福永祐一 ジャパンカップに関するニュース

角居勝彦調教師 外国人騎手は何が違うのか昨年のJCから解説

NEWSポストセブン / 2015年11月29日07時00分

祐一君(福永祐一騎手)は新馬戦から騎乗し(弥生賞のみ騎乗停止中のためビュイック騎手)、2013年の皐月賞2着、ダービー2着と健闘し、神戸新聞杯の勝利を経て菊花賞でGI初制覇と、エピファネイアの特徴を自家薬籠中の物にしてくれました。 しかし、祐一君はジャパンカップではジャスタウエイ(2着)に騎乗。大人の事情、などと世間では言うようですが(笑い)、競馬ではよく [全文を読む]

「日本競馬はイージー」!? “ハンデ”あっても強すぎ「外人騎手」2人に、日本人騎手は……

日刊サイゾー / 2015年11月05日23時30分

現在、リーディング1位は121勝の福永祐一(落馬負傷で年内絶望)、2位には地方・大井競馬から移籍して3年目の戸崎圭太が103勝となっており、乗鞍にも恵まれて、危なげないレース運びのできる2人がトップを走っているのだが、問題は現在3位の騎手だ。 イタリアのトップジョッキーで、今年から史上初の「JRA所属の外国人騎手」として活躍するミルコ・デムーロが、99勝 [全文を読む]

競馬界の巨大王国「ノーザンファーム」の独走と野望(4)「神技」に負けた日本人騎手

アサ芸プラス / 2015年05月18日17時54分

これは遠回しに主戦だった福永祐一を批判したものと取れる。日本ではリーディングを争う騎手でも海外の一流騎手に比べれば劣る、というわけだ。 勝己氏の外国人騎手へのこだわりは、競馬誌「ギャロップ」(13年10月27日号)の座談会でもハッキリうかがえる。 その中で前田幸治氏(ノースヒルズ代表)が社台の外国人騎手重用に異議を唱えたのに対し、「日本人騎手にもっと上手く [全文を読む]

リオンディーズより心配なM.デムーロ騎手......絶不調の「きっかけ」と、やはり『情熱大陸』が!?

Business Journal / 2016年06月02日00時00分

キズナやら福永祐一などなど、ドキュメンタリー番組に出ると悪いことが起こるというジンクスは以前よりあります。何の根拠もありませんが、デムーロに関しても放送前から騒がれてましたから、やっぱりそうなのか? という声もあるんでしょう」(記者) 様々な話が出ているが、心配しているという部分も大きいだろう。また陽気に力強く勝利を重ねる姿を早く見たいものだ。 [全文を読む]

「複永祐一」「池添謙二」に改名の声も!? 春G1で3回「ツー・スリー」コンビは今週末も続く!?

Business Journal / 2016年05月09日12時00分

さらに、レインボーラインに騎乗した福永祐一騎手もまた、桜花賞(アットザシーサイド)、天皇賞・春(シュヴァルグラン)、NHKマイルCと池添騎手と仲良く(?)「ツー・スリーゴール」を決めている状況だ。2・3着でこれだけ同じ騎手が続くというのは珍しい話ではある。 無論、天皇賞の際池添騎手が騎乗したカレンミロティックは13番人気であり、福永騎手のレインボーライン [全文を読む]

武豊が社台グループを激怒させた3大失態(3)スタミナ切れで乗り切れず

アサ芸プラス / 2013年01月16日09時59分

騎乗依頼の優先順位は、1位が外国人、2位が内田博幸、蛯名正義、福永祐一、岩田、横山らリーディング上位で、武は川田将雅、松岡正海といった3位グループの一角にいるとの位置づけです。もちろん、昔は1位にいましたが」(前出・馬産地関係者) 凱旋門賞、阪神ジュベナイルフィリーズに続く3大失態で、天才と呼ばれた男がここまで評価を下げ、そればかりか、「武回避」にまで至る [全文を読む]

フォーカス