作家 池井戸潤に関するニュース

「池井戸潤をガードせよ!」担当編集がスクラムを組む「江戸川乱歩賞」現場の異様ぶり

日刊サイゾー / 2015年09月15日11時00分

池井戸は『半沢直樹』の高視聴率でブームを巻き起こし、シリーズ最新作『ロスジェネの逆襲』(文藝春秋)も100万部突破する人気作家だけに「他社に仕事の交渉をさせたくない連中がガードを固めていたのでは」と出版プロデューサー。 本来は受賞した呉勝浩が主役であり、選考委員にも妊娠を発表した美人作家の辻村深月ほか、石田衣良や有栖川有栖ら人気作家もいたのだが、ドラマメ [全文を読む]

オンライン書店「e-hon」池井戸潤、宮部みゆき 両氏の映像作品連動プレゼントキャンペーンを開催中! ~抽選でオリジナルグッズや図書カードなどをプレゼント~

DreamNews / 2017年08月10日17時00分

株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、藤井武彦社長)が運営するオンライン書店「e-hon」(http://www.e-hon.ne.jp)は、人気作家・池井戸潤氏、宮部みゆき氏の映像作品と連動した2つのキャンペーンを開催しています。株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、藤井武彦社長)が運営するオンライン書店「e-hon」(http://www.e-hon. [全文を読む]

新ドラマ『ROOSEVELT GAME(ルーズヴェルト・ゲーム)』原作など池井戸潤氏5作品が3月14日(金)より配信開始

PR TIMES / 2014年03月06日12時48分

電子書籍ストアReader Storeでは明日3月7日(金)より予約受付 電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、ブックリスタがプラットフォーム提供する電子書籍ストア「Reader Store」(運営:ソニーマーケティング株式会社)および「ブックパス」(運営:KDDI株式会社)にて、3月14日(金)より半沢直樹シリーズで人気の直木賞 [全文を読む]

池井戸潤原作の争奪戦激化にあった民放キー局の厳しい懐事情

WEB女性自身 / 2017年09月11日16時00分

原作は直木賞作家・池井戸潤氏(54)で、5月に発売されたばかりの最新刊。池井戸作品は昨年7月発売の「陸王」が役所広司(61)主演で、10月からTBS系で放送される予定だ。 「池井戸氏は11年に『下町ロケット』で直木賞を受賞。以後、それ以前の作品まで含めてWOWOW、NHK、民放キー局、そして各映画会社で争奪戦が繰り広げられてきました。主要作品は、すべて映像 [全文を読む]

恵俊彰×池井戸潤 『下町ロケット』初対談!神谷弁護士役・恵俊彰を、原作者はどう観ている?

PR TIMES / 2015年11月01日10時27分

『東京海上日動 Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~』 11月14日・21日(土)15:30~15:55 オンエア TOKYO FMでは、恵俊彰のレギュラー番組『東京海上日動 Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~』(土曜15:30~15:55 TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット) [全文を読む]

「池井戸潤の作品が若い世代にも支持されるワケ」を本人が自ら分析。『半沢直樹』『下町ロケット』…etc.

日刊SPA! / 2017年07月04日08時42分

『下町ロケット』や「半沢直樹」シリーズなど、もはや説明不要な大ヒットドラマの原作者として、今もっとも引く手あまたの作家、池井戸潤。サラリーマンはもちろん、若い世代からも絶大な支持を集める人気作家が6年ぶりにSPA!登場。政府主導による「働き方改革」が叫ばれる昨今、我々サラリーマンや企業を彼はどう見ているのか――――前回、ご登場いただいたのは’11年、ちょう [全文を読む]

“無礼すぎる”フジテレビに「作家NG」が止まらない! 佐藤秀峰、池井戸潤に続き、万城目学まで……

日刊サイゾー / 2017年02月25日11時00分

うちは本当に、作家さんの扱いがヘタなんですよ」(フジテレビ関係者) 綾瀬はるかと堤真一のW主演で公開中の映画『本能寺ホテル』。鈴木雅之監督で、綾瀬が主演して興行収入16.2億円を記録した『プリンセス トヨトミ』のキャスト・スタッフが集結したことで話題性も高かった。 「それが昨年末、作家の万城目学先生がTwitterで『映画のために苦労して書いたオリジナル脚 [全文を読む]

足袋作り100年の老舗がランニングシューズ開発に挑む―池井戸潤最新作『陸王』が熱すぎる!複製サイン付き限定ブックカバーも見逃すな!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月29日06時30分

ドラマ「半沢直樹」の原作などで知られる人気作家・池井戸潤の新作『陸王』が2016年7月8日(金)に発売された。セブンネットでは限定特典として複製サイン付きブックカバーが付属されている。さらに、8/4まではnanacoポイント10倍キャンペーンを実施している。 著者・池井戸潤は銀行員、コンサルタント業やビジネス書の執筆など、多彩な経歴を持つ小説家。1998年 [全文を読む]

池井戸潤さんがAudiで日本全国を巡る 連載エッセー広告を4月18日掲載開始

PR TIMES / 2015年04月17日17時43分

池井戸潤さんの連載エッセー広告「作家、池井戸潤。ニッポンを走る」が朝日新聞朝刊でスタートします。 初回の宮崎編は4月18日に掲載し、以後毎月第3土曜日に掲載します。また、朝日新聞デジタルに特設サイトを用意し、池井戸潤さんが訪ねたスポット、ゴルフ場、おいしいお店の情報を毎週土曜日に順次掲載していきます。 四季が織りなす豊かな風景を探して、池井戸潤さんがその土 [全文を読む]

