小野伸二 高校に関するニュース

高校サッカー1年の総決算『2017高校サッカー年鑑』が2月10日(金)発売!

ゲキサカ / 2017年02月11日17時02分

全国高校サッカー選手権準決勝を戦った青森山田高校、前橋育英高校、東海大仰星高校、佐野日大高校の主将が準決勝直後に一堂に会して行うベスト4座談会、現在のサッカー界で活躍中の選手と高校時代の恩師による師弟対談(今年度は清水市立商業高校[現・清水桜が丘高校]出身の小野伸二選手と大瀧雅良監督)、全国の選手、指導者におすすめの「サッカーの科学的トレーニング」紹介など [全文を読む]

高校サッカー1年の総決算『2017高校サッカー年鑑』が2月10日(金)発売!

ゲキサカ / 2017年02月10日17時53分

全国高校サッカー選手権準決勝を戦った青森山田高校、前橋育英高校、東海大仰星高校、佐野日大高校の主将が準決勝直後に一堂に会して行うベスト4座談会、現在のサッカー界で活躍中の選手と高校時代の恩師による師弟対談(今年度は清水市立商業高校[現・清水桜が丘高校]出身の小野伸二選手と大瀧雅良監督)、全国の選手、指導者におすすめの「サッカーの科学的トレーニング」紹介など [全文を読む]

手越祐也、山崎賢人…旬の若手イケメンをはじめ芸能界にはサッカー経験者が多数

日本タレント名鑑 / 2016年05月02日13時55分

当時、清水商業の小野伸二選手と対戦したこともあったそう。高校総体静岡県大会準優勝し、スポーツ推薦で立正大学に。その後Jリーガーを目指したこともあったといいますが、2000年『21世紀の石原裕次郎』オーディションでグランプリに輝き、芸能界入りしています。 強豪校でインターハイに出場したピース又吉 昨年『芥川賞』を受賞し話題になったピース・又吉直樹さんは、大阪 [全文を読む]

伝統の「8」背負う清水桜が丘MF杉本、重圧感じる中で優勝に貢献

ゲキサカ / 2015年02月23日16時02分

前身の清水商高時代からMF小野伸二らチームの柱を担う選手が背負ってきた。今年、その「8」を引き継いだのはMF杉本隼主将(2年)だ。先代の8番は静岡県高校選抜の一員としても活躍した世代屈指のアタッカー、MF大石竜平。「竜平君の後なので凄いプレッシャーなんですけど、これから頑張っていきたい。チーム全員をまとめられるように、声出してでチームでやっていけるようなキ [全文を読む]

U-20日本代表は久保建英だけじゃない! 高まる「新・黄金世代」への期待

週プレNEWS / 2017年05月20日11時00分

当時のメンバーには小野伸二、稲本潤一(ともにコンサドーレ札幌)、高原直泰(沖縄SV)といった後の日本代表の中心となった「黄金世代」たちが活躍。その他にも遠藤保仁(ガンバ大阪)や小笠原満男(鹿島アントラーズ)が出場していた。 その舞台に久しぶりに登場するのが今回のU-20日本代表で、2007年大会以来、実に5大会ぶりの出場となる。しかも、日本サッカー史上初め [全文を読む]

[MOM1570]清水桜が丘FW白井海斗(1年)_注目1年生がまさにエースの仕事、延長後半終了間際に圧巻の決勝ゴール!

ゲキサカ / 2015年11月05日21時53分

MF小野伸二(現札幌)やMF藤田俊哉ら名選手を育ててきた大瀧雅良監督も「アイツはもっている。あそこ(あの位置からのシュート)もっているんだよ」と嬉しそうに目を細め、主将のMF杉本隼(3年)は「ああいうヤツがいてくれると、本当に助かる。ああいう高いボール止めて、ああやって決めてくれるのはアイツしかいない」と白井を絶賛していた。 この日は前半こそ、細かいフェイ [全文を読む]

[MOM1243]清水桜が丘MF大石竜平(3年)_伝統の「8番」が延長V弾!

ゲキサカ / 2014年12月21日11時37分

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [12.14 プレミアリーグ参入戦1回戦 清水桜が丘高 1-0 瀬戸内高 広島一球] 前身となる清水商高時代から風間八宏氏(現・川崎F監督)を始め、小野伸二(現・札幌)や小林大悟(現・ニューイングランドレボリューション)など多くのレジェンドたちが背負ってきたのが「8番」という背番号。清水桜が丘高に変わってもエースナ [全文を読む]

フォーカス