殺陣 松平健に関するニュース

松平健 勝新太郎の教えは「一つの役を五人で演じろ」

NEWSポストセブン / 2016年11月17日07時00分

劇団が若駒という殺陣のグループと関係があったので、殺陣を教えにきてくれていましたし、その時に『馬も覚えた方がいい』と言われて乗馬クラブにも通いました。日本舞踊も稽古の中にありましたね。 劇団では年に二回自主公演があり、その脚本を『座頭市』を書かれた直居欽哉先生が書かれていた。主役を僕がやることになったんですが、そこで直居先生が勝プロのプロデューサーを連れて [全文を読む]

松平健、吉木りさのセクシー衣装に悩殺!?「照れてあまり見られなかった」

Movie Walker / 2016年08月01日19時47分

続いて、慣れない殺陣にトライした吉木は「刀と接する機会がなかったので、ちょっとたどたどしかったです」と苦笑い。その後、松平は吉木に「斜めに構えるとカッコ良いです」と優しく指導。もう一度2人で殺陣を披露すると、吉木は「さっきの私とは全然違った。一番最初が恥ずかしく思えるくらい、カッコ良く教えてもらいました」とうれしそうに語った。 『X-MEN:アポカリプス [全文を読む]

中村勘九郎は火まみれ、松坂桃李も華麗な殺陣披露!

Smartザテレビジョン / 2016年03月25日17時12分

解禁された予告編では、中村演じる佐助が火まみれになりながら立ち向かう姿やアクロバティックな殺陣が披露されている。 さらに、広野を駆け回る馬と兵士たち、激しい爆発…日本映画史上類を見ないスケールの大きさ、バトルに次ぐバトルで見る者を圧倒する激しいアクションシーンが映し出され、型破りなエンターテインメント大作としての仕上がりに期待が掛かる。 「天下の名将と名高 [全文を読む]

綾瀬はるか 軽快な殺陣、入浴等ワイルドな演技に注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年03月23日16時00分

クランクイン半年前から殺陣練習と筋トレで撮影に臨んだというアクションシーンも話題で、初回視聴率は11.7%と上々の滑り出し。このドラマの見どころについて、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * そんなわけで元気よく始まった『精霊の守り人』。放送90年節目の「大河ファンタジー」と銘打った作品だけに、第一話からぐいぐいと飛ばしてきた。 物語の舞台 [全文を読む]

滝沢秀明主演!大河ドラマ「義経」 2017年11月待望のCS初放送!

PR TIMES / 2017年09月15日14時00分

殺陣やワイヤーアクション、約20キロもの鎧兜をつけたままトランポリンで飛び降りるなど、滝沢秀明の運動神経だからこそ実現できたシーンは必見。豪華キャストが集結!幼少期の牛若を神木隆之介が!本作の見どころの一つは豪華キャスト陣。「驕る平家」の頂点に君臨した平清盛を渡哲也が熱演。本作では、幼き牛若との温かい交流も描かれている。義経の人柄に惹かれて集まってきた弁慶 [全文を読む]

高橋克典ドラマPが語る3「人情という言葉を広めたい」

Smartザテレビジョン / 2015年05月14日06時00分

『暴れん坊将軍』さながら殺陣も楽しんでやってくれているので」主な撮影場所である京都の町並みもとても美しく描かれている本作。テレビ朝日が撮影で重宝する京都の魅力はどこなのだろうか。「古いものがきちんと守られているというか、安定感がありますよね。“人情”の捜査をする人たちなので、そこに京都の文化が入り交じるというのは親和性がある感じがします。京都の人たちは“心 [全文を読む]

フォーカス