プロ野球 金子千尋に関するニュース

オリックスの最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月28日10時00分

◆ オリックスは金子が開幕投手内定 プロ野球の開幕が残り3日に迫った。 各球団の指揮官が開幕投手を公表するなど、いよいよ開幕モードに突入だ。オリックスは今季も金子千尋が開幕投手に内定しており、21年ぶりのリーグ優勝に向けて好スタートを切っていきたいところ。 最近10年のオリックスの開幕投手を振り返ると、金子千尋が最多の5度大役を担い、川越英隆、小松聖、木佐 [全文を読む]

福岡ソフトバンク、オリックス、千葉ロッテ主催 セ・パ交流戦 全36試合 FOXスポーツ&エンターテイメント他で完全生中継 プロ野球プレゲームショーを無料生放送!

PR TIMES / 2014年05月13日12時02分

また試合中継前後に『BASEBALL CENTER プロ野球プレゲームショー&ポストゲームショー』を生放送しているFOXスポーツ&エンターテイメントでは、セ・パ交流戦のパ・リーグ主催試合時に『BASEBALL CENTER プロ野球プレゲームショー』を無料生放送(※)することを決定いたしました。 今季で10年目を迎えるセ・パ交流戦は、5月20日(火)から [全文を読む]

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

6月中の復帰は可能か? (票数、順位、成績は5月23日時点のもの) 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

3・4月の月間MVPが決定!オリックスから金子&T-岡田がW受賞

ベースボールキング / 2017年05月09日13時19分

◆ 大島は8年目にして初受賞!オリは金子&T-岡田がW受賞 プロ野球セ・パ両リーグは9日、3・4月度の月間MVP選手を発表した。受賞選手は以下の通り。 【パ・投手】金子千尋(オリックス) ☆初受賞 【パ・打者】T-岡田(オリックス) ☆4度目 【セ・投手】メッセンジャー(阪神) ☆2度目 【セ・打者】大島洋平(中日) ☆初受賞 ▼ パ・リーグ投手部門 ・金 [全文を読む]

巨人・菅野、3試合連続完封!セ28年ぶりの快挙 2日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年05月02日23時00分

◆ 5月2日のセ・リーグ試合結果 ▼ 巨人 5 - 0 DeNA(東京ドーム) <試合時間:2時間46分 観衆:45,259人> De|000 000 000|0 巨|100 120 10X|5 [勝] 菅野(4勝0敗) [負] 浜口(2勝1敗) [本] 坂本勇(巨/2号) [トピック] ☆巨人・菅野がセ・リーグで28年ぶりに3試合連続完封勝利 ☆DeNA [全文を読む]

金子千尋が完投で4連勝!日本ハムは10連敗…26日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年04月26日23時10分

☆3・4月の勝ち越し決定! ◆ 4月26日のパ・リーグ試合結果 ▼ 楽天 11 - 7 ロッテ(Koboパーク) <試合時間:3時間15分 観衆:22,519人> ロ|000 000 106|7 楽|024 002 30X|11 [勝] 則本(2勝1敗) [負] スタンリッジ(1勝2敗) [本] 島内(楽/3号)、ウィーラー(楽/1号) [トピック] ☆ [全文を読む]

広島の連勝がついにストップ!オリックスはエースが完封 14日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年04月14日23時00分

◆ 4月14日のセ・リーグ試合結果 ▼ DeNA 4 - 3 ヤクルト(横浜) <試合時間:3時間29分 観衆:24,892人> ヤ |000 100 011 0 |3 De|100 100 010 1x|4 [勝] パットン(2勝0敗) [負] ルーキ(0勝2敗) [本] 桑原(De/1号) [トピック] ☆DeNAがサヨナラ勝ちで連敗ストップ。 ☆最後 [全文を読む]

【プロ野球】オリックスのポジ要素とは? 悪夢の開幕3連敗。それでも昨年の閉塞感はなし!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日17時00分

初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。 【関連記事】 [全文を読む]


【プロ野球】崩壊したオリックス投手陣。「投手王国」再建なるか!? オリックスのレギュラー争い~投手編

デイリーニュースオンライン / 2017年03月05日17時05分

初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。 【関連記事】 [全文を読む]

プロ野球セ・パ「不良債権男」はコイツらだ!(1)パ最高年俸のオリックス・金子千尋は2年続けて低調な成績で…

アサ芸プラス / 2016年11月14日05時56分

プロ野球界はFA選手を巡る残留&獲得の駆け引きとともに、オフの契約更改がスタートした。タイトル獲得だ、出来高だ、と大活躍での年俸アップは球団にとって「うれしい悲鳴」。だが、まったくの期待ハズレに終わった高給取りには、本物の悲鳴が上がっている。「球界不良債権男」のタイトル争いの行方は──。 パ・リーグで最も稼いでいるのがオリックスの金子千尋(33)だと聞いて [全文を読む]

