017年08月04日16時33分

新たに開設された実験棟「Vラボ」では、従来の部品単体での開発だけではなく、車両レベルでのより大きなシステム開発へと仕事のやり方を変えていくことを目指し、同施設を次世代開発ワーキングの戦略特区として活用。「ゼロエミッション」、「自動運転」、「コネクテッド」などの次世代成長領域の新商品、新技術開発を推進していくそうです。 また「Vラボ」では、世界の車両、製品 [全文を読む]

トヨタ、「トヨタ博物館 夏フェス!2017」を開催

JCN Newswire / 2017年06月20日15時40分

(1)期間: 7月15日(土)~10月9日(月・祝)(2)場所: トヨタ博物館 新館2階 企画展示ゾーン(主会場)、新館ホール、屋外(P2駐車場)等(3)内容: 1)[企画展] はたらく自動車再発見「タクシーの世界」場所: 新館2階 企画展示ゾーン- タクシーを取り上げ歴史や仕事内容の地理的違いを深掘りして大人の関心にも応えるタクシーの歴史:- フォード [全文を読む]

吉田由美の眼★レクサス「LC」の生産現場は“ガンダム”でテンションアップ!

&GP / 2017年04月28日18時00分

LCの生産ラインで働く皆さんは「我々が行っている仕事は、作業ではなく、作り上げること」だとおっしゃいます。皆さんで声を掛け合い、まわりの方々とコミュニケーションを図りながら作業を進められる様子は、とても印象的でした。 そんな工場内で私が気になったは、シャーシの取り付けゾーン。なぜか『機動戦士ガンダム』のテーマソング「翔べ!ガンダム」が流れているのです! [全文を読む]

愛知にある先進移民団地・保見団地のドキュメント写真集『Familia 保見団地』【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年12月22日20時00分

リアルな言葉で交わされる、容姿や言葉のこと、学校や遊びのこと、家族や仕事のこと、日本やブラジルのこと―。過ぎ去っていく日々の尊さと失われゆく自由への渇望が綴られている。 昭和の趣を色濃く残す団地を舞台にした少し異質にも感じられる住民たちの生活が、自動車産業の発達した愛知県の一角で今日も明日も営まれていることを伝え、それは私たちの生活とも地続きであると教える [全文を読む]

実は東京では“ものづくり”が盛んって知ってた?

マイナビ進学U17 / 2016年06月23日12時01分

高層ビルやスーツ姿の人で溢れる朝の満員電車など、いわゆる“ホワイトカラー(背広やネクタイ姿で仕事をする人のこと)”と呼ばれる人が多いイメージの東京。しかし実は日本で3番目に工場の数が多く、ものづくりが盛んな街なんです。■東京都の工場数は14,230件! 全国で3位!都道府県別に工場数を見ていくと、愛知県が17,016件と最多です。世界的に有名な自動車メーカ [全文を読む]

フォーカス