織田裕二、熱血銀行員役「息苦しい思いした」

dwango.jp news / 2014年10月08日11時59分

「息苦しい思いをした役柄ですが、元気が出るような大人向けのエンターテインメントに仕上がりました」と織田WOWOWでは、直木賞作家の池井戸潤が銀行を舞台に描いた小説「株価暴落」を連続ドラマ化。WOWOWドラマ初登場の織田裕二を主演に迎え、連続ドラマW「株価暴落」として、10月19日(日)から放送開始する。その第1話が完成し、10月7日、東京・丸ビルホールで先 [全文を読む]

ベストセラー作家・池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』『空飛ぶタイヤ』映像化人気作品が期間限定で読み放題

PR TIMES / 2017年09月15日12時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/6388/248/resize/d6388-248-317994-0.jpg ] 電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、ブックリスタがプラットフォーム提供する電子書籍ストア「ブックパス」(運営:KDDI 株式会社)にて、人気作家・池井戸潤が描く傑作小説『ルーズヴェルト・ゲーム』『 [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(2)バブルの最中は両極端だった

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時54分

あれこれ言われても、すぐに忘れるようにしているんだけど」 当代一の人気作家を取り巻く熱は、まだまだ去りそうにない。取材・文/大谷道子池井戸潤:1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。「下町ロケット」で直木賞を受賞。著書に半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『 [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(1)物語は著者の半生にちなんだキーワードが関わる

アサ芸プラス / 2017年05月30日05時54分

ドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」などの原作で知られる人気作家の池井戸潤氏。ファン待望の最新作は、銀行を舞台にした渾身作だ。すでに7月放送のドラマ化が決定したばかりか、池井戸氏としては珍しい青春小説を彷彿(ほうふつ)させるストーリーが注目を集めている。その傑作の舞台裏を著者が語り尽くした。 父の経営する町工場の倒産を見て育った息子、山崎瑛(あきら)。名門 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『2016年honto 3月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年04月06日11時47分

~人気作家の文庫新刊が上位独占 池井戸潤『七つの会議』が1位~-ハイブリッド型書店サービス「honto」- ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoポイントサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jpサイトで購入された書籍や電子書籍の [全文を読む]

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

作家・池井戸潤さんの「下町ロケット」プロジェクト始動 朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)はTBSテレビ、小学館とともに「下町ロケット」プロジェクトに取り組みます。「半沢直樹」シリーズで知られる人気作家、池井戸潤さんの作品「下町ロケット」の続編「下町ロケット2 ガウディ計画」(以下「下町ロケット2」)を朝日新聞で連載し、小学館が単行本を出版、TBSがドラ [全文を読む]

嵐・相葉雅紀の主演ドラマも低迷……そろそろ映像化作品がなくなりそうな池井戸潤の原作

日刊サイゾー / 2015年05月17日09時00分

同作は直木賞作家・池井戸潤氏原作のホームドラマ。平凡な一家がストーカー被害に巻き込まれるというサスペンスタッチのストーリーだが、初回視聴率は13.0%。地上波民放で放送された池井戸氏原作の連ドラの中でワーストスタートとなってしまったが、4日放送の第4話は10.0%と1ケタ陥落寸前だった。 「ドラマは相葉が演じる倉田健太が主役だが、原作の主役は寺尾聰が演じ [全文を読む]

【オリコン年間”本”作家別売上4位!】 池井戸潤を超える主婦「山本ゆり」って誰!?

PR TIMES / 2015年04月02日19時08分

昨年末発表された「オリコン2014年 年間“本”ランキング」の作家別総売上数ランキングでは4位を獲得。元OLであり、「いつか料理本を出したい」という夢を叶えたスーパー主婦でもあります。 <“ずぼら主婦”「山本ゆり」のここがスゴイ!> ★オリコン2014年 年間‟本“ランキング作家別総売上部数ランキング ★ブログアクセス数月間 25万PV! ★シリーズ累計 [全文を読む]

【読書と恋愛傾向に関する調査】本を読む男性はレディーファーストでロマンチック

PR TIMES / 2015年03月05日16時09分

(2)好きな作家は、「東野圭吾」、「村上春樹」、「百田尚樹」が上位を占める。(3)本を読む男性は、「ロマンチック」で「レディファーストを心がけている」人の割合が高く、「一人の人を長く愛せる」、「好きな人とは会って話したい」など結婚生活に向く回答があった。■調査概要対象:全国20歳~39歳の男性400名期間:2014年12月8日~12月10日方法:インターネ [全文を読む]

池井戸潤の売上を抜いた主婦とは?オリコン2014年 年間“本”ランキングの作家別部門で山本ゆりが4位にランクイン!

PR TIMES / 2014年12月22日18時36分

‟料理・グルメ本“部門に異変!料理研究家の名前がなくなる 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:蓮見清一)が発行する「syunkon カフェごはん」 シリーズの著者:山本ゆりは、12月1日に発表された「2014年 年間“本”ランキング」の作家別売上部数ランキングに おいて、第4位にランク入りしました。 ●オリコン2014年 年間‟本“ランキ [全文を読む]

本好き必見!iPhone/iPadで読める『ダ・ヴィンチ』。表紙をクリックするだけで即座にオススメ本記事の電子書籍が買える!

PR TIMES / 2014年07月28日11時46分

7月28日配信開始! さまざまな切り口の特集記事や作家・著名人インタビューなどを通して、 話題の新刊から過去の名作まで数百冊に及ぶ本を紹介する “本とコミックの情報誌”『ダ・ヴィンチ』。 創刊20周年を迎える同誌の2014年8月号が、 7月28日よりiPhone/iPadのNewsstandで配信される。 8月号の表紙は石原さとみさん。 第1特集は、『半沢 [全文を読む]

フォーカス