【プロ野球】糸井嘉男、陽岱鋼、中田翔……。気がつけばプロ野球界の「金髪戦士」が絶滅寸前!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日17時05分

しかし、プロ野球界では金髪プレーヤーが絶滅寸前だ。金髪にすればすぐに「天狗になるな!」とOBが青筋を立て、「チャラい」とファンに叩かれる。 だが、わずかながら脱走兵のごとく残存する金髪戦士がいる。そんな彼らにも今オフは黒髪転向の魔の手が迫っている。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■糸井嘉男(オリックスからFA宣言/去就 [全文を読む]

【プロ野球】明徳義塾出身・伊藤光と花咲徳栄出身・若月健矢。オリックス・仁義なき正捕手争い

デイリーニュースオンライン / 2016年08月08日16時05分

初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。 【関連記事】 [全文を読む]

【オリックス】「監督」の仕事とは「ミキシングエンジニア」である?

文春オンライン / 2017年06月08日11時00分

しかし、大人になってプロ野球球団と一緒に仕事を手がけるようになるとそんな考えは一変する。我々が思っている以上にプロ野球球団はずっとずっと大きな組織で戦っているのである。経営をする人、戦力を整える人、新人を鍛える人、それにその戦力を使って実際にペナントを戦う人。GMや球団本部長、編成部長の役割も監督の仕事と混同しがちであるが、そもそも「監督」もひとつのポジ [全文を読む]

巨人球団ワースト11連敗…オリは交流戦初黒星 6日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年06月06日22時08分

◆ 6月6日のプロ野球試合結果 ▼ 日本ハム 3 - 4 広島(札幌ドーム) <試合時間:3時間18分 観衆:27,351人> 広|000 100 300|4 日|020 001 000|3 [勝] 薮田(5勝1敗) [負] 宮西(0勝2敗) [S] 今村(1勝1敗10セーブ) [本] 新井(広/6号) [トピック] ☆広島逆転勝利で3連勝! ☆日本ハム3 [全文を読む]


オリックス、6連敗で借金「6」...巨人・菅野がセ単独トップ6勝目 23日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年05月23日22時00分

◆ 5月23日のセ・リーグ試合結果 ▼ DeNA 9 - 4 中日(横浜) <試合時間:3時間10分 観衆:28,069人> 中|202 000 000|4 De|202 001 40X|9 [勝] 藤岡(1勝0敗) [負] バルデス(1勝3敗) [本] ビシエド(中/8号)、筒香(De/4号) [トピック] ☆DeNAが13安打9得点で大勝! ☆DeNA [全文を読む]

プロ野球「5月の月間MVP」候補選手発表!

ベースボールキング / 2017年05月22日16時00分

◆ 今月は誰の手に…? プロ野球セ・パ両リーグは22日、5月度の「日本生命月間MVP賞」の候補選手を発表した。 その月に最も活躍した投手と野手に贈られる月間MVP。受賞者には各リーグから記念盾と、日本生命保険相互会社から賞金30万円、さらにトロフィーが授与される。 候補選手たちはここからどれだけ数字を積み上げられるのか。はたまた残りのわずかな期間で選外から [全文を読む]

両リーグで“お馴染みの助っ人”が好スタート

ベースボールキング / 2017年05月06日12時00分

◆ お馴染みの助っ人が躍動 各チームが30試合前後を消化した2017年のプロ野球。両リーグの投手成績を見てみると、日本でももうお馴染みとなった助っ人投手たちの活躍が光っている。 セ・リーグでは、来日3年目になるマイルズ・マイコラス(巨人)と来日8年目を迎えるランディ・メッセンジャー(阪神)がともに4勝。巨人のエース・菅野智之と並んでハーラーダービートップタ [全文を読む]

好調・福良オリックス、1勝2敗からの脱却と「また明日」の意味

ベースボールキング / 2017年05月05日15時30分

◆ どら増田のオリ熱魂! ~第1回~ ペナントレース開幕から1カ月が経過したプロ野球。昨年パ・リーグ最下位のオリックスはここまで16勝10敗、貯金6の2位と好調を維持している。(※5月4日現在) この2年間は、2014年に最後まで壮絶な首位争いを繰り広げたチームとは思えぬほど、チームも、球団も、そして何よりもファンが、もがき、苦しみ、悔しい思いをしてきた。 [全文を読む]

フォーカス