寄席 桂歌丸に関するニュース

『笑点』勇退の桂歌丸が愛した街・横浜橋通商店街で歌丸探し!

しらべぇ / 2016年05月22日18時00分

2008年ごろから、歌丸一門による「よこはまばし寄席」が開かれ毎回大盛況だという。近年では近隣のやすらぎ保育園でも同寄席が開催され、より地域に密着した活動をしているようだ。■絶品そば店で笑点に出会う長年、歌丸師匠が舌鼓を打ってきたそば店、安楽にお邪魔した。入店すると、笑点メンバーのサイン色紙が目に飛び込む。歌丸師匠の行きつけのお店なんですよね、と尋ねると「 [全文を読む]

イラストが演じる落語は真打ち級! 春風亭昇太師匠が監修した古典・新作42話から入る落語の世界

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月03日15時00分

豪華すぎるほどのメンバーがそろっている笑点だが、この番組を毎週欠かさず観ているファンの中にも寄席で彼らの生の落語は見たことがないという人がいるかもしれない。そこで、今回は『今日も落語に行ってきます!』(先斗ポン太:イラスト・文/秀和システム)を紹介する。入門にふさわしい42話を昇太師匠が厳選 この本の著者はイラストレーターの先斗ポン太氏。「好きな落語のスト [全文を読む]

名前も料金も一新! 「横浜にぎわい寄席」はシニアもこどももより楽しめる寄席公演に!

PR TIMES / 2016年03月24日09時52分

桂歌丸館長直伝! 「横浜にぎわい寄席(新名称)」の楽しみ方。4月から横浜にぎわい座主催の寄席企画が、新名称、低料金でもっと気軽に楽しめるようになりました。[画像1: http://prtimes.jp/i/14302/80/resize/d14302-80-656417-0.jpg ]館長は生粋の浜っこ、桂歌丸師匠横浜に演芸場を作ることを強く訴えたのが、現 [全文を読む]

春香クリスティーン語る初心者に知ってほしい落語の魅力

WEB女性自身 / 2014年07月07日07時00分

そんな、落語のすばらしさは若者たちの間にも浸透し、寄席に来るお客さんも増えているという。しかし、一方では「落語はまだまだ敷居が高い」と思っている初心者も。そこで、お笑い大好きのハーフタレント・春香クリスティーンさんが、その魅力を教えてくれた。【魅力1・人を攻撃しない感じ】「落語家さんを知ったきっかけは『笑点』なんです。他人を落として笑うんではなくて、自虐 [全文を読む]

横浜にぎわい座館長・桂歌丸が会長をつとめる写真同好会「お笑いぱっちり倶楽部会員写真展」今年も開催します!

PR TIMES / 2017年02月03日16時47分

写真展会期中の3月7日には、メンバーらが出演する「お笑いぱっちり倶楽部寄席」を開催。 自らの写真を解説する座談会もお楽しみ頂けます! [画像1: https://prtimes.jp/i/14302/204/resize/d14302-204-482730-2.jpg ] 「お笑いぱっちり倶楽部」 3つのイベントをご紹介! お笑いぱっちり倶楽部2015年 [全文を読む]

緊急入院の桂歌丸 酸素ボンベ片手に高座にあがる姿に賞賛の嵐

しらべぇ / 2017年01月05日20時00分

■歌丸の姿勢に賞賛の声「笑点の歌丸ではなく、噺家の歌丸で終わりたい」と、命をかけて寄席に立つ姿勢にファンは惜しみない賞賛の声を贈っている。しらべぇ取材班で感想を集めてみた。今朝やっていた『桂歌丸80歳 落語暮らし』を見てめっちゃ涙した。歌丸さんってホント素敵な方だなぁ〜。11/29の末廣亭での高座が映っていたけど、私が行ったのは11/21だったな。裏を見て [全文を読む]

<立川談志生誕80周年>カリスマ亡きあとの立川流はレジェンドを継承できるか?

メディアゴン / 2016年05月22日08時00分

特に「立川流の最高傑作」と談志が命名した志の輔は、寄席を知らない立川流の実験第1号と呼ばれ、それまでにない様々な工夫でゼロから切り開いた自らの落語を語って迫力がある。この番組でも談志さんの生涯を、入門、売れっ子でアイドルだった2つ目時代、政界への進出と引退、落語協会からの脱退と立川流創設、落語の変革と円熟期、がんとの闘病・・・とたどる。この構成はほぼ一緒で [全文を読む]

恋のきっかけは「落語」!? 年末は、思いっきり笑ってスペシャルな出会いを

恋学 / 2014年12月03日01時00分

今年も残すところあとわずか、ひと笑いついでに特別な出会いを見つけてみませんか? 「横浜にぎわい座」で盛りだくさんの2時間半をお楽しみあれ!今回のイベントで観賞する「有名会」は、“開放的な横浜らしく、誰でも出られる寄席にしたい!”という、横浜にぎわい座のコンセプトから生まれた、落語のほかにも 色物 とよばれる手品や漫才なども上演する寄席形式の公演。 バラエテ [全文を読む]

『笑点』も50周年ですので…寄席へ行く前に振り返る5曲

okmusic UP's / 2016年11月07日18時00分

信じたくないのですが、本当に信じたくないのですが、もう11月です。今年は慶事も訃報もスキャンダルも多すぎて、無名ライターにすぎない私ですら「あの記事出していいんですっけ? え、ダメ!?」と振り回されました。あまりにもあらゆるトピックが矢継ぎ早に呼び込んでくるため、脳の情報処理能力が追いつかず、私の中の2016年は桂歌丸師匠の『笑点』勇退あたりで止まっており [全文を読む]

祝50周年!国民的人気番組「笑点」の大研究本が電子書籍オリジナルで配信決定!

@Press / 2016年08月19日08時00分

50の笑噺からなる豪華年表付きの大特集! 「笑点」あの人は今 五代目座布団運び・松崎真、円楽が自費で建設した寄席「若竹」、もう食べられない木久蔵ラーメン。徹底取材で見えてきた気になるあの人、あの味の現在。 リハビリを続ける林家こん平のインタビューも収録。 今日は笑点びより 「アナタは笑点にだれと行きますか?」漫画家・伊藤理佐さんが「笑点」の公開収録に初潜入 [全文を読む]

桂歌丸 再入院で復帰なるか…過去に妻が“体の不安”も告白

WEB女性自身 / 2016年07月27日20時00分

入院期間も検査結果を受けて決まる予定で、29日に群馬県で予定されていた芸歴65周年落語会は中止となり、当分の間はテレビや寄席などの仕事も休養するという。 歌丸師匠が50年にわたって出演していた『笑点』(日本テレビ系)の司会引退を電撃発表し、世間を驚かせたのは今年4月30日。その一週間後、本誌は妻・冨士子さんを目撃。その日も、歌丸師匠は新宿末広亭で昼の部のト [全文を読む]

不倫の三遊亭円楽『笑点』に猛クレーム!上層部“降板”検討の裏に、一門のクーデター計画も……

日刊サイゾー / 2016年07月11日11時00分

ところが後になって、昇太を推したのが歌丸だったことがわかって、またしても激怒したんです」と明かすのは、寄席関係者。「歌丸は、自分の前の司会者だった故・五代目三遊亭円楽師匠から司会を譲渡される際に『次は楽太郎(現・六代目円楽)を司会にしてほしい』と頼まれて、引き受けていたんです。その師匠との約束を反故にして、昇太を推した。日ごろから歌丸に毒づきながらも、彼を [全文を読む]

舞台以外では付き人の手を借りて歩行…桂歌丸を支える噺家としてのプライド

アサ芸プラス / 2016年05月24日17時59分

噺はまだまだ達者なのに、腰の痛みで司会を降りるのは悔しかったでしょうね」 歌丸会いたさに、寄席に足を運ぶ人が増えるかもしれない。(李井杏子) [全文を読む]

<桂歌丸の笑点引退に想う>「笑点」こそ日本の落語文化の衰退要因?

メディアゴン / 2016年05月05日07時30分

しかし、筆者にはそれが今の落語界、寄席の衰退を招く一因だったような気がしてならない。今後のメンバーがどうなるのか。いっそこの機会に、メンバーを勝ち抜きにするなどして、座布団が取れなかった最下位は脱落、あるいは2回連続して座布団をとったら卒業、など入れ替えののシステムを導入してはどうだろう。それだけ多くの若手の落語家がゴールデンタイムにアピールするチャンスが [全文を読む]

桂歌丸、人生の終え方を語る「目をつむるその時まで…」

Smartザテレビジョン / 2016年04月22日22時55分

また、熊本地震の被災者についても触れ、寄席などの収益から義援金を送ること、時期をみて「笑いを届けに行く」ことも力強く明言した。 [全文を読む]

カップリング率の高い街コンイベント受付スタート☆彡

恋学 / 2016年02月16日09時00分

よく、価値観の一致に“笑いのポイントが同じ”と挙げる人がいますが、一緒に笑うと恋が芽生えるのが早いのも納得ですよね!? まさに寄席を楽しみながら婚活・恋活ができるという一石二鳥のイベントです! ②激レア! バックヤードが見学できる落語の鑑賞はもちろん、普段なかなか見られない舞台裏が見れてしまうという貴重な見学ツアーつき。「落語の舞台裏が見れるといわれても… [全文を読む]

今年もこの季節がやってきました! 2か月続けて大笑い! 「年末年始 志ん輔三昧」at 横浜にぎわい座

PR TIMES / 2015年12月03日10時01分

かつて寄席や芝居小屋が立ち並び、連日華やいだ横浜の町。 その伝統を今に受け継ぎながら、芸能を味わう場、そして新しい芸能を生み出す場として、横浜にぎわい座は歩みを進めています。 現在の館長は、地元出身でテレビでもおなじみの桂歌丸。 団体流派の壁を越えて「芸人みんなが出られる寄席」として、多彩な演目を取りそろえているのが特長です。企業プレスリリース詳細へPR [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桂歌丸、目標は「体重40キロ」。しかし“あんこ餅”1個で終わりの日も。

TechinsightJapan / 2015年09月19日15時55分

9月16日には休んでいた地方公演も再開、この日は落語芸術協会主催の「芸協らくご・名古屋寄席」に出演している。 2006年に腰部脊柱管狭窄症の手術、2009年に肺気腫、2010年は肺炎などの肺疾患、2014年には慢性閉塞性肺疾患で入院と大きな病を克服してきた桂歌丸。だが、この1年は他にも背部褥瘡(はいぶじょくそう)の手術や術後の体調不良などで入退院を繰り返し [全文を読む]

ライダーズマンション「シルバーストーン三軒茶屋」 落語、物件の見学、軽食が無料で楽しめる「ライダー寄席」を落語芸術協会の協賛で12月14日から定期開催

@Press / 2014年12月01日13時00分

株式会社ジョイント・プロパティ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:伊香賀 俊也)は、ライダーズマンション「シルバーストーン三軒茶屋」で2014年12月14日(日)より「ライダー寄席」と題した演芸会を開催いたします。2014年11月2日(日)に開催した「ライダー寄席」が好評であったことから、公益社団法人落語芸術協会様(所在地:東京都新宿区、会長:桂歌丸様)が [全文を読む]

『笑点』歌丸師匠に聞く人気と長寿の秘密! 「これまで終わると思ったことは一度もないよ」

週プレNEWS / 2014年10月26日06時00分

実際に寄席で楽しんでいる気分を味わえるように、番組セットはかつて人形町にあった寄席・末廣をイメージして作られた。 これらの基本要素は、時間帯を日曜日の夕方に移し、タイトルを『笑点』に変えてもそのまま受け継がれ、今に至っている(現在は放送時間が30分になったため、コーナーは演芸と大喜利の2パート)。 彼らの偉大な発明は、なんといっても「大喜利」コーナーだろう [全文を読む]

フォーカス